エクスタシーレコード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エクスタシーレコーズ
Extasy Records logo.svg
設立 1986年4月
設立者 YOSHIKI
現況 活動停止
販売元 エクスタシー・ジャパン:メディアファクトリー(音楽部門)
エクスタシー・レコーズ・インターナショナル:ワーナー・ミュージック[1]
ジャンル ロックメタルパンク
日本の旗 日本
本社所在地 東京ロサンゼルス
公式サイト 公式ウェブサイト
恵比寿プライムスクエアタワー

株式会社エクスタシーレコード (Extasy Records) は、日本ミュージシャンであるYOSHIKIによって1986年に設立されたレコード会社およびインディーズレーベルである。日本のロック、特にヴィジュアル系ロックを広く世間に広めた先駆的存在である。本社は東京都渋谷区広尾の恵比寿プライムスクエアタワー11階にあった。LADIES ROOMGEORGEなどが取締役などの職に就いている。TOKYO YANKEESの梅村総一郎も生前取締役であった。HIDEも生前は制作部長を務めていた。多くの人気を博したヴィジュアル系ロックバンドが所属していた事で、全盛期は「東のエクスタシー、西のフリーウィル」とも呼ばれていた。フリーウィルとはCOLORダイナマイト・トミーこと冨岡裕が設立した音楽プロダクションである。

2000年にメジャーレーベルのエクスタシー・ジャパン (Extasy Japan)[2]エクスタシー・レコーズ・インターナショナル (Extasy Records International) が発足した。

概要[編集]

YOSHIKIによるレーベルの趣旨は「たてまえだらけのメジャー業界を本音でぶっ壊しましょう」だった[3]

YOSHIKIは社長としては「立花香流(たちばな かおる)」名義を用いていた[3]

広告に力を入れる姿勢であり、音楽雑誌に月1のペースで掲載されていた。エクスタシー関連の広告のキャッチコピーは全てYOSHIKIが手がけた[3]。メジャーデビュー時のXの総宣伝費が1000万円の時と反して、LUNA SEAのデビューアルバム「LUNA SEA」の雑誌広告費だけでも3000万円かけていた[4]

HIDEは「バンドリサーチ担当」という役職・Sighs of Love PotionのSEXY ROSE HARRY(服部年宏)は代表取締役に就いていた[3]

バンドマンに対する条件は「凶暴性な奴は歓迎」「派手な奴」「ある程度の演奏レベル(エクスタシーの判断による、基準のレベルに達していること)」「最終的に気合が入っている奴。殴られようが蹴飛ばされようが、『オレはやってやる!』という気合を持った姿勢を崩さない奴。見せかけだけの気合ではいけない」という条件を出した上でデモテープ・ビデオテープを募集した。ただし、楽曲に関してはバンドのカラーを尊重して口出ししなかった[3]

エクスタシーのスタッフに対する条件として、「今いるスタッフの中に溶け込める人。全員の和が大切である。和を乱す奴は必要ない」「明るく気持ち良いノリ一発という部分を持っている人」「全ての仕事で最終決定権は社長が握っている」[3]「エクスタシーから出すアーティストは必ず売る、意地でも売る」[4]ことを受け入れる人材を求めた。

飽くまでもレコード会社であり、芸能事務所ではないが、それでも連絡先の紹介・物販・ライブの受付・版下作りも全てエクスタシーのスタッフ・バンドマン総出で行い、場合によっては社内に人がいない場合もあった[3]。Xがソニーと契約していた・流通部門が弱かったのもあり、バンドの将来を思って大手レコード会社とのメジャー契約を勧め、相談にも乗った。音楽出版社として「エクスタシー音楽出版社」を経営し、1998年2月の時点で30組のバンドが登録し、楽曲権は150曲弱を管理していた[4]

歴史[編集]

