エイブラハム・リンカーン (空母)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エイブラハム・リンカーン
USS Abraham Lincoln (CVN-72) underway in the South China Sea on 8 May 2006 (060508-N-4166B-030).jpg
基本情報
建造所 ニューポート・ニューズ造船所
運用者  アメリカ海軍
艦種 航空母艦原子力空母
級名 ニミッツ級航空母艦
愛称 Abe
モットー Shall not Perish
母港 ノーフォーク海軍基地
艦歴
発注 1982年12月27日
起工 1984年11月3日
進水 1988年2月13日
就役 1989年11月11日
要目
満載排水量 104,263 t
全長 333 m
最大幅 76.8 m
吃水 11.3 m
機関 ウェスティングハウスA4W加圧水型原子炉 2基
主機 蒸気タービン 4基
推進 スクリュープロペラ 4軸
出力 260,000hps(210 MW)
速力 30ノット (56 km/h) 以上
乗員 士官・兵員:3,200名
航空要員:2,480名
兵装RIM-7 シースパロー短SAM 2基
RIM-116 RAM 2基
ファランクスCIWS 3基
搭載機 冷戦期:90機、現在:70機前後
テンプレートを表示

エイブラハム・リンカーン (USS Abraham Lincoln, CVN-72) は、アメリカ海軍航空母艦ニミッツ級航空母艦の5番艦である。艦名は第16代アメリカ合衆国大統領エイブラハム・リンカーンに因んで命名された。

飛行甲板を含め船体各所の防御が強化されたため、ニミッツ級で初めて新造時から満載排水量が10万トンを超えている(ニミッツからセオドア・ルーズベルトまでは改装後に10万トンを超えている)。

艦歴[編集]

リンカーンの建造契約は1982年12月27日にニューポート・ニューズ造船所で結ばれた。1984年11月3日に着工、1988年2月13日に進水し、1989年11月11日就役。

1990年代[編集]

1990年9月に太平洋へ移動、西太平洋への最初の配備は、砂漠の楯/砂漠の嵐作戦に応じて1991年5月28日に行われた。

インド洋への航海中にフィリピンルソン島ピナトゥボ山が噴火し、リンカーンは同島からの避難作戦、オペレーション・ファイアリー・ヴィジルへ動員される。リンカーンは23隻からなる船団を率い、45,000人にも及ぶ避難民をスービック海軍基地からセブ島へ避難させた。同作戦は平和時における史上最大の避難作戦であった。

作戦後リンカーンはペルシャ湾に向けて出航、砂漠の嵐作戦支援のためイラククウェートに対する偵察を行う。1992年前半にはサザン・ウォッチ作戦(イラク南部の国連が設定した「飛行禁止区域」の監視)を支援している。

1993年10月、リンカーンはソマリアに対する国連人道支援計画の支援に参加する。四週間にわたってモガディシュ上空の警備飛行を行い、レストア・ホープ作戦を支援した。

1993年4月28日に戦闘除外法が撤廃されると、リンカーンは女性飛行士を乗艦させる最初の空母となる予定であった。1994年10月24日にサンディエゴを出航し、回復訓練を開始する。翌日、カーラ・ハルトグリーン中尉(アメリカ海軍初の女性空母戦闘機パイロット)が、エンジンの不調と操縦ミスにより着艦に失敗し死亡した。

リンカーンの第3の配備は1995年4月に始められ、ペルシャ湾でサザン・ウォッチ作戦およびヴィジラント・センチネル作戦の支援を行った。補給作業中に艦載機の発艦態勢に入ろうとしたリンカーンは、サクラメント (USS Sacramento, AOE-1) の左舷に接触した。リンカーンは M -フレームと女性士官室を損傷し、サクラメントは船体構造に大きな穴が開いた。リンカーンは作戦活動を継続したものの、サクラメントはドバイのジャベル・アリで乾ドック入りし、修理に数週間を要した。

