エギル・ダニエルセン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エギル・ダニエルセン Portal:陸上競技
Egil Danielsen 1956.jpg
選手情報
フルネーム エギル・ダニエルセン
国籍  ノルウェー
種目 やり投
所属 Hamar IL, Hamar (NOR)
生年月日 (1933-11-09) 1933年11月9日
生誕地 ノルウェーヘードマルク県ハーマル
没年月日 (2019-07-29) 2019年7月29日(85歳没)
身長 182cm
体重 88kg
自己ベスト やり投:85.71m(1956年)
 
獲得メダル
 ノルウェー
男子 陸上競技
オリンピック
1956 メルボルン やり投
ヨーロッパ陸上競技選手権大会
1958 ストックホルム やり投
編集 テンプレートのヘルプを表示する

エギル・ダニエルセン1933年11月9日 - 2019年7月29日[1])は、ノルウェーの元陸上競技選手である。彼は、1956年に開催されたメルボルンオリンピックの男子やり投で金メダルを獲得した。

経歴[編集]

ノルウェー南東部のヘードマルク県にあるハーマルで生まれ、その地のスポーツクラブHamar Idrettslag(no:Hamar Idrettslag)で陸上競技に取り組んだ。

ダニエルセンは、1956年のメルボルンオリンピックと1960年ローマオリンピックの2回、男子やり投のノルウェー代表として出場した経験がある。メルボルンオリンピックでは、決勝の4投目で85メートル71センチの投てきに成功し、2位のポーランド代表ヤヌス・シドウォに6メートル近くの大差をつけて金メダルを獲得した[2] 。この投てきはダニエルセン自身の生涯最高記録でもあり、1959年6月5日にアメリカのアル・キャンテロ(en:Al Cantello)が86メートル4センチの記録を出すまで世界記録でもあった[3]。オリンピックの金メダル獲得と世界記録樹立の快挙により、1956年のノルウェー・スポーツパーソン・オブ・ザ・イヤー(en:Norwegian Sportsperson of the Year)に選出されている[4]

次のローマオリンピックでは、自己ベストに遠く及ばない72メートル93センチの投てきしかできず、予選を通過できなかった[5]。その他の主要な大会では、1954年のヨーロッパ陸上競技選手権大会のやり投で10位、1958年の同選手権大会で銀メダル獲得などの実績がある[6]。彼は1953年から1957年にかけて、やり投のノルウェー国内チャンピオンだった[7]

現役を退いた後、ノルウェーのミニ政党年金者党」から選挙に立候補している[8]

脚注[編集]

  1. ^ “OL-helten Egil Danielsen er død” (ノルウェー語). Aftenposten. (2019年7月29日). https://www.aftenposten.no/sport/i/GGeKp6/OL-helten-Egil-Danielsen-er-dod 2019年7月30日閲覧。 
  2. ^ Athletics at the 1956 Melbourne Summer Games:Men's Javelin Throw Final Round 2011年6月11日閲覧。(英語)
  3. ^ World Record Progression javelin throw men 2011年6月11日閲覧。(英語)
  4. ^ SPORTSJOURNALISTENES STATUETT 2011年6月11日閲覧。(ノルウェー語)
  5. ^ Athletics at the 1960 Roma Summer Games:Men's Javelin Throw Qualifying Round 2011年6月11日閲覧。(英語)
  6. ^ European Championships Stockholm 1958 2011年6月11日閲覧。(英語)
  7. ^ Spyd/Javelin Throw 2011年6月11日閲覧。(ノルウェー語)
  8. ^ Storting Election 2005. Official electoral lists, by county[リンク切れ]

関連項目[編集]