エクソダスギルティー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エクソダスギルティー』(EXODUS Guilty)は、アーベルが開発し、イマジニア1998年11月26日に発売したプレイステーションアドベンチャーゲーム

概要[編集]

本作は、同じ地域ながら「過去編」「現代編」「未来編」異なる3つの時代と3人の主人公の視点を切り替えながら物語を進めていく「マルチタイム・ザッピングシステム」と題したザッピング方式を採用している。多くの謎や世界観が3つのシナリオを互いに結び付いた展開になる壮大なストーリーになっている。

オリジナルのPS版にはキャラクターボイスは収録されておらず、ゲーム中のアニメーションの台詞も字幕として表示される形になっている。また、「調べる」「話す」と言った基本的な行動は全て自動で行なわれ、プレイヤーが操作するのは「移動」「アイテムの使用」程度と、菅野作品の中ではシンプルなシステムとなっている。

なお、クリアまでのプレイ時間等に応じて、真珠から最高位のダイヤモンドまでの5段階のランクに分類され、ランクに応じて声優のフリートークが視聴できる。

本作は後に様々な形でリメイクされており、2001年5月31日にはドリームキャストにて声優によるキャラクターボイスを追加した『エクソダスギルティー・ネオス』、2002年12月5日にはパソコンにてボイスと性描写を追加した『エクソダスギルティー・オルタナティブ』、2003年11月27日には『エクソダスギルティー・バージナル Vol.1現代編』、同『Vol.2過去編』、2003年12月11日には同『Vol.3未来編』がDVDプレイヤーズゲーム各2枚組という形態で発売された。

パッケージには『100万人が泣いた! 菅野ひろゆき (旧名:剣乃ゆきひろ EVE burst error、DESIRE) 感動の最新作。エクソダスギルティー。』とキャッチコピーがされていた。

ストーリー[編集]

過去編[編集]

紀元前1200年、神がまだその存在と力を世界に知らしめていた時代。

ウルアークの長であるマーサは、神の生贄となることを拒み、四神官の1人であるフレアに処罰されてしまう。病床のマーサは死期が近いことを悟り、息子のアーレスに最期の望みを託した。

現代編[編集]

西暦2000年、南ヨーロッパのとある遺跡発掘現場を舞台に、物語は進んでいく。

ノンライセンスながら超一流の腕を誇るトレジャーハンターのカスミは、失われたモーゼの十一戒目を求めてこの地を訪れた。だが、宝を狙うのは彼だけではなかった。

未来編[編集]

世界を滅ぼした”審判の日”から300余年を経た、西暦13800年。

多くの土地が酸の海に没し、ほんのわずかな場所を除いてすべての緑は枯れ果てた。シティ・ギルドで花屋の娘として育てられたスィーは、18歳の誕生日に、自分が最期の王女であることを知る。

メインスタッフ[編集]

声優[編集]

評価[編集]

評価
レビュー結果
媒体結果
ファミ通(PS)26/40[1]
(DC)22/30[2]
Anime News Network(DVD1)D[3]

『エクソダスギルティー・ネオス』はファミ通DCクロスレビューで7、8、7の22点[2]。レビュアーは完成されたシナリオとそれにマッチしたイラスト、新イベントのグラフィックがあまり長くない期間ながら進歩を感じる、オプションが充実している、フルボイス化を賞賛、一方でシナリオ重視であるためストーリーを進めるためのAボタンを押してるだけなのはゲーム性がやや希薄、セールスポイントのマルチタイムザッピングポイントがうまく機能していないように感じるとした[2]

DVDPGVol.1はAnime News Networkではストーリーはすぐ物事が進まず会話が多く、ときにはそれが変にも感じられる、セーブ機能がなく章ごとに再開する必要がある、字幕翻訳が英語のネイティブスピーカーによるものではないように感じ、言葉遣いはいいが文法やスペルに多くの間違いがある他、一部存在する吹き替え部分でも正確に翻訳されていないことを挙げ、良いカバーアート、ストーリーはくどい部分もあるが価格からすれば良いとしてDのスコアを与えた[3]

CD[編集]

エクソダスギルティー オリジナルサウンドトラック[編集]

1999年2月5日、バンダイ・ミュージックエンタテインメントより発売。

  1. 〈世界〉〜伝説・伝承
  2. 危機
  3. 解明
  4. 死、回想
  5. 母なる心
  6. ミスティック・フォレスト
  7. 恐怖
  8. 復活
  9. 〈過去編〉〜胎動
  10. 荒野を行く
  11. 寂しげな街
  12. ウル・アーク
  13. 豪傑
  14. 宣教師
  15. アクア
  16. フレア
  17. クエイク
  18. ウィンディ
  19. 神殿
  20. ジーナ=イー
  21. 〈現代編〉〜変遷
  22. 探索
  23. 静寂
  24. アイ
  25. レイナ
  26. ファントム
  27. トレジャー・ハンター
  28. ホーム
  29. 戦闘
  30. アルゲリーチ
  31. 湖底探索
  32. 〈未来編〉〜終末
  33. 静かな道
  34. ラーライラ
  35. ティティ
  36. ザザン1
  37. ザザン2
  38. レイルル
  39. タツタ
  40. リリィ
  41. 虎牢関
  42. 集落
  43. リリーヌ
  44. 厳格
  45. オープニングテーマ

エクソダスギルティー CDドラマコレクション[編集]

1999年3月25日、パイオニアLDC(現・ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメントジャパン)より発売。

  1. プロローグ
  2. 第1話「それぞれの想い」
  3. 第2話「出会い」
  4. 第3話「タツタ」
  5. 第4話「ザール」
  6. 第5話「遠い願い」
  7. エピローグ
  8. 奇跡の光
    歌:スィー(堀江由衣)&ラーライラ(長沢美樹
  9. スタッフ・キャスト

出典[編集]

  1. ^ エクソダスギルティー まとめ (PS) / ファミ通.com
  2. ^ a b c ファミ通DC2001年7月号 17ページ
  3. ^ a b Exodus Guilty 1 - Review”. Anime News Network (2006年5月6日). 2018年7月24日閲覧。