エイオン包囲戦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
エイオン包囲戦
戦争ペルシア戦争
年月日紀元前475年
場所:エイオン
結果:デロス同盟軍によるエイオン攻略
交戦勢力
デロス同盟 Standard of Cyrus the Great (Achaemenid Empire).svgアケメネス朝
指導者・指揮官
キモン Standard of Cyrus the Great (Achaemenid Empire).svgボゲス†
戦力
不明 不明
損害
不明 不明
ペルシア戦争

エイオン包囲戦(英:siege of Eion)はデロス同盟アケメネス朝ペルシアとの間で戦われた包囲戦である。

エイオンはペルシア戦争の余波で紀元前476年にペルシアに占領されていたが、翌年の紀元前475年アテナイ将軍キモン率いるデロス同盟軍によって包囲された。この時、エイオンを守る太守のボゲスは講和して生きながらえることもできたのに最後まで踏みとどまって戦った。そして、城内の食料が尽きると彼は薪の山を築いて妻子や使用人を殺して火に投じ、敵に渡さないために財宝をストリュモン川に投げ捨てた後、自らも火の中に飛び込んだ。この行為によって、ボゲスはペルシア王クセルクセス1世によって賞賛され、王は本国の彼の子供たちを厚く遇したという[1]。その後、エイオンは落城し、住民は奴隷にされた[2]パウサニアスによれば、エイオンは水攻めによって落とされた[3]

[編集]

  1. ^ ヘロドトス, VII. 107
  2. ^ トゥキュディデス, I. 98
  3. ^ パウサニアス, VIII. 8. 9

参考文献[編集]