1985年、インディーズで活動していたX(現在のX JAPAN)はレコードのリリースを目指していたが、レコード会社からのオファーがなかったため、自らレコードをリリースすることになった[5]。レコードを発売するための知識が全く無かったリーダーのYOSHIKIは、レコードのプレス工場印刷工場出版社写植工房レコード店などを直接訪ね歩き、レコード制作から販売ルートまでを一から学んでいった[6]。レコードの制作費用や売り上げの管理、税金の申告には会社組織が効率的であるとして、休眠状態となっていたYOSHIKIの実家の呉服会社を業務変更して1986年4月に「エクスタシーレコーズ」が設立された。同時にXの「オルガスム」をリリース。インディーズを扱うレコード店に直接電話で掛け合い、店に置いてもらった。YOSHIKIの友達やXのメンバーに通販の郵送手続きなどは手伝ってもらっていた。また、レコードの宣伝広告に関しても、雑誌社や版下屋を直接訪ね歩いて掲載に漕ぎ着けた[6][4]

その後ソニーから「一回会社運営の方はやめて、音楽に集中しようか」と言われてXがソニーと契約した後に、周囲の友達・後輩が「自分たちのレコードを出してくれ」と言われて、「Vanishing Vision」の方法論を駆使してXのローディーをしていたLADIES ROOMや、ZI:KILLLUNA SEATOKYO YANKEESGLAYらが続々とインディーズデビューを飾った。その後メジャーデビューを果たす事となり、ヴィジュアル系バンドのメジャーへの登龍門的存在となった[4]

2000年にレーベルの設立15周年を記念したコンピレーション・アルバムHistory of EXTASY 15th Anniversary』をリリースするが、これ以降はレーベルとしての活動が失速気味となる。2003年初頭以降、オフィシャルサイトの更新が途絶え、サイトは存在するものの、事実上活動を停止した。しかし、「extasyrecords.co.jp」のドメインは毎年「株式会社 エクスタシーレコーズ」名義で更新されている。

エクスタシー・サミット[編集]

エクスタシー・サミットは、LADIES ROOMZI:KILLLUNA SEAなど、エクスタシーレコーズ所属のバンドが一堂に会して行っていたライブイベントである。

コンセプトは「1日限りのお祭り」であり、ただ遊びに来たミュージシャンも気軽に飛び入り参加できて、利益ではなく横のつながり・信頼できる友達関係を大切にした。但し始めた時点から、ミュージシャンの移動とスケジュールの関係で準備が難しかった[3]

1988年に大阪のライブハウス、バーボンハウスで最初に行われた。その後、目黒鹿鳴館を中心に定期的に開催され、1989年9月に渋谷公会堂、1991年10月には日本武道館、翌1992年には大阪城ホールと日本武道館で行われている[7]。イベントの模様を収めたビデオや書籍もリリースされた。これ以降はYOSHIKIがロサンゼルスに活動の拠点を移したことや、他バンドのメジャーでの活躍などで個々のバンドが忙しくなり、イベント開催は行われなくなった。

エクスタシー・サミットでは各バンドのメンバーが入り混じってのセッションも行われた。1992年10月31日の日本武道館では、ドラマーに真矢LUNA SEA)、ベースにGEORGELADIES ROOM)とARAYAMA(AMI)(東京ヤンキース)。ギターにSUGIZOLUNA SEA)、NORI(東京ヤンキース)、KEN(ZI:KILL)、PATAX JAPAN)、HIDE (X JAPAN)、YOSHIKI(X JAPAN)。ボーカルにUME(東京ヤンキース)とTOSHIX JAPAN)というメンバー構成で、バンド名「サイレントいやらしーず」としてXの楽曲「X」を演奏した。

所属アーティスト[編集]

以下はこれまでにエクスタシーレコーズから作品をリリースしたバンドおよびアーティストの一覧である。

EP作品[編集]

規格品番 アーティスト タイトル 発売日
EX-001 X オルガスム 1986年4月10日
EX-002 POISON Mystery Temptation 1986年
EXE-001 LADIESROOM SWAPPING PARTY 1988年5月

