エジプト航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エジプト航空
مصر للطيران
Egypt air logo.jpg
IATA
MS
ICAO
MSR
コールサイン
EGYPTAIR
法人番号 7700150005960 ウィキデータを編集
設立 1932年6月7日(Misr Airworkとして)
ハブ空港 カイロ国際空港
焦点空港

ボルグ・エル・アラブ空港
フルガダ国際空港
ルクソール国際空港

シャルム・エル・シェイク国際空港
マイレージサービス EgyptAir Plus
航空連合 スターアライアンス
保有機材数 67機(26機発注中)
就航地 73都市
親会社 EgyptAir Horlding Company
本拠地 エジプト・アラブ共和国カイロ市
代表者 Sherif Saad Eldin Galal(会長
外部リンク http://www.egyptair.com/
テンプレートを表示

エジプト航空 (えじぷとこうくう、アラビア語: مصر للطيران‎; miṣr liṭ-ṭayarān, 英語: EgyptAir)はエジプトの国営航空会社

概要[編集]

エジプト政府がオーナーのいわゆるフラッグ・キャリアである。アフリカで2番目に大きい航空会社でアラブ航空会社機構の加盟航空会社で創設メンバーである。2007年に75周年を迎えた。機体の垂直尾翼に描かれているのは古代エジプト天空の神ホルスで“安全な飛行を…”との願いが込められている。

航空券の座席予約システム(CRS)は、アマデウスITグループが運営するアマデウスを利用している。 [1] [2]

歴史[編集]

  • 1932年 - カイロを本拠地とする「ミスル・エアワーク」として設立、これは世界で7番目の長い歴史を持つ航空会社である。
  • 1958年 - エジプトとシリアの合併により「アラブ連合航空(ユナイテッド・アラブ航空)」に変更、1961年に両国が分裂したが社名は継続され、1971年現社名に変更した。
  • 1962年 - 日本へ就航開始、日本とアフリカ大陸が初めてダイレクトに結ばれた。[3]
  • 1982年 - アラブ諸国で唯一(エジプトは現在イスラエルと国交を持っている)のイスラエル路線として、カイロ - テルアビブ線の運航を開始した。この路線は他のアラブ国家からの非難を避けるため、子会社のエアシナイを設立し、運航する形態をとっている。(現在は便名の付与と機材のみ残し、エジプト航空による運航)
  • 2003年 - カイロ航空の最大株主となって、同社を実質子会社化した。
  • 2004年 - 貨物航空会社エジプト航空カーゴを、2006年にはコミューター航空会社エジプト航空エクスプレスを子会社として設立した。
  • 2007年10月16日 - 航空連盟のスターアライアンスに加盟することを表明し、2008年7月11日に正式加盟。
  • 2008年5月 - エジプト航空は航空機の新塗装を発表。機体には天空の神ホルスが描かれる。
  • 2009年4月27日 - カイロ国際空港に第3ターミナルがオープンし、スターアライアンス加盟航空会社が集結することになった。
  • 2013年 - 成田国際空港関西国際空港の日本線を運休。
  • 2017年10月29日 - 成田国際空港へ定期便の運航再開[4]

サービス[編集]

エジプトは国教イスラム教と定めているため、機内食では豚肉は使われない。また、アルコール飲料も提供されないが、機内への持ち込みは可能である。国際線、国内線ともにはホルスクラス(ビジネスクラス)、エコノミークラスの2クラス制である。

就航都市[編集]

(2013年7月現在)

保有機材[編集]

2019年9月現在、エジプト航空の機材は以下の通りである。

エジプト航空 運航機材一覧[6]
機材 発注機数 運用機数 座席数 備考
C PY Y Total
エアバスA320-200 4 16 129 145 2019年をめどに退役予定

うち1機はアフリカネイションズカップ2019特別塗装機

エアバスA320neo 15 No Data 2020年度以降導入予定
エアバスA330-200 4 24 244 268 うち1機はスターアライアンス特別塗装機
エアバスA330-300 4 36 265 301
ボーイング 737-800 29 24 120 144 うち1機はスターアライアンス特別塗装機

うち6機はアフリカネイションズカップ2019特別塗装機

うち1機はサッカーエジプト代表特別塗装機

うち1機は設立85周年記念ロゴ特別塗装機

16 138 154
ボーイング 777-300ER 6 49 297 346 うち2機はアフリカネイションズカップ2019特別塗装機
ボーイング 787-9 6 30 279 309
エジプト航空エクスプレス
エアバスA220-300 2 10 15 125 140 中東・北アフリカ地域初のオペレーター
エンブラエル170 10 76 76
エジプト航空カーゴ
エアバスA330-200P2F 2 1 貨物
67 26

事件・事故[編集]

  • 1976年12月25日、ローマ発東京行きの南回り欧州便のエジプト航空864便英語版707-366C/SU-AXA)が、経由地のタイバンコクへの着陸アプローチ中に滑走路手前の織物工場に墜落した。乗員乗客52人全員と地上の19人が死亡。事故原因はパイロットが航法システムを参考にせずに高度を誤認したまま早く降下したためとされたが、運航会社は管制塔が適切な気象情報を提供しなかったと反論した。
  • 1985年23~24日、アテネ国際空港からカイロ国際空港に向かっていた648便ボーイング737–266/SU-AYH)が離陸から10分後に国際テロ組織「アブ・ニダル」の3人にハイジャックされ、当時、アブ・ニダルを支援していたリビアに向かうよう要求した。ハイジャックの目的は、中東問題に対するエジプト政府の姿勢に抗議するためであった。マルタ国際空港に緊急着陸後、エジプトの特殊部隊が貨物室に爆薬を仕掛け爆破し、犯人との銃撃戦の末にハイジャック機を奪還した。しかし、この強行突入策が裏目に出てしまい、多くの乗客が死傷した。最終的に、ハイジャック犯2人を含む60人が死亡。
  • 1999年10月31日、ロサンゼルス国際空港からジョン・F・ケネディ国際空港経由のカイロ国際空港に向かっていた990便ボーイング767-300ER/SU-GAP/愛称:トトメス3世)がニューヨークを出発後に墜落。副操縦士の自殺が考えられる。
炎上したボーイングSU-GBPのコックピット

関連項目[編集]

エジプトの交通

脚注[編集]

  1. ^ 日本発着路線をもつアルテア利用航空会社 (2015年6月現在)” (日本語). 2015年9月26日閲覧。
  2. ^ Airlines using Amadeus” (英語). アマデウスITグループ. 2015年9月27日閲覧。
  3. ^ 1932~1962 「こだわりのエアラインガイド 改訂版」イカロス出版
  4. ^ 成田国際空港では、再開ではなく、新規就航としている
  5. ^ エジプト航空、10月29日から成田/カイロ線の運航を再開 週1便でFlyTeam 2017年6月13日
  6. ^ EGYPTAIR - Fleet” (英語). www.egyptair.com. 2019年10月7日閲覧。
  7. ^ http://aviation-safety.net/photos/displayphoto.php?id=20110729-0&vnr=1&kind=C
  8. ^ エジプト航空のハイジャック犯を逮捕-キプロス外務省 - Bloomberg 2016年3月29日