エクスパンス -巨獣めざめる-

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エクスパンス -巨獣めざめる-
The Expanse logo.png
ジャンル
原作 ジェームズ・S・A・コーリー
巨獣めざめる シリーズ
企画
出演者
作曲 Clinton Shorter
国・地域 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 3
話数 36
各話の長さ 42–44 分
製作
製作総指揮
プロデューサー
  • ダニエル・エイブラハム英語版
  • タイ・フランク英語版
  • Lynn Raynor
  • Ben Cook
  • Dan Nowak
撮影地 トロント
製作
  • Penguin in a Parka
  • SeanDanielCo
  • Alcon Entertainment
配給
  • NBCUniversal Television Distribution
放送
放送チャンネル Syfy
映像形式
音声形式 5.1
放送期間 2015年11月23日 (2015-11-23) - present
公式ウェブサイト

エクスパンス -巨獣めざめる- はジェームズ・S・A・コーリイの小説シリーズ『”The Expanse”』(第一巻のみは「巨獣めざめる」として邦訳あり)に基づく、アメリカ合衆国のSFテレビドラマシリーズである。マーク・ファーガス英語版ホーク・オストビー英語版によって製作され、シーズン3までSyfyチャンネルで放送されたのち、シーズン4からAmazonビデオで配信が予定されている。

概要[編集]

23世紀、人類が太陽系中に植民した未来を舞台とする。人口300億を抱える地球および月は国連により統治される。火星は軍事体制を敷く独立した共和国であり、火星と地球はこの数十年間冷戦状態にある。両内惑星に支配される小惑星帯では、ベルターの非公式な軍事組織OPA(外惑星同盟)が独立を模索する。ベルターの主な居住地は ケレスエロスフェーベ、宇宙船建造に特化するティコ・ステーション、農業に特化するガニメデである。

地球、火星、そして小惑星帯の三極間の危うい関係が描かれ、国連幹部のクリスジェン・アヴァサララ、小惑星帯のジョー・ミラー刑事、そして宇宙船乗りのジム・ホールデンら乗組員達は、太陽系と人類の危機を回避しようとする。

シリーズはアルコン・エンターテインメントが製作して2015年12月14日からSyfyで放送が始まり、シーズン2は2017年2月1日から放送された。2017年3月、Syfyは13エピソードからなるシーズン3の制作を発表した。シーズン3は2018年4月11日から放送された[1] 。2018年5月、Syfyはシーズン4以降を放送しないと発表した[2][3]が、Amazonビデオが10話からなるシーズン4を継続すると発表した[4][5]

日本ではNetflixが”Netflix オリジナル”としてシーズン1とシーズン2を独占配信したが、2018年9月30日をもって配信停止された。

2019年2月8日より、日本を含めAmazonビデオが全世界でシーズン1から3までを配信している[6]

Netflix社配信の日本語字幕ではマオとマウ、アヴァサララとアヴァサラーラ、エリンライトとアーリンライト、エイモスとエモスなど、種々の名称表記が不統一であり、以下ではより頻度の高い表記を用いる。

あらすじ[編集]

シーズン1のあらすじ[編集]

小惑星帯の準惑星ケレスのジョー・ミラー刑事は、行方不明となった若い女性ジュリー・マウを捜索する。氷運搬船カンタベリー号の副長ジェームス・ホールデンとナオミ、アレックス、エイモスら乗組員たちは船を破壊されて地球と火星の冷戦に巻き込まれ、ロシナンテ号と名付けた火星艦に乗って逃れる。国連幹部のクリスジェン・アヴァサララは地球と火星の間の戦争を避けようと努力する。エロスで太陽系外から来た未知の有機物プロト分子に感染したジュリーが見つかり、彼女と宇宙船カンタベリー号に起きた事件は、すべての人類を危険にさらしかねない巨大な陰謀の一部であることがわかる。

シーズン2のあらすじ[編集]

地球と火星の間に不信が高まる中、プロト分子に占拠されたエロスの破壊が試みられる。エロスは人類の技術を超えた加速度で地球に向かうが、ミラーの命を賭した行動で金星にコースを変えて衝突する。小惑星帯人(ベルター)は危機を利用して独立を図り、ティコ・ステーションのフレッド・ジョンソンは国連がエロスに向かって発射した核ミサイルを手に入れる。ガニメデでは危険な生物型兵器が出現して、地球軍と火星軍の間に戦闘が勃発し、火星軍の兵士ドレーパーのみが生き残る。国連事務総長次長アーリンライトと結託するジュリー・マウの父親のプロトジェン社が、プロト分子と適合性の高い子供たちを用いて生物型兵器を開発していたことが分かる。アヴァサララは地球と火星の全面戦争を避けようとしてドレーパーと共にマウの船に乗り込む。ロシナンテ号はガニメデに向かいプロト分子を始末しようとするが、プロトジェン社の研究者は子供たちを連れて逃げる。ナオミは密かにプロト分子のサンプルをフレッド・ジョンソンに渡す。

シーズン3のあらすじ[編集]

アーリンライトの策謀で国連と火星は全面戦争となる。アーリンライトは、マウと組んだ陰謀の罪を着せてアヴァサララを殺そうとする。ロシナンテ号はイオに向かう途中、アヴァサララとドレーパーを救い、アーリンライトの陰謀の証拠を公表する。ジョンソンは火星に向かう地球の核ミサイルを破壊する。イオでロシナンテ号の乗組員たちはプラックスの娘を救い出し、マウを捕える。アーリンライトは逮捕され、エステバンは辞職し、アヴァサララが後継となって停戦を呼びかける。

ティコ・ステーションンのフレッド・ジョンソンの右腕のドラマーはノーブー号を回収してビヒモス号と名付け、艦長となり、ナオミを主任エンジニアとする。OPAから副長としてアシュフォードが送り込まれる。

金星から飛び立ったプロト分子の集合体は、天王星付近でリング状の巨大な構造物を作り、ロシナンテ、ドレーパーの乗る火星艦、エスタバンの友人で牧師のアンナの乗る地球艦、ビヒモスが調査に向かう。マウの娘のクラリッサは偽名で地球艦に乗り、テロ事件を起こしてホールデンの仕業に見せかける。ホールデンはミラーの幻から指示を受け、地球艦の攻撃を避けてロシナンテをリングに入れ、地球艦、火星艦、ビヒモスが後に続く。リングはすべての艦を捕え、急激な減速で死傷者が多数出る。アシュフォードはリングが全人類の敵だと考え、リングを攻撃する。ホールデンはリング中心でビジョンを見せられ、仲間たちと協力して攻撃をやめさせて人類が敵でないことをリングに示す。リングは全艦を解放し、他の太陽系へのポータルを開く。

登場人物[編集]

ドミニク・ティッパー英語版, ウェス・チャサム英語版, ショーレ・アグダシュルー
フランキー・アダムス英語版, フロレンス・フェーヴル英語版, チャド・コールマン