LP作品[編集]

規格品番 アーティスト タイトル 発売日
EXL-001 X Vanishing Vision 1988年4月14日
EXL-002 X Vanishing Vision(ピクチャーレーベル盤) 1988年10月21日
EXL-003 LADIESROOM SEX SEX SEX 1989年11月10日

CD作品[編集]

規格品番 アーティスト タイトル 発売日
EXC-001 X VANISHING VISION 1989年10月15日
EXC-002 LADIES ROOM SEX SEX SEX 1989年11月10日
EXC-003 VIRUS MATERIALS 1990年4月21日
EXC-004 EX-ANS Habit of Sex 1990年5月21日
EXC-005 LUNA SEA LUNA SEA 1991年4月21日
EXC-006 東京YANKEES Do the DIRTY 1991年5月28日
EXC-007 Gilles de Rais 殺意 1992年1月21日
EXC-008 THE ZOLGE DEADLY SANCTUARY 1992年3月21日
EXC-009 東京YANKEES Overdoing 1992年10月1日
EXC-010 Gilles de Rais BECAUSE 1993年1月21日
EXC-011 Media-Youth Awake of youth 1993年2月1日
EXC-012 SCREAMING MAD GEORGE&PSYCHOSIS TRANSMUTATION 1993年6月10日
EXC-013 YOUTHQUAKE QUAKE DOPE 1994年3月25日
EXC-014 YOUTHQUAKE YOUTH…MINE AND THE TRUTH 1994年3月25日
EXC-015 GLAY 灰とダイヤモンド 1994年5月25日
EXC-016 HYPERM∀NIA 虹の向こうへ… 1995年7月21日
EXC-017 YOUTHQUAKE YOUTHQUAKE 1996年1月21日
EXC-018 HYPERM∀NIA Together along 1996年7月15日
EXC-019 Acid Bell "SPEAK?" 1996年10月21日
EXC-020 Various Artists History of EXTASY 15th Anniversary 2000年6月21日
EXC-021 PICK2HAND クサ イキレ 2001年4月25日
EXC-022 ラヴィアンローズ L STYLE 2002年10月30日

コンピレーション・アルバム[編集]

映像作品[編集]

タイトル フォーマット 規格品番 発売日 販売元
無敵と書いてEXTASYと読む!! 〜EXTASY SUMMIT '91 AT NIPPON BUDOKAN〜 VHS SRVM-297 1992年2月21日 SONY RECORDS
BETA SRUM-3297
LD SRLM-297 1992年3月1日
みんな無名だった、だけど…無敵だった 〜EXTASY SUMMIT 1992〜 VHS AMVM-8020 1993年5月10日 MMG
LD AMLM-8020

書籍[編集]

  • 『無敵 EXTASY BOOK』(1992年、立東社)
  • 『無敵II EXTASY BOOK 1993』(1993年、立東社)

関連レーベル[編集]

GHOST DISK[編集]

所属アーティスト[編集]

作品[編集]

規格品番 アーティスト タイトル 発売日
EXG-001 ZI:KILL 真世界~REAL OF THE WORLD~ 1989年3月21日(LP)
1989年7月21日(CD)
EXG-002 ZI:KILL CLOSE DANCE 1990年3月25日
EXG-003 ZI:KILL TOMORROW... 1992年7月29日

Ug,GARAGE[編集]

正式名称「under ground,garage(アンダーグラウンド・ガラージ)」。1993年にDEEPがポップ・パンク専門のレーベルとして本社内に設立[4]

所属アーティスト[編集]

作品[編集]

