エウゼビオ・ディ・フランチェスコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エウゼビオ
ディ・フランチェスコ
Football pictogram.svg
CSKA-Roma18 (7).jpg
ASローマ監督時代(2018年11月)
名前
ラテン文字 Eusebio Di Francesco
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
生年月日 (1969-09-08) 1969年9月8日(50歳)
出身地 ペスカーラ
身長 178cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1987-1991 イタリアの旗 エンポリ 102 (3)
1991-1995 イタリアの旗 ルッケーゼ 139 (12)
1995-1997 イタリアの旗 ピアチェンツァ 67 (5)
1997-2001 イタリアの旗 ASローマ 168 (14)
2001-2003 イタリアの旗 ピアチェンツァ 61 (12)
2003-2004 イタリアの旗 アンコーナ 10 (0)
2004-2005 イタリアの旗 ペルージャ 30 (1)
通算 577 (47)
代表歴
1998-2000 イタリアの旗 イタリア 12 (1)
監督歴
2008-2009 イタリアの旗 ヴィルトゥス・ランチャーノ
2010-2011 イタリアの旗 ペスカーラ
2011 イタリアの旗 レッチェ
2012-2014 イタリアの旗 サッスオーロ
2014-2017 イタリアの旗 サッスオーロ
2017-2019 イタリアの旗 ローマ
2019 イタリアの旗 サンプドリア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エウゼビオ・ディ・フランチェスコEusebio Di Francesco1969年9月8日 - )は、イタリア出身の元サッカー選手、サッカー指導者。

選手経歴[編集]

ディ・フランチェスコはサッカー選手としてのキャリアをトスカーナ州で始め、 エンポリルッケーゼでプレイし、1995年にピアチェンツァに加入するとレギュラーとしてチームのトップリーグ昇格に貢献した。1997年にASローマと契約を結び、2000-01シーズンにはセリエAの優勝を経験し[1]、ローマに所属していた1998年から2000年にはイタリア代表にも招集され、12キャップを記録した[2]。リーグ優勝を経験した後に20億イタリア・リラでピアチェンツァに復帰し[3]、その後はアンコーナペルージャでプレイをした。

監督経歴[編集]

現役引退後はローマでチームマネージャーの役職を務め、2007年にはセリエC2に所属していたヴァル・ディ・サングーロで移籍に関する業務を担当するスポーツダイレクターに就任した[4]。2008年にレガ・プロ・プリマ・ディヴィジオーネに所属していたヴィルトゥス・ランチャーノの監督に就任したが、成績不振により2009年1月に解任された[5]

2010-11シーズンにセリエBに所属していたペスカーラの監督に就任すると、チームは魅力的なサッカーを披露し、印象的なシーズンを送った。2011年6月にセリエAに所属していたレッチェの監督に就任するために双方の合意に基づき契約を解除したが[6]、チームが最下位に位置していた2011年12月4日にレッチェの監督を解任された[7]

2012年6月19日、セリエBに所属していたサッスオーロの監督に就任し、2012-13シーズンのリーグ戦でチームを優勝に導き、セリエA昇格を決めた。2014年1月28日に成績不振により監督を解任されたが[8]、ディ・フランチェスコ解任後もチームの成績は上がらず、2014年3月3日に再び監督に就任した[9]。再度の監督就任後は最後の7試合で13ポイントを獲得するなど良い成果を挙げ、セリエA残留を果たした。2014年6月に2016年6月まで契約を延長した[10]

2017年6月13日、古巣であるASローマの監督に就任[11]UEFAチャンピオンズリーグでは、準々決勝で優勝候補のFCバルセロナを第2戦での逆転で下して1983-84シーズン以来の準決勝進出に導き、対戦したリヴァプールFCをあと一歩まで追い詰めたが決勝進出はならなかった[12]。2018-19シーズンは、アリソンラジャ・ナインゴランら主力選手の退団により、不安定なシーズンとなり、SSラツィオとのローマ・ダービーチャンピオンズリーグ・ラウンド16のFCポルト戦で逆転での敗北を喫したことで、2019年3月7日に解任された[13][14]

同年6月、セリエAのUCサンプドリアの監督に就任[15]

パーソナルライフ[編集]

3人の子供を持つ父親で、長男のフェデリコも父親と同じサッカー選手であり、18歳だった2013年3月にセリエAデビューを果たした[16]

監督成績[編集]