メイン[編集]

  • ジョー・ミラー (トーマス・ジェーン) – 小惑星帯で警察機能を担う地球の私企業スターヘリックス・セキュリティ社の ケレス支社の刑事でケレス生まれ。
  • ジェームス・ホールデン (スティーヴン・ストレイト) - 宇宙船カンタベリー号の二等航海士、後に副長、後に宇宙船ロシナンテ号の艦長。地球人で元兵士。
  • アレックス・カマル (キャス・アンヴァー英語版) - カンタベリー号、後にロシナンテ号のパイロット。火星人でかつて火星宇宙軍に20年勤務。
  • ナオミ・ナガタ (ドミニク・ティッパー英語版) - カンタベリー号、後にロシナンテ号のエンジニア。ベルター。
  • エイモス・バートン(ウェス・チャサム英語版) - カンタベリー号、後にロシナンテ号のメカニック。地球人。
  • シェド・ガーヴェイ (パウロ・コスタンゾ) - カンタベリー号の医務員。(S1)
  • ジュリー・マウ ( フロレンス・フェーヴル英語版) - 小惑星帯で行方不明となる富豪の娘。(S1-S2)
  • サダヴィー・アーリンライト(ショーン・ドイル英語版) - 国連事務次長。(S1-S3)
  • クリスジェン・アヴァサララ (ショーレ・アグダシュルー) - 国連事務次長補佐。
  • ロベルタ・ドレーパー (フランキー・アダムス英語版) - 火星海兵隊下士官。(S2-)

リカーリング[編集]

  • ディミトリ・ハブロック (ジェイ・ヘルナンデス) - スターヘリックス・セキュリティ社でのミラーの相棒。(S1)
  • シャディド (ローラ・グラウディーニ) - スターヘリックス・セキュリティ社の警部、ミラーの上司。(S1)
  • オクタヴィア・ムス (アシーナ・カーカニス) - スターヘリックス・セキュリティの従業員で、ミラーの以前の相棒。(S1)
  • アルジュン・アヴァサララ (ブライアン・ジョージ英語版 ) - クリスジェンの夫。(S1-S2)
  • アンダーソン・ドーズ (ジャレッド・ハリス) - ケレスのOPA工作員。
  • ロペス(グレッグ・ブリック) - 火星宇宙軍大尉(S1)
  • フレデリック・ルーシャス・ジョンソン (チャド・コールマン) -ティコ・ステーションの運営責任者にしてOPAの幹部、元国連海兵隊大佐。
  • ケンゾ・ガブリエル (エリアス・トゥーフェクシス英語版) - ティコ・ステーションにおける地球のスパイ。(S1)
  • セマティンバ(セミ) (ケヴィン・ハンチャード英語版 -エロス在住の刑事で、ミラーの旧友。(S1-S2)
  • ジュール=ピエール・マウ (フランソワ・チャウ) - ジュリー・マウの父親で大富豪。
  • ディオゴ (Andrew Rotilio) - ケレス在住のベルターの若者、後にティコ・ステーション在住。(S2-S3)
  • フランクリン・デグラーフ (ケネス・ウェルシュ) - 火星の国連大使。(S1)
  • コティアール (ニック・E・タラベイ英語版) - アヴァサララの警備担当。(S2-S3)
  • エステバン・ソレト=ギリス (Jonathan Whittaker) - 国連事務総長。(S1-S3)
  • ドラマー (キャラ・ジー英語版) - ジョンソンの右腕、ティコ・ステーションの運営責任者代理。(S2-)
  • アントニー・ドレスデン (ダニエル・カッシュ) - プロトジェン社の科学者のリーダー。(S1-S2)
  • パオロ・コルタサル (Carlos Gonzalez-Vio) -ドレスデン配下の科学者。脳の共感機能を切除されている。(S2)
  • ソロモン・エプスタイン (サム・ハンティントン) – かつて革新的な駆動方式を発明した火星人の科学者。(S2)
  • マーテンス大佐 (ピーター・アウターブリッジ) - 火星宇宙軍の従軍牧師。(S2)
  • サットン (ヒュー・ディロン英語版) -火星宇宙軍の大尉でドレーパーの上官。(S2)
  • ヒルマン(サラ・アレン英語版) - 火星海兵隊のドレーパーの分隊の隊員。(S2)
  • リチャード・トラビス (エムポー・クワホー) -火星海兵隊のドレーパーの分隊の隊員で地球生まれ。(S2)
  • サイード (Dewshane Williams) -火星海兵隊のドレーパーの分隊の隊員。(S2)
  • オーガスト・グウェン (バイロン・マン) -国連軍の提督。(S2-S3)
  • マイケル・イツルビ (テッド・ウィットル英語版) - 国連の科学者。(S2)
  • プラクシダイク(プラックス)・メン (テリー・チェン英語版 - ガニメデ生まれの植物学者。(S2-S3)
  • アンナ・ヴォルヴォドフ(エリザベス・ミッチェル) - エステバン事務総長の友人で牧師 (S3)
  • アシュフォード (デヴィッド・ストラザーン) - OPAから送り込まれたビヒモス(ノーブー)号副長で元海賊 (S3)
  • モニカ・ステュアート (アンナ・ホプキンス英語版) - ロシナンテ号に乗り込むインタビュアー (S3)
  • メルバ/クラリッサ・マウ (ナディーン・ニコル英語版) - 国連軍のエンジニアでジュール=ピエール・マウの娘 (S3)

エピソード[編集]

