エクセレブレーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エクセレブレーション
Owner Mr Derrick Smith.svg
デリック・スミスの勝負服
欧字表記 Excelebration[1]
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2008年4月13日[1]
Exceed and Excel[1]
Sun Shower[1]
母の父 Indian Ridge[1]
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 Owenstown Stud[2]
馬主 Derrick Smith & Mrs John Magnier & Michael Tabor[2]
調教師 マルコ・ボッティ(イギリスの旗 イギリス
エイダン・オブライエンアイルランドの旗 アイルランド[2]
競走成績
生涯成績 15戦8勝[1]
獲得賞金 €1,206,376[3]
 
勝ち鞍
GI ムーラン・ド・ロンシャン賞 2011年
GI ジャック・ル・マロワ賞 2012年
GI クイーンエリザベス2世ステークス 2012年
テンプレートを表示

エクセレブレーション (英:Excelebration[1]) はアイルランド生産、イギリスおよびアイルランド調教の競走馬種牡馬である。主な勝ち鞍は2011年ムーラン・ド・ロンシャン賞(GI)、2012年のジャック・ル・マロワ賞(GI)、クイーンエリザベス2世ステークス(GI)。

戦績[編集]

イギリスのマルコ・ボッティ厩舎から2010年5月にデビュー。2戦目で勝ち上がり、2歳シーズンを3戦2勝で終える[3]

2011年英2000ギニーの前哨戦グリーナムステークス(GIII)で怪物フランケルと初対戦し、4馬身差の2着に敗れる。その後、目標を独2000ギニー(GII)に切り替え、7馬身差で圧勝する。本国に戻ったセントジェームズパレスステークス(GI)でフランケルの3着に敗れると、陣営は再び英国外のレースに照準を定め、フランスムーラン・ド・ロンシャン賞(GI)で初のGIタイトルを獲得した。しかし、クイーンエリザベス2世ステークス(GI)ではまたしてもフランケルの圧倒的な強さの前に4馬身差の2着に敗れる[3]

4歳となった2012年は、アイルランドエイダン・オブライエン厩舎に転厩して迎える[4]。同国での初戦となったグラッドネスステークス(GIII)を快勝してからロッキンジステークス(GI)、クイーンアンステークス(GI)でフランケルに挑むも、それぞれ5馬身差、11馬身差という大差をつけられての2着となった。これにより、3歳時から通算してフランケルと5度対戦し、4度目の2着となった[5]

続くジャック・ル・マロワ賞(GI)ではライアン・ムーアと初コンビを組む予定であったが、直前にムーアが落馬負傷のためキャンセルとなり、クリストフ・スミヨンが代打騎乗して2度目のGI制覇を果たす[5]。フランケルが中距離路線に転戦してライバル不在となったクイーンエリザベス2世ステークス(GI)では3馬身差の楽勝でGI3勝目を飾る。その後はブリーダーズカップ・マイル(GI)に出走したがワイズダンの4着に敗れ、同レースを最後に現役を引退した[3]

競走成績[編集]

以下の内容は、Irish Racing.comの情報[3]に基づく。

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
2010.05.18 ノッティンガム 未勝利 芝6f 4着 K.ファロン 7馬身3/4 Planet Waves
0000.06.04 ドンカスター 未勝利 芝6f 1着 N.カラン 2馬身1/2 (Belgian Bill)
0000.07.23 ニューマーケット 条件戦 芝6f 1着 D.ホランド 2馬身 (Point Du Jour)
2011.04.16 ニューベリー グリーナムステークス G3 芝7f 2着 A.カービー 4馬身 Frankel
0000.05.22 ケルン 独2000ギニー G2 芝6f 1着 A.カービー 7馬身 (Gereon)
0000.06.14 アスコット セントジェームズパレスステークス G1 芝8f 3着 A.カービー 2馬身1/4 Frankel
0000.08.13 ニューベリー ハンガーフォードステークス G2 芝7f 1着 A.カービー 6馬身 (Beacon Lodge)
0000.09.11 ロンシャン ムーラン・ド・ロンシャン賞 G1 芝8f 1着 J.スペンサー 1馬身1/2 (Rio De La Plata)
0000.10.15 アスコット クイーンエリザベス2世ステークス G1 芝8f 2着 J.スペンサー 4馬身 Frankel
2012.04.22 カラ グラッドネスステークス G3 芝7f 1着 J.オブライエン 3馬身1/4 (Croisultan)
0000.05.19 ニューベリー ロッキンジステークス G1 芝8f 2着 J.オブライエン 5馬身 Frankel
0000.06.19 アスコット クイーンアンステークス G1 芝8f 2着 J.オブライエン 11馬身 Frankel
0000.08.12 ドーヴィル ジャック・ル・マロワ賞 G1 芝8f 1着 C.スミヨン 1馬身1/4 (Cityscape)
0000.10.20 アスコット クイーンエリザベス2世ステークス G1 芝8f 1着 J.オブライエン 3馬身 (Cityscape)
0000.11.03 サンタアニタ ブリーダーズカップ・マイル G1 芝8f 4着 J.オブライエン 2.06馬身 Wise Dan

種牡馬時代[編集]

現役引退後はクールモアスタッド種牡馬入りした。初年度産駒から2017年セントジェームズパレスステークス(GI)を制したバーニーロイが出ている[6]

主な産駒[編集]

血統表[編集]

エクセレブレーション血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 デインヒル系
[§ 2]

Exceed And Excel
2000 鹿毛
父の父
*デインヒル
Danehill
1986 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Razyana His Majesty
Spring Adieu
父の母
Patrona
1994 栗毛
Lomond Northern Dancer
My Charmer
Gladiolus Watch Your Step
Back Britches

Sun Shower
2001
Indian Ridge
1985 栗毛
Ahonoora Lorenzaccio
Helen Nichols
Hillbrow Swing Easy
Golden City
母の母
Miss Kemble
1994 鹿毛
*ウォーニング Known Fact
Slightly Dangerous
Sarah Siddons Le Levanstell
Mariel
母系(F-No.) 9号族(FN:9-a) [§ 3]
5代内の近親交配 Northern Dancer4×4=12.50%、Natalma5×5×5=9.38% [§ 4]
出典
  1. ^ Excelebration(IRE) 5代血統表2018年8月16日閲覧
  2. ^ Excelebration(IRE) 5代血統表2018年8月16日閲覧
  3. ^ Excelebration(IRE) 5代血統表2018年8月16日閲覧
  4. ^ Excelebration(IRE) 5代血統表2018年8月16日閲覧

参考[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i Excelebration(IRE)|JBISサーチ(JBIS-Search)
  2. ^ a b c Excelebration | Race Record & Form. Racing Post. 2018年8月14日閲覧
  3. ^ a b c d e Form and Entries for Horse Excelebration (IRE). Irish Racing.com. 2018年8月9日閲覧
  4. ^ Brian O'Connor. Excelebration has Frankel in his sights. The Irish Times(19 May, 2012). 2018年8月16日閲覧
  5. ^ a b Excelebration pays huge tribute to Frankel as he cruises to Jaques Le Marois success. The Telegraph(12 August, 2012). 2018年8月16日閲覧
  6. ^ Excelebration | Stallions. Coolmore. 2018年8月16日閲覧
  7. ^ Martin Stevens. Lancaster Bomber another Group 1 weapon for War Front. Racing Post(27 May, 2018). 2018年8月16日閲覧