2019年10月8日現在
クラブ 就任 退任 記録
勝率
ヴィルトゥス・ランチャーノ 2008年6月23日 2009年1月27日 20 6 3 11 25 32 −7 030.00
ペスカーラ 2010年1月12日 2011年6月22日 61 23 17 21 68 63 +5 037.70
レッチェ 2011年6月24日 2011年12月4日 14 2 2 10 11 25 −14 014.29
サッスオーロ 2012年3月3日 2014年1月28日 67 31 15 21 104 90 +14 046.27
サッスオーロ 2014年3月3日 2017年6月13日 142 52 39 51 200 196 +4 036.62
ローマ 2017年6月13日 2019年3月7日 87 46 18 23 151 104 +47 052.87
サンプドリア 2019年6月22日 2019年10月8日 8 2 0 6 7 17 −10 025.00
合計 400 163 94 143 566 527 +39 40.75

獲得タイトル[編集]

選手として[編集]

ローマ

監督として[編集]

サッスオーロ
個人
  • パンキナ・ドーロ(セリエB最優秀監督賞):2012-13

脚注[編集]

  1. ^ Francesco Totti reaches landmark but Roma icon is approaching the end”. ESPN FC (2015年9月20日). 2015年12月3日閲覧。
  2. ^ Di Francesco, Eusebio” (Italian). FIGC. 2015年12月3日閲覧。
  3. ^ “Lupatelli va al Chievo, Di Francesco a Piacenza” (Italian). AS Roma. (2001年6月29日). オリジナルの2002年6月2日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20020602132024/www.asromacalcio.it/sito-ufficiale/news/articolo924.html 2015年12月3日閲覧。 
  4. ^ Lo staff tecnico e la dirigenza” (Italian). Polisportiva Val di Sangro. 2015年12月3日閲覧。
  5. ^ “Via Di Francesco, arriva Pagliari” (Italian). Lanciano.it. (2009年1月27日). http://www.lanciano.it/news/via_di_francesco_arriva_pagliari/4666 2015年12月3日閲覧。 
  6. ^ “Il Pescara sceglie Zeman Di Francesco verso Lecce” (Italian). La Repubblica. (2011年6月21日). http://www.repubblica.it/sport/calcio/serie-b/2011/06/22/news/zeman_a_pescara-18053863/ 2015年12月3日閲覧。 
  7. ^ “Serse Cosmi nuovo allenatore” (Italian). US Lecce. (2011年12月4日). http://www.uslecce.it/PaginaEvento.aspx?ID_TIPO_EVENTO=1&ID_EVENTO=4225 2015年12月3日閲覧。 
  8. ^ “Sassuolo dispense with Di Francesco”. UEFA.com. (2014年1月28日). http://www.uefa.com/memberassociations/association=ita/news/newsid=2047912.html 2015年12月3日閲覧。 
  9. ^ “Communicato Ufficiale”. SassuoloCalcio.it. (2014年3月4日). http://www.sassuolocalcio.it/news_dett.php?id=1397 2015年12月3日閲覧。 
  10. ^ “Sassuolo, Di Francesco rinnova fino al 2016” (Italian). Il Resto del Carlino. (2014年6月3日). http://www.ilrestodelcarlino.it/modena/sport/calcio/2014/06/03/1074125-sassuolo-di-francesco-2016.shtml 2015年12月3日閲覧。 
  11. ^ Eusebio Di Francesco è il nuovo allenatore della Roma” (イタリア語). www.asroma.com. 2019年5月31日閲覧。
  12. ^ Liverpool lose to Roma, but advance to Champions League final on aggregate amid controversial referee decisions”. cbssports.com (2018年5月3日). 2018年5月3日閲覧。
  13. ^ Eusebio Di Francesco leaves AS Roma” (英語). www.asroma.com. 2019年5月31日閲覧。
  14. ^ ローマがディ・フランチェスコ監督を電撃解任!7日前にフルアムを首になったばかりのラニエリを招聘へ” (日本語). www.soccerdigestweb.com. 2019年5月31日閲覧。
  15. ^ サンプドリア、ローマを率いたディ・フランチェスコ氏の新指揮官就任を発表”. サッカーキング (2019年6月23日). 2019年7月6日閲覧。
  16. ^ “2代目選手の栄光と影…注目はディ・フランチェスコの長男、U21伊代表FWフェデリコ” (Japanese). サッカーキング. (2016年5月7日). http://www.soccer-king.jp/news/world/ita/20160507/439046.html 2016年5月7日閲覧。