シーズン1 (2015–16)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日U.S. 視聴者数
(百万人)
11"愛しのダルシネア"
"Dulcinea"
テリー・マクドノー英語版マーク・ファーガス英語版 & ホーク・オストビー英語版2015年12月14日 (2015-12-14)1.19[7]
スコピュリのラベルの付いた服を着たジュリー・マウは、一人で宇宙船の中に閉じ込められている。準惑星ケレスでは、ミラー刑事がジュリーを捜索し富豪の両親の元に帰すよう依頼される。ニューヨークでは、国連幹部のクリスジェン・アヴァサララがOPAの工作員を地球の高重力で拷問し、密かに運んでいたステルス技術のことを問いただす。ケレスに向かう氷運搬船カンタベリー号は貨物船スコピュリから救難信号を受け取り、臨時副長のジム・ホールデンは救命チームを率いてシャトルで向かうよう命じられる。チームにはエンジニアのナオミ・ナガタ、メカニックのエイモス・バートン、パイロットのアレックス・カマル、医務員のシェド・ガーヴェイが加わる。スコピュリは無人で救難信号発信器だけが見つかる。チームがカンタベリー号に戻ろうとした時、ステルス技術で身を隠していた宇宙船が姿を現し、核ミサイルでカンタベリー号を破壊する。
22"大いなる空虚"
"The Big Empty"
テリー・マクドノーマーク・ファーガス & ホーク・オストビー2015年12月15日 (2015-12-15)0.854[8]
カンタベリー号の遅着のためにケレスでは水不足が起き、ミラーは水泥棒を取り締まる。ジュリーのアパートを捜索して、スコピュリに乗ったことを知る。上司の事務次長サダヴィー・アーリンライトが地球の高重力による拷問を禁じたため、アヴァサララは尋問していたOPA工作員を月に送らざるを得ず、自殺されてしまう。小惑星帯では、カンタベリー号爆発の破片によってシャトルが損害を受け、生存者たちは最後の空気を使って即席のアンテナを作り救難信号を発信する。火星宇宙軍の旗艦ドネジャーが応えて救出に来る。ナオミによればスコピュリ船上にあった救難信号発信器は火星の技術であるため、ホールデンは目撃者として始末されないための保険として、火星の罠にかかってカンタベリー号が破壊されたと語るメッセージを太陽系中に放送する。
33"カンタベリー号"
"Remember the Cant"
ジェフ・ウールノー英語版ロビン・ヴェイス英語版2015年12月22日 (2015-12-22)0.676[note 1]
ホールデンの放送はケレスで抗議運動を引き起こし、OPAは火星がカンタベリー号を破壊したと非難する。暴動が起き、ミラーの相棒のハブロックは襲撃されて重傷を負い、ジュリーと接触のあった男は殺される。アヴァサララは、OPAが火星のステルス技術を手に入れたとの情報を火星の大使に漏らす。火星の反応を見て、カンタベリー号を破壊したのは火星ではなく別の勢力であると推測する。火星の宇宙船ドネジャーに収容されたカンタベリー号の生存者たちは拘置されて尋問を受け、ナオミはOPAの一員ではないかと疑われる。正体不明の船がドネジャーに接近する。
44"近接戦闘"
"CQB"
ジェフ・ウールノーナレン・シャンカー英語版2015年12月29日 (2015-12-29)[note 1]0.633[10]
ケレスで、ミラーは殺された男の体内からインプラントを抽出し情報ブローカーであったことを知る。ドネジャーに接近して来た謎の6隻の宇宙船はカンタベリー号を攻撃した船と同型であることにホールデンが気付く。ドネジャーはミサイルで損傷を負い、レールガンの攻撃でシェドは死に、ドネジャーには敵兵が乗り組む。艦長はホールデンに火星の不関与を証言させるため脱出させようとする。ホールデンはカンタベリー号生存者を連れて護衛艦タチで逃げるが、ドネジャーは自爆する。小惑星帯のティコ・ステーションでは、モルモン教会の依頼で世代宇宙船ノーブー号がOPAの一員フレッド・ジョンソンによって建造されている。ジョンソンはノーブー号のセンサーをドネジャーに向ける。
55"フレッド・ジョンソン"
"Back to the Butcher"
ロブ・リーバーマン英語版Dan Nowak2016年1月5日 (2016-01-05)0.631[11]
タチに乗ったカンタベリー号の生存者たちはOPA幹部のフレッド・ジョンソンの申し出を受け、発信機のコードを”ロシナンテ号”と偽装してティコ・ステーションに向かう。11年前のフラッシュバックで、国連海兵隊大佐だったジョンソンは反乱ののち降伏しようとしたアンダーソン・ステーションの鉱夫たちを皆殺しにして”虐殺者”の悪名を得る。ケレスでは、ミラーはジュリーとOPAの関係を知る。OPAのアンダーソン・ドーズはミラーを仲間に引き入れようとする。ジュリーの部屋でデータチップを見つけたミラーは誘拐される。
66"どん底"
"Rock Bottom"
ロブ・リーバーマンJason Ning2016年1月12日 (2016-01-12)0.713[12]
ミラーはドーズに拷問されジュリーについて尋問される。仲間のオクタヴィア・ムスに助けられて逃げ出す。上司に話したとたんに解雇され、集めた証拠を取り上げられる。アヴァサララはティコ・ステーションにスパイを確保しようとする。ホールデンと乗組員たちはティコ・ステーションに着き、フレッド・ジョンソンは国連でホールデンらに証言させることでOPAの国連加盟を果たそうとする。ジョンソンは、OPAにスコピュリを提供したと言う。タチはガス貨物船ロシナンテ号として偽装され、スコピュリを探すために小惑星エロスに向かう。ベルターのディオゴと叔父の乗る船は火星宇宙軍に臨検されてエロスでの船の没収を通告される。怒った叔父はディオゴを宇宙空間に残して火星艦に突入し船は破壊される。
77"風車"
"Windmills"
Bill Johnsonダニエル・エイブラハム英語版 & タイ・フランク英語版2016年1月19日 (2016-01-19)0.502[13]
アヴァサララはモンタナ州にあるホールデンの共同親を訪ねてホールデンの動機を理解する。ティコ・ステーションをスパイしていたケンゾ・ガブリエルがロシナンテ号に密航し、通信を発して火星の軍艦の注意を引いてしまう。ガブリエルの教唆で金庫の中のコードワードを使いロシナンテ号を火星の秘密工作船に偽装すると、火星船は去る。ケンゾからの通信が途絶えたため、アーリンライトは秘密作戦を始動する。ミラーは、フェーベからエロスに何かを運んでいた船アヌビスを妨害しようとして、ジュリーがスコピュリに乗っていたと推測し、エロスに向かう。
88"救いの手"
"Salvage"
Bill Johnsonロビン・ヴェイス2016年1月26日 (2016-01-26)0.721[14]
ロシナンテ号はジョンソンに教えられた座標の小惑星で、カンタベリー号を破壊したステルス船アヌビスを見つける。船は無人で核融合炉は未知の有機物に覆われている。アヌビスは汚染され全滅したはずのフェーベからエロスに向かっており、スコピュリの乗員のライオネル・ポランスキーがアヌビスからシャトルで脱出したことが分かる。ロシナンテ号はアヌビスを破壊した後エロスに向かう。ミラーはジュリーがライオネル・ポランスキーの偽名を使い、アヌビスのシャトルでエロスに来たことを知る。ホールデンと仲間はエロスに着きポランスキーのいるホテルに来る。ケンゾが連絡したアーリンライトの秘密作戦チームに襲われるがミラーに救われる。ホールデンらとミラーが部屋に行くと、ジュリーがアヌビスと同じ有機物に覆われて死んでいる。
99"臨界質量"
"Critical Mass"
テリー・マクドノーロビン・ヴェイス & Dan Nowak & ナレン・シャンカー2016年2月2日 (2016-02-02)0.555[15]
フラッシュバックで、ライオネル・ポランスキーと名乗るジュリーの乗ったスコピュリはアヌビスを妨害しようとして失敗し、スコピュリは奪われて罠に使われる。ジュリーはアヌビスで拘禁されるが、アヌビスの乗組員は未知の有機物に殺される。一人生き残ったジュリーはアンダーソン・ドーズに連絡した後、シャトルでエロスに着き、有機物の感染で死ぬ。ティコ・ステーションのジョンソンは、ドネジャーから回収した、アヌビスが地球で建造された証拠を全太陽系に向けて放送する。ミラーとホールデンたちはホテルから逃げ、ジュリーの父親に雇われる科学者のドレスデンがジュリーの血液を採取する。ドレスデンと傭兵たちはエロスで放射線障害をでっち上げ、居住者たちをシェルターに閉じ込めてジュリーの血液で感染させる。ミラーとホールデンがシェルターを調べると、シェルター内に致死量の放射線が浴びせられる。 ミラーはジュリーの幻を見始める。
1010"巨獣目覚める"
"Leviathan Wakes"
テリー・マクドノーマーク・ファーガス & ホーク・オストビー2016年2月2日 (2016-02-02)0.555[15]
被爆したミラーとホールデンはロシナンテ号に向かい、エロス全体が有機物の培養器として使われていることを目撃する。他の乗組員たちは船に戻るが、ナオミはホールデンを置いて出発することを拒否し、銃を突き付けて脅したミラーの友人の刑事セマティンバはエイモスに殺される。ミラーとホールデンも着いて船は出発し、二人は被爆治療を受ける。地球では、ジュリーの父親と組むアーリンライトがアヴァサララの調査を止める。エロスでは有機物が成長し、国連のスパイのケンゾも犠牲者となる。
  1. ^ a b 第3話と第4話は2015年12月15日に第2話が放送された後にオンラインで配信された[9]

