エウレカベイビー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エウレカベイビー
麻生夏子シングル
初出アルバム『Precious tone』
B面 Pop step trip!
リリース
規格 マキシシングル
録音 2011年
日本の旗 日本
ジャンル J-POPアニメソング
時間
レーベル Lantis
(LACM-4784)
作詞・作曲 畑亜貴(作詞 #1)
前山田健一(作曲 #1)
麻生夏子(作詞 #2)
加藤裕介(作曲 #2)
チャート最高順位
麻生夏子 シングル 年表
恋愛向上committee
(2011年)
エウレカベイビー
(2011年)
Lovely Girls Anthem
2012年
Precious tone 収録曲
エウレカベイビー
(1)
More-more LOVERS!!
(2)
テンプレートを表示

エウレカベイビー」は、麻生夏子の8枚目[1]シングル2011年7月20日Lantisから発売された。

概要[編集]

前作「恋愛向上committee」から4ヵ月ぶりのリリースで、2011年3枚目のシングル。

表題曲「エウレカベイビー」は、テレビアニメバカとテストと召喚獣にっ!』のエンディングテーマとして起用された[2]。自身の楽曲がテレビアニメの主題歌として起用されるのは1枚目のシングル「Brand New World」から8作連続。なお、『バカとテストと召喚獣』の主題歌として起用されるのは前作から2作連続。

表題曲「エウレカベイビー」にはPVが製作されており、2011年6月23日YouTube上のランティスのオフィシャルチャンネル『Lantisちゃんねる』から配信された。また、2枚目のオリジナルアルバム『Precious tone』の初回限定盤に同梱予定のDVDに収録される予定。

主な記録[編集]

2011年8月1日付のオリコン週間シングルチャートで50位を獲得。初動売上は0.1万枚を記録した。デイリーチャートでは同年7月19日付のチャートで最高位である37位を獲得した。

2011年8月1日付のBillboard Hot Animationで10位、Billboard JAPAN HOT Singles Salesで46位を獲得。Billboard Hot AnimationへのTOP10入りは自身初。また、2011年7月30日放送分のCOUNT DOWN TVで84位を獲得した。

批評[編集]

CDジャーナルは、「表題曲は躍動感リズムのキラキラした恋愛がテーマのアップテンポの曲。カップリング曲はピコピコサウンド。」と批評した[3]

収録曲[編集]

  1. エウレカベイビー [3:52]
    作詞:畑亜貴、作曲・編曲:前山田健一
  2. Pop step trip! [3:54]
    作詞:麻生夏子、作曲:加藤裕介、編曲:渡辺和紀
  3. エウレカベイビー(Instrumental
  4. Pop step trip!(Instrumental)

脚注[編集]

  1. ^ 配信限定シングルを含むと通算9作目
  2. ^ 「バカとテストと召喚獣にっ!」EDテーマは麻生夏子が担当!”. リッスンジャパン (2011年7月17日). 2011年10月10日閲覧。
  3. ^ 麻生夏子 / 「バカとテストと召喚獣にっ!」エンディングテーマ〜エウレカベイビー”. CDジャーナル (2011年7月20日). 2011年8月31日閲覧。