4度目の配備は1998年6月に行われた。リンカーンは再びサザン・ウォッチ作戦の支援を行うためペルシャ湾に向かった。同地で3ヶ月間を過ごしたが、その年の夏は数年来最も高温の夏となった。飛行甲板の温度は摂氏66度まで上昇した。

1999年にはいくつかの訓練に参加し、その後ピュージェット・サウンド海軍造船所で維持作業が行われた。

2000年代[編集]

2000年8月、5回目の配備が行われ、ペルシャ湾でのサザン・ウォッチ作戦支援に入る。この配備でリンカーンおよび航空団、戦闘群の艦艇は海軍部隊勲功章を受章した。さらにリンカーンは太平洋艦隊において最も指揮系統が改善された艦としてアーレイ・バーク賞を受賞した。

2002年8月、ペルシャ湾に向かう途中長崎県佐世保市佐世保港に寄港。

2003年のイラク戦争ではペルシャ湾に派遣された空母の一隻であった。

2004年12月26日のスマトラ沖島地震では、香港に寄港中のリンカーンが急いで救援に駆けつけ6日後の1月1日にはスマトラ島北沖に到着、直ちに救援活動を開始した。

2006年4月、中国胡錦濤主席の訪米直前に香港に寄港。5月25日、長崎県佐世保市の佐世保港に寄港。

2008年4月、エイブラハム・リンカーンは、第5艦隊に派遣され海上治安活動Maritime Security Operation: MSO)の支援任務に就いている。

2010年代[編集]

2011年12月7日、エイブラハム・リンカーンは2012年末から実施予定の核燃料棒交換および近代化改装(Refueling and Complex Overhaul: RCOH)のため、ノーフォークへの移動も兼ねた世界一周航海に出発。8か月に及ぶ長期航海の末、2012年8月7日に到着した。ノーフォークへの入港は、就役後に太平洋艦隊に配備するため1990年9月に同地を出港して以来、実に22年ぶりにのことであった。

2013年3月28日、RCOH実施の為ニューポートニューズの11号ドライドックに入渠した。

2017年5月2日から7日にかけて、ニューポートニューズにおいてRCOHを行っていたエイブラハム・リンカーンが試験航海を実施し同月12日より、大西洋艦隊に復帰する。全ての作業を2017年8月に終える。

同年9月8日に、ワスプ級強襲揚陸艦イオー・ジマ」とサン・アントニオ級ドック型輸送揚陸艦ニューヨーク」とともに、ハリケーン・イルマによる被害のためフロリダへ災害派遣される。

2018年8月3日、米海軍は本艦を含む空母3隻の配置転換を発表した。本艦は再び元の太平洋艦隊としてサンディエゴに配置される予定である。

第7空母航空団[編集]

第7空母航空団(Carrier Air Wing 7, CVW-7)は、エイブラハム・リンカーン(CVN-72)に艦載される航空団。

飛行隊名 通称名 使用機種
第143戦闘攻撃飛行隊 (VFA-143) 『ピューキン・ドッグス Pukin' Dogs F/A-18E Block2
第103戦闘攻撃飛行隊 (VFA-103) 『ジョリー・ロジャース Jolly Rogers F/A-18F Block2
第83戦闘攻撃飛行隊 (VFA-83) 『ランページャーズ Rampagers F/A-18C(N)
第25戦闘攻撃飛行隊 (VFA-25) 『フィスト・オブ・ザ・フリート Fist of The Fleet F/A-18E Block2
第140電子攻撃飛行隊 (VAQ-140) 『ペイトリオッツ Patriots EA-18G
早期警戒飛行隊 *2017年3月時点で指定飛行隊無し 『』 E-2C
第5ヘリコプター海上作戦飛行隊 (HSC-5) 『ナイトディッパーズ Nightdippers MH-60S
第72ヘリコプター海洋攻撃飛行隊 (HSM-72) 『プラウド・ウォリアーズ Proud Warriors MH-60R
第40艦隊後方支援飛行隊 (VRC-40) 『ローハイズ Rawhides C-2A