シーズン2 (2017)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日U.S. 視聴者数
(百万人)
111"高まる緊張"
"Safe"
ブレック・アイズナー英語版マーク・ファーガス英語版 & ホーク・オストビー英語版2017年2月1日 (2017-02-01)0.700[16]
ロベルタ・ドレーパーを含む火星海兵隊は訓練の後、攻撃されたフェーベに向かう。国連は火星軍を牽制するために艦を派遣する。アヴァサララはテロ攻撃を受け、自分がスケープゴートになっていることに気づき、コティアールを警備に雇う。火星艦が国連艦に向けてミサイルを発射するが、国連艦は威嚇攻撃だと判断して反撃を控える。ミサイルは国連艦を通り越してフェーベ・ステーションを破壊する。ドレーパーは地球との戦争を望むが、上官のサットンは平和を望む。ミラーとホールデンは被爆から回復する。ミラーは旧友セミを殺したエイモスと争いになり、ナオミが割って入る。アヌビスの回収物からプロト分子のサンプルが見つかり、小惑星帯の放置鉱石の中に隠される。ナオミとホールデンは船を修理しながら関係を深める。アレックスがラザニアを作り、乗組員の緊張を和らげる。
122"急襲"
"Doors & Corners"
ブレック・アイズナーダニエル・エイブラハム英語版 & タイ・フランク英語版2017年2月1日 (2017-02-01)0.700[16]
ロシナンテ号はティコ・ステーションに着き、太陽系外に由来するプロト分子がエロスで培養されていることをフレッド・ジョンソンに伝える。ジョンソンは反対者を殺し、OPAの多くの派閥から戦闘部隊を組織する。ロシナンテ号の援護の下で、部隊はスピン・ステーションを制圧して科学者ドレスデンを捕える。多数の人間を犠牲にしたことを反省せず、プロト分子の研究継続を求めるドレスデンをミラーが殺す。
133"静寂"
"Static"
ジェフ・ウールノー英語版ロビン・ヴェイス英語版2017年2月8日 (2017-02-08)0.587[17]
国連は火星のフェーベ破壊に対抗して火星の月ディモスを破壊する。ホールデンらはスピン・ステーションからティコ・ステーションに戻り、何も聞き出さずにドレスデンを殺したミラーは敵意にさらされる。エロスからは信号が発信され、唯一捕虜になったプロトジェン社の科学者コルタサルは、プロト分子がエロスで何かを形成しつつあると語る。ミラーはモルモン教徒のために建造中のノーブー号を衝突させて、エロスを破壊するようジョンソンに求める。アヴァサララは、密かにジョンソンと情報を交換する。
144"神の加護"
"Godspeed"
ジェフ・ウールノーDan Nowak2017年2月15日 (2017-02-15)0.534[18]
アヴァサララはジュリーの父親のジュール=ピエール・マウのプロトジェン社がプロト分子を研究していたことを知り、アーリンライトと組んでいると疑う。ミラーの計画が実行され、信徒たちを降ろしたノーブー号をロシナンテ号が護衛し、エロスに衝突させて太陽に落とそうとする。住民を救援に来た医者のグループの船は退去命令を無視し、ホールデンは破壊せざるを得ない。ミラーは出入り口を封鎖するためにエロスに乗り込むが、起爆装置に問題が起きたため退避せずエロスにとどまる。ノーブー号との衝突の直前、小惑星エロスが動き回避する。
155"望郷"
"Home"
デヴィッド・グロスマン英語版マーク・ファーガス & ホーク・オストビー2017年2月22日 (2017-02-22)0.600[19]
エロスはミラーを乗せて地球との衝突コースを取り加速する。ロシナンテ号の乗組員とミラーは、爆弾をエロスの中に仕掛けて脱出する計画を立てる。国連が大量の核ミサイルをエロスに放ち、エロスはレーダーから姿を消してミサイルを避ける。ロシナンテ号がエロスを視界にとらえていることを利用し、国連が核ミサイルの制御をジョンソンに渡してエロスにロックオンさせると、エロスは人類の技術を超えて急加速する。ロシナンテ号はミサイルのロックオンを保つために人間の耐えうる限界ぎりぎりの加速でエロスを追うがついには断念する。ミラーは爆弾をプロト分子の充満したエロスの中心に運び、変容して有機物の一部となりエロスを操作できるようになったジュリーを見つける。ミラーは宇宙服を脱いでジュリーに話しかけ、エロスの進路を地球から金星に変えさせる。エロスは金星に衝突する。
166"パラダイムシフト"
"Paradigm Shift"
デヴィッド・グロスマンナレン・シャンカー英語版2017年3月1日 (2017-03-01)0.625[20]
137年前のフラッシュバックで、火星人のソロモン・エプスタインは革新的なドライブを発明して、火星の外惑星進出と地球からの独立を可能にする。現在、ティコ・ステーションでは、ジョンソンが地球の核ミサイルのうち30発を入手している。ロシナンテ号の乗組員は隠していたプロト分子のサンプルを太陽に捨てることに決めるが、ナオミは皆を騙してサンプルを残す。アヴァサララは雲隠れているマウの資産と事業を凍結して表に引きずり出すようアーリンライトに迫る。地球と火星が共同管理するガニメデ農業ステーションでは、ドレーパーの分隊が国連の海兵隊を見かけ、通信が妨害される。軌道上では国連軍と火星軍の宇宙艦が交戦し、サットンは死ぬ。軌道からミラーの破片が降り注いだ地表では、ドレーパーが異生物の姿を目にする。
177"7人目の男"
"The Seventh Man"
ケネス・フィンク英語版ジョージア・リー英語版2017年3月8日 (2017-03-08)0.451[21]