規格品番 アーティスト タイトル 発売日
EXU-001 DEEP DEAR ROCKERS 1993年2月26日
EXU-002 DEEP 路地裏と少年 1994年1月21日
EXU-003 Breath ガラクタの唄 1995年12月5日
EXU-004 THE HATE HONEY DETOROIT 1997年6月13日
EXU-005 ラヴィアンローズ 人志 1才~5才 1998年8月27日
エクスタシー・ジャパンおよびエクスタシー・レコード・インターナショナルで使用されているロゴ。

エクスタシー・ジャパン[編集]

YOSHIKIとメディアファクトリーの共同出資で1999年8月27日に設立されたメジャーレーベル。数組のバンドやソロアーティストをデビューさせたが、事業的には軌道に乗らなかったらしく、ここ数年は事実上の休眠状態。

所属アーティスト[編集]

作品[編集]

規格品番 アーティスト タイトル 発売日 販売元
EXJ-1 Shiro Pearl 2000年7月5日 ワーナーミュージック・ジャパン
EXJ-2 Revenus Happy Driving 2000年8月23日 ワーナーミュージック・ジャパン
EJCJ-80001 工藤静香 深紅の花 2000年11月8日 ワーナーミュージック・ジャパン
EJCJ-80002 Shiro 透明な自分 2000年11月29日 ワーナーミュージック・ジャパン
EJCJ-80003 Revenus 千の瞳 2001年2月7日 ワーナーミュージック・ジャパン
EJCJ-80004 Revenus Flower 2001年5月9日 ワーナーミュージック・ジャパン
POCE-3200 工藤静香 maple 2002年4月24日 ユニバーサル ミュージック
AMCM-4491 BEAST LR-7 2000年7月26日 イーストウエスト・ジャパン
AMCM-4494 BEAST Chemical 2000年11月22日 イーストウエスト・ジャパン
AMCM-4529 BEAST VISION 2001年4月11日 イーストウエスト・ジャパン
AMCM-4495 BEAST Imagination∞lenS 2001年5月9日 イーストウエスト・ジャパン
AMCM-4568 Flangers ライラック 2001年10月24日 イーストウエスト・ジャパン
AMCM-70001 Flangers 新しいドア 2002年3月27日 イーストウエスト・ジャパン

エクスタシー・レコーズ・インターナショナル[編集]

YOSHIKIがロサンゼルスに設立したアメリカにおけるメジャーレーベル。エクスタシー・ジャパン同様、数組のアーティストをメジャーデビューさせたが、その後2007年まで休眠。アメリカ国内においての流通は、ワーナーミュージック(米国法人)に委託していた。「Extasy Records International」をアメリカ国内で商標登録しようとしたところ、「Extasyと似た音を持つもの(X-tacy)があった」など様々な理由で、2001年2月に米国特許商標庁から登録を拒否されている[1]。2007年に映画『Catacombs』オリジナル・サウンドトラックをExtasy Records Internationalより発売。また、再結成したX JAPANのMySpaceの試聴の際のレコード会社の表記では「Extasy Records International」と表記されている。

所属アーティスト[編集]

Extasy A Music[編集]

I.V.」全世界同時発売時に設立されたレーベル。理由は不明だが、日本版のみノークレジットである。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b [1] 米国特許商標庁 2001-02-27
  2. ^ YOSHIKI、音楽レーベルを主催――インターネットでコンテンツ配信も ASCII.jp 2012-02-21
  3. ^ a b c d e f g h i 宝島社刊「宝島」1990年8月9日号「特集 これがエクスタシーレコードだ!!」47P-52Pより。
  4. ^ a b c d e f g 日経BP社刊『日経エンタテインメント!』1998年3月号「ビジネスとして語る、X解散、GLAYの成功、そして海外進出 『必ず売る、意地でも売る』-日本の音楽産業との10年戦争」24P-28Pより。
  5. ^ 『ロッキンf』(2000年11月号)立東社
  6. ^ a b 『POP MUSIC Artist 公式ホームページ INDEX 2000〜2001』主婦と生活社
  7. ^ 『SHOX'X』(2000年8月号)音楽専科社