エグゼモード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エグゼモード株式会社
EXEMODE, INC
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0044
東京都渋谷区円山町3-6
E・スペースタワー6F
設立 2007年10月1日
業種 精密機器
事業内容 デジタル機器・家電製造販売
代表者 小沼卓見(代表取締役社長)
資本金 59,500,000円
決算期 3月31日
主要株主 フリービット株式会社 100%
外部リンク http://www.exemode.com/
テンプレートを表示

エグゼモード株式会社: EXEMODE, INC)は、かつて存在したデジタル家電光学機器メーカーである。

概要[編集]

元々はKFE JAPAN株式会社のデジタル家電、光学機器商品のブランド名として使われていたが、2007年5月にデジタルアプライアンス事業部となり分社化への準備を行い、同年10月1日付けで分社・独立した。

2008年9月、日本国内でのヤシカブランドの使用権を、香港企業のJNCデイタム・テック・インターナショナル社より取得。

2009年3月下旬をめどに、フリービット株式会社がKFE JAPANの保有するエグゼモード株式の一部譲渡を受けて資本・業務提携を行うこと、ならびにフリービットより取締役がエグゼモードへ派遣される計画があることが報道された。また将来フリービットの連結子会社化の可能性も報道された[1]

2009年9月、フリービット株式会社がエグゼモードの全株式をKFE JAPAN株式会社から取得し、9月30日付でフリービットの完全子会社となる[2]

2011年4月、営業本部長だった小沼卓見が代表取締役に交代就任すると同時に[3]、6月までにエグゼモード単体による製品開発と販売事業から撤退し、中国ブランド「aigo」との協業にシフトすると発表[4]。これに伴いヤシカ、アグファ・フォトの販売も終了。

2012年8月1日、同じくフリービットの完全子会社である株式会社ドリーム・トレイン・インターネットに吸収合併され解散。現在は、同社のエグゼモード事業部となっている。

製品[編集]

過去の取り扱い商品

以下の製品を「エグゼモード(EXEMODE)」、「ヤシカ(Yashica/YASHICA)」、「アグファ・フォト(Agfa Photo)」、「アイゴ(aigo)」の4商標で展開していたが2011年6月で「アイゴ(aigo)」を残し撤退(その後アグファ・フォトはジェネラル・イメージング・ジャパンにブランドを譲渡している)。2011年7月以降は、「アイゴ(aigo)」との協業商品のみ展開していた。

エグゼモードのコンデジ

脚注[編集]

  1. ^ 「フリービット、エグゼモードと資本・業務提携」 VENTURE VIEW 2009年2月5日
  2. ^ フリービット、デジタル家電メーカー エグゼモードを完全子会社化, フリービット株式会社 プレスリリース 2009年9月29日
  3. ^ 代表取締役交代のお知らせ プレスリリース 2011年4月20日
  4. ^ エグゼモード、中国「aigo」製品の国内総代理権を取得 デジカメWatch 2011年4月21日