分隊で唯一生き残ったドレーパーは火星軍に救出されるが、目撃報告を信じてもらえない。地球と火星はいずれも相手が先制攻撃を仕掛けたと信じ、戦争を望むアーリンライトに対抗してアヴァサララは両惑星の平和会議を開催しようとする。ガニメデでは3000人以上が死に、農業ドームは破壊されて、食料を依存する小惑星帯では飢餓の恐れが生じる。ティコ・ステーションでは、ジョンソンがアンダーソン・ドーズを小惑星帯の代表に推すが、ドーズは両惑星とも小惑星帯を見下すだろうと人々を扇動する。ドレーパーは火星が誤って先制攻撃したと証言するよう命令されて地球に向かうが、6名の国連海兵隊が異生物から逃げていたことを思い出す。コルタサルはプロト分子の信号を受信する。ホールデンはコルタサルを殺そうとするが、コルタサルは牢から消えている。逃走するドーズの船をロシナンテ号が捕まえるとディオゴだけが乗っており、ドーズとコルタサルは行方不明となる。
188"革命の炎"
"Pyre"
ケネス・フィンクロビン・ヴェイス2017年3月15日 (2017-03-15)0.460[22]
ガニメデからの難民船の中で、植物学者のプラックシデケ(プラックス)・メンは娘を探すが見つからない。内惑星の住民をエアロックから投げ捨てた後、船は難民であふれるティコ・ステーションに着く。ドーズはジョンソンにメッセージを送り、プロト分子の秘密を小惑星帯に返すという。プロト分子の信号は戦闘と同時にガニメデから発信され、ガニメデにはプロトジェン社に勤務していたストリックランド医師が滞在していたことが分かる。ベルターたちはジョンソンとドラマーを人質にし、核ミサイルを地球に発射しようとするが、ロシナンテ号乗組員に阻止される。ストリックランドとプラックスの娘メイが戦闘の一時間前に診療所を出たことが分かり、プラックスはロシナンテ号に乗ってガニメデに同行する。
199"ソムナンブリスト号"
"The Weeping Somnambulist"
ミカエル・サロモンHallie Lambert2017年3月22日 (2017-03-22)0.471[23]
ロシナンテ号の乗組員は偽装のためウィーピング・ソムナンブリスト号をハイジャックしてガニメデに向かう。火星の代表団は平和会議のために地球に到着し、戦争を避けるために、ドレーパーは死んだトラビスが誤って発砲したと偽証させられる。国連が金星に送った調査船はエロスの衝突地点で異常な生命活動を探知する。アヴァサララはドレーパーからガニメデでスーツを着ない何かを見たことを聞き出す。アレックスがロシナンテ号で待機する中、ソムナンブリスト号はガニメデに着陸する。
2010"連鎖反応"
"Cascade"
マイケル・サロモンDan Nowak2017年3月29日 (2017-03-29)0.573[24]
ドレーパーは宿舎を抜け出して海を見に行き、橋の下に住む貧しい人々に出会う。アーリンライトはプロト分子の研究に関してマウに協力していたことをアヴァサララに告白する。アヴァサララはドレーパーがガニメデで遭遇した異生物の映像を見て、火星のためにマウが開発した兵器だと確信する。ガニメデでは、エイモスが情報屋を殴って脅し、ストリックランド医師がプラックスの娘メイを連れてガニメデの古い区域に行ったことを調べさせる。プラックスはガニメデの生態系がもはや修復不可能であると悟る。ロシナンテ号に残ったアレックスは、火星軍がガニメデ上空を飛行禁止にしたことを知る。
2111"未知の兵器"
"Here There Be Dragons"
ロバート・リーバーマン英語版ジョージア・リー2017年4月5日 (2017-04-05)0.504[25]
ドレーパーはマーテンス大佐を襲ってガニメデ事件について尋問する。火星が購入を検討していた兵器「プロジェクト・カリバン」を国連軍および火星軍と交戦させてテストしたために起きた事件であると聞き出す。ドレーパーは国連に政治亡命を求めてアヴァサララに面会する。家族への経済制裁に窮したマウは国連管轄外でアヴァサララと面会を申し出る。国連の調査船は探査機を金星に降ろし巨大なプロト分子を発見する。アレックスは火星軍の封鎖をすり抜けてロシナンテ号をガニメデに着陸させる。ホールデンら乗組員とプラックスはガニメデの古い区域でメイを探す。警備員と科学者たちを見つけて銃撃戦になり、プロト分子を接種されたベルターの子供を見つける。怪物は、免疫不全症を患うガニメデの子供にプロト分子を接種して作られた兵器であることが分かる。怪物が逃げ出して警備員と科学者たちを殺す。ナオミとエイモスはガニメデから人々を避難させ、プラックスとホールデンとアレックスはドームの外で怪物を追う。
2212"怪物とロケット"
"The Monster and the Rocket"
ロブ・リーバーマンマーク・ファーガス & ホーク・オストビー2017年4月12日 (2017-04-12)0.515[26]
アヴァサララはドレーパー、コティサールとともにマウの宇宙船に着く。マウはプロト分子を地球と火星の両者に販売してバランスを保ちたいという。アーリンライトはマウに反旗を翻し、火星防衛大臣に会って自然死に見せかけて毒殺し、ガニメデ上空の火星艦を破壊させる。これを知らされたマウは協議を打ち切って立ち去る。ガニメデでは、ホールデン、アレックス、プラックスがロシナンテ号で地表にプロト分子の怪物を追う。ナオミとエイモスはソムナンブリスト号を修理し、避難民を乗せて出航する。妨害しようとした火星艦をロシナンテ号が追い払う。
2313"終わらない戦い"
"Caliban's War"
トール・フロイデンタールダニエル・エイブラハム & タイ・フランク & ナレン・シャンカー2017年4月19日 (2017-04-19)0.581[27]
ナオミとエイモスはロシナンテ号に戻る。密かに乗り込んでいたプロト分子の怪物はホールデンに傷を負わせて動けなくし、放射能を求めて核融合炉に向かう。エイモスは空気を放出して怪物を船外に吹き飛ばす作戦を準備し、ホールデンの死も確実となる。プラックスのアイデアで、放射能を発する核弾頭を船外に投げ出して怪物を誘い出し、エンジンの炎で焼き尽くす。マウの宇宙船内では警備員がアヴァサララを殺そうとするが、ドレーパーによって救出される。金星では、国連の調査船が降下中にプロト分子によって分解される。ナオミはホールデンに、小惑星帯が地球と火星に対抗できるよう、プロト分子のサンプルを破壊せずにジョンソンに渡したことを告白する。イオでは、ストリックランドがプラックスの娘メイと多数の子供たちを人口冬眠状態におく。

