エイケンホルスト宮殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正面

エイケンホルスト宮殿(エイケンホルストきゅうでん、オランダ語Villa Eikenhorst)はオランダ南ホラント州ワッセナー市のデ・ホルステン・エステートにある宮殿。オランダ国王ウィレム=アレクサンダーの別荘である。一般には公開されていない[1]

建築[編集]

エイケンホルスト宮殿はクリスティーナ王女[2]の命により1985年から1987年にかけて建てられた宮殿である。建設案が明らかになった1984年当時、自然環境の破壊を恐れる住民などから建設反対の声があがったが、最終的にオランダ王国枢密院の決定により建設が実現した[3]。建物は17世紀のオランダ農家風の様式となっている[4]

住人[編集]

クリスティーナ王女が夫のホルヘ・ペレス・イ・ギレルモと離婚した1996年まで、エイケンホルスト宮殿は同一家の居所であった。その後数年間は住人のいない状態が続いたが、2003年にウィレム=アレクサンダー王太子(当時)一家の居所となった[5]

その他[編集]

2009年に秋篠宮文仁親王紀子妃の夫妻がオランダを訪問した際、マクシマ王太子妃(当時)主催の夕食会に出席するため同宮殿を訪れている[6]

脚注[編集]

  1. ^ エイケンホルスト宮殿”. オランダ政府観光局(Nederlands Bureau voor Toerisme & Congressen). 2014年2月4日閲覧。(閲覧日現在、日本語版の内容が古くなっているため、該当するオランダ語、英語のページをあわせて参照されたい)
  2. ^ オランダ女王ユリアナ(在位1948年~1980年)の四女。ウィレム=アレクサンダーの叔母にあたる。
  3. ^ Villa Eikenhorst: een royaal thuis”. Reformatorisch Dagblad (RD.nl). 2014年2月4日閲覧。
  4. ^ Jos Hagers. “Huize Eikenhorst”. 2014年2月4日閲覧。
  5. ^ 国王即位後の公式居所はハウステンボス宮殿
  6. ^ 文仁親王同妃両殿下のオランダ国御訪問について”. 宮内庁. 2014年2月4日閲覧。

座標: 北緯52度7分28.13秒 東経4度23分49.92秒 / 北緯52.1244806度 東経4.3972000度 / 52.1244806; 4.3972000