エイトブリッジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エイトブリッジ
EIGHT BRIDGE
メンバー 別府ともひこ
篠栗たかし
別名 エイブリ
結成年 2014年
事務所 ナチュラルエイト
活動時期 2014年 -
出身 ワタナベコメディスクール12期
出会い ワタナベコメディスクール
旧コンビ名 おちんぷりんちん
ライフピュアポピー
ぷりんちん
芸種 漫才
ネタ作成者 篠栗たかし
現在の代表番組 エイトブリッジのヤキトリエルボー(GERA放送局)
同期 クマムシハナコ
公式サイト 公式プロフィール
受賞歴
2020年 おもしろ荘 優勝
テンプレートを表示

エイトブリッジは、ナチュラルエイトに所属する日本のお笑いコンビ。別府と篠栗はそれぞれの出身地からとった芸名。

メンバー[編集]

  • 別府 ともひこ(べっぷ ともひこ 1990年7月9日 - )(30歳)ボケ担当、立ち位置は向かって左。
本名:河野 知彦(こうの ともひこ)
通称「別府ちゃん」
身長169cm、体重61kg。
男三人兄弟の末っ子。
出身地:大分県別府市[1]
中学卒業
英検5級を持っている[2]
調理師免許を持っている。芸人になる前は調理師をしていた[3][4]
2016年頃週刊少年ジャンプ編集部に自作漫画を持ち込んだ経験がある[5]
小学生時代から人を笑わせることが好きで、M-1グランプリで観たアンタッチャブルや、くりぃむしちゅーのラジオ番組がきっかけでお笑いがどんどん好きになっていったという[3]
文字を書くのが苦手で、「じゃあ」が「じぁ」、「チェック」が、「チッェク」など、訳の分からない間違いをする。
相方の篠栗のことを「ぐり」と呼んでいる[6]
有田哲平くりぃむしちゅー)の運転手をしていたが[3]、2020年3月をもって運転手を卒業した[6]
  • 篠栗 たかし(ささぐり たかし 1986年3月3日 - )(35歳)ツッコミ・ネタ作成担当、立ち位置は向かって右。
本名:岩崎 隆(いわさき たかし)
身長178cm、体重75kg。
出身地:福岡県糟屋郡篠栗町
高知大学教育学部を卒業後、2年間は会社員として働く。その後、脱サラして芸人になる。
小学校中学校社会科体育)の教員免許を所有。
顔が照英に似ており、劇場では照英に関するものまねも披露している。
中学生時代に『爆笑オンエアバトル』(NHK総合)にハマり、これがきっかけでお笑いをたくさん観るようになった。M-1グランプリで観たブラックマヨネーズには衝撃を受けたという[3]
ワタナベコメディスクールで最初に出会った時の別府は「とにかくうるせえ奴」と思ってあまり好きではなかったような印象だったという[6]。養成所時代は一人二役で漫才をやる「一人漫才」をずっとやっていた[6]
上田晋也(くりぃむしちゅー)の運転手をしている[3]

経歴[編集]

2人はワタナベコメディスクールで出会う(入学費がローンで組めたのでワタナベコメディスクールを選んだとのこと[6])日経エンタテインメント! 2019年12月号「ばらえてぃびと」p.91 )。ワタナベコメディスクール時代は、歳の差がありすぎたこともあって、仲が悪いわけではないがあまり喋ってなかったという。その後、別々のコンビを組んでいたり、別府はピン芸人「焼き鳥ボーイ」鉢巻割烹着姿で「焼き鳥あるある」のネタを主にやっていた。当時はピンでやっていきたかったとのこと[6])でも活動していたが、2014年9月1日にコンビを結成。なお別府は、この当時はピンでやっていきたかった思いがあった事もあって、一度結成の話を断ったことがある[6]。旧コンビ名は「おちんぷりんちん」「ライフピュアポピー」「ぷりんちん」だった。

現在のコンビ名の由来は別府の好物である「八ツ橋」から[7]。世話になっている有田から「下ネタを想起させるコンビ名は良くない!」と指摘され、「くりぃむしちゅー」にならって食べ物の名前に改めた。

かつてはアミー・パークに所属していたが、2019年4月1日よりナチュラルエイト所属となった。同じ事務所のくりぃむしちゅーやマツコ・デラックスの番組の前説を多く担当する[7]

ナチュラルエイトに所属になって最初のM-1グランプリで2回戦敗退し、この時別府にとって節目の芸歴10年目だったことから「準決勝まで行けなかったら辞めよう」と考えていたとのことだったが、「せっかく新しい事務所も決まったし、あと1年やってみよう」と篠栗に引き留められたという[3]

おもしろ荘2020にて優勝を果たす。M-1グランプリは2015年では1回戦で敗退するも2016〜2020年は2回戦進出[8]

2021年1月14日、別府と篠栗が新型コロナウイルスに感染した事が判明した。[9]その後、全員復帰した。

芸風[編集]

別府がツッコミをしようとするがポイントを外したツッコミしか出来ず、篠栗にツッコみ返されるというスタイルの漫才を行う[3]。ネタ作りは篠栗が担当している[3]。くりぃむしちゅーの有田哲平からは「バカな方がボケをやるのは普通過ぎるから、根本を変えた方がいい」とアドバイスを受けたことがあり、ライブでポジションを変えてネタをやってみたら、同じネタなのに以前より大きくウケるようになったこともあったという[3]

現在レギュラー出演中の番組[編集]

ネットラジオ[編集]

  • エイトブリッジのヤキトリエルボー(GERA放送局、毎週水曜日20時放送)

テレビ[編集]

出演歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]