シーズン3 (2018)[編集]

通算
話数
シーズン
話数
タイトル監督脚本放送日U.S. 視聴者数
(百万人)
241"戦か飛行か"
"Fight or Flight"
ブレック・アイズナー英語版マーク・ファーガス英語版 & ホーク・オストビー英語版2018年4月11日 (2018-04-11)0.653[28]
アーリンライトは対火星の宣戦布告を国連に行わせ、アヴァサララがマウと組んで陰謀を企んでいたと主張する。ロシナンテは突然に交戦区域の中にいることになってコントータと改名される。ナオミはティコ・ステーションに行くことを主張するが、ホールデンはプロト分子の信号を見つけて、プラックスの娘を探そすためイオに向かうことにする。ジョンソンはドーズに連絡してプロト分子を共同で調査しようとし、さらにノーブー号を回収しようとする。アーリンライトは国連の宇宙船にマウの船を攻撃させてアヴァサララを殺そうとする。ドレーパーとアヴァサララは証拠を集めてジュリー・マウの高速艇で脱出し、コティサールと乗組員のテオはシャトルで脱出する。
252"敵味方識別"
"IFF"
ブレック・アイズナーマーク・ファーガス & ホーク・オストビー2018年4月18日 (2018-04-18)0.500[29]
国連事務総長のエステバンは旧友で牧師のアンナを呼び、対火星戦争に脅える人々をなだめる演説原稿作成を頼む。ジュール=ピエール・マウはプロジェクトを中止するためイオを訪れ、ストリックランドはメイを含むガニメデの免疫不全症の子供たちが、プロト分子の宿主として制御可能であることを見せる。アーリンライトは国連艦にドレーパーとアヴァサララの乗る高速艇を追跡させ、ドレーパーは火星の救難信号を発信する。ロシナンテが高速艇からの救難信号を受信し、国連艦と交戦して二人を救出する。
263"確証破壊"
"Assured Destruction"
トール・フロイデンタールDan Nowak2018年4月25日 (2018-04-25)0.553[30]
アーリンライトが主張して、地球は火星の長距離ミサイル発射施設を先制攻撃する。金星から来るものに対抗して人類は団結しなければならないとエステバンに語る。だが先制攻撃が破壊し損ねた施設から発射されたミサイルが南米で200万人を殺す。コティサールのシャトルは国連の艦アガサ・キングに見つけられ、コティサールはアヴァサララの死を偽装するためにテオを殺す。グエン提督はアヴァサララを反逆者と呼び、その死を信じず艦をイオに向けるが、サウザー艦長はコティサールからアーリンライトの陰謀の話を聞く。イオではプロト分子に感染した子供が死に始め、マウはプロジェクトの中止を命じる。ロシナンテ内ではアヴァサララがアーリンライトとマウの共謀を伝え、地球と火星との戦争回避への助力を願うが、イオに向かいたいホールデンは拒否する。アヴァサララはナオミがプロト分子をフレッド・ジョンソンに渡したことを知る。
274"重要な証拠"
"Reload"
Thor FreudenthalRobin Veith2018年5月2日 (2018-05-02)0.590[31]
ドラマーはノーブー号を回収する。アナが書いた原稿をエステバンが演説するが、火星を破壊することを正当化するようアーリンライトが書き換えている。アヴァサララはホールデンに頼んでアーリンライトの反逆の証拠をアナに送る。ロシナンテは不足した燃料を、国連に破壊された火星の艦から回収するが、3人の火星海兵隊員が乗っている。海兵隊員がアレックスとナオミを人質にしてロシナンテを乗っ取ろうとするが、ドレーパーが説得してやめさせる。ホールデンは火星艦を修理させ、アーリンライトの反逆の証拠を渡してサウザー艦長に届けるよう頼み、海兵隊員を送り出す。ストリックランドはマウに隠れてプロト分子に感染した少年を研究し続ける。少年は金星のプロト分子と交信し、看護婦の体をバラバラにして肉体構造を調べる。マウは研究の続行を許可する。
285"反乱計画"
"Triple Point"
Jeff WoolnoughGeorgia Lee2018年5月9日 (2018-05-09)0.555[32]
火星海兵隊員はアーリンライトの反逆の証拠を火星艦ハンムラビの艦長に渡し、艦長はアガサ・キング艦上のサウザーに密かに転送する。アガサ・キングがイオに向かうのを知り、ハンムラビも追いかける。火星と地球の両艦隊がそれぞれ後を追う。アヴァサララは人類の生存のために地球はプロト分子のサンプルを必要とするとホールデンに言う。イオでプロト分子に感染した少年は金星で何かが完成間近だと言うが、変態が進みすぎてそれ以上は話せなくなる。マウは情報を聞き出すため、次にメイを感染させるよう命じる。ホールデン、エイモス、ドレーパー、プラックスはイオの研究施設に侵入しようとする。サウザーはグウェンに対し反乱を起こし、アーリンライトの裏切りの証拠を地球の各艦に送るが、グウェンに殺されて反乱は失敗する。だがいくつかの地球艦がグウェンに背き、地球艦隊では同士討ちが始まり、火星艦隊がこれを見守る。グウェンは、イオからプロト分子に感染させた怪物を乗せたミサイルを多数発射させる。
296"犠牲"
"Immolation"
Jeff WoolnoughAlan DiFiore2018年5月16日 (2018-05-16)0.609[33]
マウとストリックランドは、侵入してきたグループが火星の海兵隊だと信じ、子供たちを人質にして逃げようとする。プロト分子に感染した怪物を差し向け、ドレーパーが怪物を殺す。アヴァサララはプロト分子の怪物を搭載したミサイルが火星に向かっていると考える。ミサイルのうち一発がアガサ・キングに命中し、プロト分子が艦内に広がる。アレックスとナオミは高速艇でアガサ・キングに向かい、全てのミサイルのステルス機能を解除する。感染したコティアールはプロト分子の拡大を防ぐためにグウェンもろともアガサ・キングを自爆させる。ホールデンはマウを捕え、エイモスとプラックスは子供たちを救出する。プラックスはメイに再会し、エイモスはストリックランドを殺す。ナオミの依頼で、フレッド・ジョンソンは捕獲していた地球の核ミサイルを使って、火星に向かうミサイルの残りを破壊する。マウはアヴァサララの面前に引き出される。地球では、アンナがアーリンライトの反逆の証拠をエステバンに見せ、アーリンライトは逮捕される。金星表面から、プロト分子の巨大な構造物が飛び立つ。
307"デルタV"
"Delta-V"
Kenneth FinkNaren Shankar2018年5月23日 (2018-05-23)0.625[34]
