エウポリアー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

エウポリアー古希: Ευπορία, Euporiā, ラテン語: Euporie)は、ギリシア神話に登場する女神である。季節の女神・ホーラの1柱で、大地の潤沢・豊潤・豊饒を司る。その名は「豊饒」の意。ラテン語ではエウポリエー日本語では長母音記号を省略してエウポリアエウポリエとも表記される。

ガイウス・ユリウス・ヒュギーヌスの『ギリシア神話集(Fabulae)』によると、ゼウステミスの娘で、アウクソーエウノミアーペルーサーカルポーディケーエイレーネーオルトシアータローと姉妹。大地の豊饒を司り、季節の秩序と人間社会の秩序を司る女神を加えた9柱のホーラの1柱である[1]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]