アーリンライトが逮捕され、エステバンは事務総長を辞職し、アヴァサララは演説で平和を訴える。金星を離れたプロト分子の構造物は天王星付近で巨大なリングを形成する。ナオミ、プラックス、ドレーパーの離れたロシナンテもリングに向かい、インタビュアーのモニカが乗り込む。ノーブーはビヒモスと改名され、ドラマーが艦長となり、ナオミが主任エンジニアとなっている。OPAから副長として送り込まれたアシュフォードがビヒモスに乗り込み、ドラマーとの間に緊張が生じる。ビヒモスで麻薬取引に関わっていた乗員が事故死し、麻薬の売人の処罰をめぐって二人は争う。アンナは国連艦隊に加わり、リングに向かう。国連艦隊のエンジニアのメルバがリング付近の国連艦スンに乗り込んで爆弾を仕掛け、超人的な力を発揮して目撃者を殺す。一人用高速艇に乗ったマネオはリングに近づくが、その肉体は爆発する。ロシナンテ上ではホールデンがミラーの姿を見る。
318"計画実行"
"It Reaches Out"
Kenneth FinkMark Fergus & Hawk Ostby2018年5月30日 (2018-05-30)0.609[35]
メルバは死体を隠し、トーマス・プリンス号に乗り移り、アンナに会う。ロシナンテでは、ホールデン以外にはミラーの姿は見えず、ホールデンは自身の脳を診断しプロト分子を探すが異常は見つからない。エイモスとアレックスは、ホールデンの異常な振る舞いに気づく。ホールデンは、高速艇がリングを目覚めさせた時に、初めてミラーが現れたことを知る。モニカに同行するカメラマンがロシナンテに何らかの装置を設置する。メルバはスンを爆破し、ロシナンテの通信システムはダウンするが、ホールデンが爆破を告白してリングがOPAに属すると主張する虚偽の放送が流される。国連艦隊はロシナンテを狙い、ビヒモスのドラマーもアシュフォードの要請を受け、OPAが無関係であることを証明するためにロシナンテにミサイルを発射する。ホールデンはミラーの幻から指示されて、船を急減速させてリングに向かわせる。急減速のダメージから目覚めたホールデンは、時間が異常に遅くなったことに気づく。ロシナンテはリングに入るが、すぐ後ろにミサイルが続く。
329"ブレない信念"
"Intransigence"
David GrossmanHallie Lambert2018年6月6日 (2018-06-06)0.568[36]
リングに入ったロシナンテの武器や通信のシステムはダウンし、後を追うミサイルは強制的に減速させられ向きを変えられている。火星艦もロシナンテを追ってリングに入る。カメラマンは、何者かに頼まれて装置を設置したことを認める。エイモスはモニカとカメラマンを船外に出して火星艦に拾わせ、ホールデンの無実を証明しようとする。ホールデンは火星艦に降伏せざるを得ないと考える。ドラマーはビヒモスをリングに入らせ、ナオミが小艇でロシナンテに戻ることを許す。フラッシュバックで、メルバもまたマウの娘であることがわかり、メルバは父親の復讐のためにホールデンを破滅させようとする。国連艦トーマス・プリンスの民間人は避難するがアンナは残る。ミラーの指示で、ホールデンは宇宙服でロシナンテから出てリング中心に向かう。
3310"信じる心"
"Dandelion Sky"
David GrossmanGeorgia Lee2018年6月13日 (2018-06-13)0.615[37]
<国連艦トーマス・プリンスもリングに入る。アンナの友人のティリーはメルバがクラリッサ・マウであることに気づく。クラリッサは火星艦より先にロシナンテに到達しようとする。ビヒモスのドラマーとアシュフォードの間には緊張が高まる。ホールデンはリングの中心に向かうが、ミラーは自分が実体でなくホールデンの脳が作り出したものであると認める。ドレイパーを含む火星海兵隊はホールデンを追ってリング中心のステーションに入る。爆弾をホールデンに投げたドレイパーの上官は分解されてステーションに吸収され、リングは各艦を減速させる。クラリッサはティリーを殺そうとする。ミラーの指示に従って、ホールデンはステーション内の回路に触れてプロト分子の立場から出来事を眺め、惑星が爆発するのを見る。ホールデンは意識を失う。
3411"堕落した世界"
"Fallen World"
Jennifer PhangDan Nowak2018年6月20日 (2018-06-20)0.670[38]
リング内の最高速度の低下によりすべての艦が急激な減速を強いられ、多数の死傷者が出て、無重力では内出血を起こした負傷者は死ぬ運命となる。ナオミはロシナンテに戻ってエイモスとアレックスを手当てする。ビヒモス内では、ドラマーとアシュフォードは重機に挟まれて身動きできなくなり、ドラマーは自分を犠牲にしてアシュフォードを解放する。艦長となったアッシュフォードはビヒモスの胴体を回転させて重力を作り出し、他の艦の負傷者を収容する。すべての艦はリング中心に引き付けられる。死ぬ直前のティリーはクラリッサのことをアンナに打ち明ける。クラリッサはロシナンテに乗り込み、ホールデンを探してナオミを襲うが、追いかけてきたアンナに気絶させられる。ボビーはホールデンを小艇に収容し、意識を取り戻したホールデンはすべてが終わるビジョンを見たと語る。
3512"決断を下すとき"
"Congregation"
Jennifer PhangDaniel Abraham & Ty Franck2018年6月27日 (2018-06-27)0.730[39]
火星艦、ロシナンテ、地球艦の乗員はビヒモスに乗り込むが武器を取り上げられる。ドラマーは負傷して義肢をつける。ホールデンは、プロト分子を作った種族が敵に敗れ、敵を食い止めるためにリングを使って自らの太陽系を破壊したビジョンを語るが、ビヒモス艦長となったアッシュフォードは信じずにホールデンを拘置する。ドラマーとナオミはホールデンに会う。地球人のエンジニアが核爆発を起こしてリングの防御を弱めて外部にレーザー通信を送ろうとするが効果はなく、リングはエネルギーをチャージし始める。
3613"アバドンの扉"
"Abaddon's Gate"
Simon Cellan JonesDaniel Abraham & Ty Franck & Naren Shankar2018年6月27日 (2018-06-27)0.606[39]
アシュフォードは地球と火星のリーダーを説得して、レーザーでリングを破壊し、リング内部の全員を犠牲にしてでも外部の全人類を救おうとする。ホールデンは自分だけに見えるミラーと話し、ナオミ、ドラマー、隣の牢のクラリッサが見守る。ホールデンは、人類が敵でないことを示さないとリングが全太陽系を破壊するはずだと恐れる。モニカ、アンナ、アレックス、エイモスは他の艦に放送して呼びかけ、パワーを落とさせる。火星海兵隊が放送を止めるために送られるが、ドレーパーが阻止する。ホールデン、ナオミ、ドラマーはビヒモスの反応炉に向かいパワーを落とそうとする。アッシュフォードはホールデンとドラマーの殺害を命じるが、クラリッサが反応炉を停止させる。リングはすべての艦を解放し、1300の居住可能な太陽系へのポータルを開く。ホールデンはミラーに語りかけ、創造者を倒した敵を見つけさせるために、最初からリングはポータルを開きたかったのだという。

出典[編集]

  1. ^ The Expanse’ Sets Season 3 Premiere Date; Unveils Trailer”. Deadline (2018年2月23日). 2018年2月23日閲覧。
  2. ^ Andreeva, Nellie (2018年5月11日). “‘The Expanse’ To End On Syfy With Season 3, Will Be Shopped Elsewhere By Alcon”. Deadline. http://deadline.com/2018/05/the-expanse-canceled-syfy-after-three-seasons-to-be-shopped-1202388026/ 2018年5月11日閲覧。 
  3. ^ Ahr, Michael (2018年5月11日). “The Expanse Canceled, Season 4 To Be Shopped Around”. DenOfGeek. http://www.denofgeek.com/us/tv/the-expanse/273399/the-expanse-canceled-season-4-to-be-shopped-around 2018年5月11日閲覧。 
  4. ^ ‘The Expanse’: Amazon Picks Up Space Drama Series After Syfy Cancellation”. Deadline (2018年5月25日). 2018年5月26日閲覧。
  5. ^ Ahr, Michael (2019年2月8日). “The Expanse Season 4 Release Date, Cast, and Other News”. https://www.denofgeek.com/us/tv/the-expanse/273399/the-expanse-season-4-release-date-and-other-news 2019年2月11日閲覧。 
  6. ^ Amazon Launching ‘The Expanse’ Seasons 1-3 Worldwide Ahead of Season 4 Premiere” (英語). Variety (2019年1月22日). 2019年1月29日閲覧。
  7. ^ Porter, Rick (2015年12月15日). “Monday cable ratings: 'The Expanse' premiere not that expansive, 'Monday Night Football' leads”. TV by the Numbers. 2015年12月15日閲覧。
  8. ^ Metcalf, Mitch (2015年12月16日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Update: 12.15.2015”. Showbuzz Daily. 2015年12月16日閲覧。
  9. ^ Petski, Denise (2015年12月16日). “Syfy's 'The Expanse' First Four Episodes Available Online & On Demand”. http://deadline.com/2015/12/syfy-the-expanse-episodes-1-4-online-1201667927/ 2016年8月4日閲覧。 
  10. ^ Metcalf, Mitch (2015年12月31日). “SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Update: 12.29.2015”. Showbuzz Daily. 2015年12月31日閲覧。
  11. ^ Metcalf, Mitch (2016年1月6日). “SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Update: 1.5.2016”. Showbuzz Daily. 2016年1月6日閲覧。
  12. ^ Metcalf, Mitch (2016年1月13日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Update: 1.12.2016”. Showbuzz Daily. 2016年1月13日閲覧。
  13. ^ Metcalf, Mitch (2016年1月21日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Update: 1.19.2016”. Showbuzz Daily. 2016年1月21日閲覧。
  14. ^ Metcalf, Mitch (2016年1月27日). “SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Update: 1.26.2016”. Showbuzz Daily. 2016年1月27日閲覧。
  15. ^ a b Metcalf, Mitch (2016年2月3日). “SHOWBUZZDAILY's Top 150 Tuesday Cable Originals & Network Finals: 2.2.2016”. Showbuzz Daily. 2016年2月3日閲覧。
  16. ^ a b Metcalf, Mitch (2017年2月2日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 2.1.2017”. Showbuzz Daily. 2017年2月2日閲覧。
  17. ^ Metcalf, Mitch (2017年2月9日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 2.8.2017”. Showbuzz Daily. 2017年2月9日閲覧。
  18. ^ Metcalf, Mitch (2017年2月16日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 2.15.2017”. Showbuzz Daily. 2017年2月16日閲覧。
  19. ^ Metcalf, Mitch (2017年2月23日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 2.22.2017”. Showbuzz Daily. 2017年2月23日閲覧。
  20. ^ Metcalf, Mitch (2017年3月2日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.1.2017”. Showbuzz Daily. 2017年3月2日閲覧。
  21. ^ Metcalf, Mitch (2017年3月9日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.8.2017”. Showbuzz Daily. 2017年3月9日閲覧。
  22. ^ Metcalf, Mitch (2017年3月17日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.15.2017”. Showbuzz Daily. 2017年3月17日閲覧。
  23. ^ Metcalf, Mitch (2017年3月23日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.22.2017”. Showbuzz Daily. 2017年3月23日閲覧。
  24. ^ Metcalf, Mitch (2017年3月30日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 3.29.2017”. Showbuzz Daily. 2017年3月30日閲覧。
  25. ^ Metcalf, Mitch (2017年4月6日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.5.2017”. Showbuzz Daily. 2017年4月6日閲覧。
  26. ^ Metcalf, Mitch (2017年4月13日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.12.2017”. Showbuzz Daily. 2017年4月13日閲覧。
  27. ^ Metcalf, Mitch (2017年4月20日). “UPDATED: SHOWBUZZDAILY's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.19.2017”. Showbuzz Daily. 2017年4月20日閲覧。
  28. ^ Metcalf, Mitch (2018年4月12日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.11.2018”. Showbuzz Daily. 2018年4月12日閲覧。
  29. ^ Metcalf, Mitch (2018年4月19日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.18.2018”. Showbuzz Daily. 2018年4月19日閲覧。
  30. ^ Metcalf, Mitch (2018年4月26日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 4.25.2018”. Showbuzz Daily. 2018年4月26日閲覧。
  31. ^ Metcalf, Mitch (2018年5月3日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.2.2018”. Showbuzz Daily. 2018年5月3日閲覧。
  32. ^ Metcalf, Mitch (2018年5月10日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.9.2018”. Showbuzz Daily. 2018年5月10日閲覧。
  33. ^ Metcalf, Mitch (2018年5月17日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.16.2018”. Showbuzz Daily. 2018年5月17日閲覧。
  34. ^ Metcalf, Mitch (2018年5月24日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.23.2018”. Showbuzz Daily. 2018年5月24日閲覧。
  35. ^ Metcalf, Mitch (2018年5月31日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 5.30.2018”. Showbuzz Daily. 2018年5月31日閲覧。
  36. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月7日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 6.6.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月7日閲覧。
  37. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月14日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 6.13.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月14日閲覧。
  38. ^ Metcalf, Mitch (2018年6月21日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 6.20.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月21日閲覧。
  39. ^ a b Metcalf, Mitch (2018年6月28日). “Updated: ShowBuzzDaily's Top 150 Wednesday Cable Originals & Network Finals: 6.27.2018”. Showbuzz Daily. 2018年6月28日閲覧。