エジマール・ベルナルデス・ドス・サントス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はベルナルデス第二姓(父方の)はドス・サントスです。
エジマール Football pictogram.svg
名前
本名 エジマール・ベルナルデス・ドス・サントス
Edmar Bernardes dos Santos
カタカナ エジマール
ラテン文字 EDMAR
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1960-01-20) 1960年1月20日(58歳)
出身地 アラシャー
身長 175cm
体重 72kg
選手情報
ポジション FWMF
代表歴
1988 ブラジルの旗 ブラジル 6 (3)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エジマール・ベルナルデス・ドス・サントス(Edmar Bernardes dos Santos、1960年1月20日-)は、ブラジル出身の元サッカー選手。現役時のポジションはフォワード(FW)

来歴[編集]

1980年1987年サンパウロ州選手権得点王、1985年ブラジル全国選手権得点王を獲得。1987年ブラジル代表に選出され、6キャップを記録。1988年にはオリンピック代表として銀メダルを獲得した。直後にイタリアペスカーラに移籍したが、ここでは3シーズンで6ゴールにとどまった。

1994年11月に東北社会人リーグのブランメル仙台(現・ベガルタ仙台)に移籍。1995年1月の全国地域リーグ決勝大会優勝、JFL昇格に貢献した。 ブランメル仙台では、阿部良則とツートップで出場する試合が多かった。しかし、日本人FW(阿部、平聡根子達也)を前線で生かすため、MFに下がり出場した試合もあった。JFL昇格を決めた全国地域リーグ決勝大会最終戦もMFで出場している。

JFLでは、1995年は大半の試合に出場。14点を挙げる活躍をみせたが、チームは勝てず15位と不振だった。翌1996年は、新監督となった佐藤長栄が、リティオッツェなどジェフ市原時代(コーチ)の外国人を3人補強し、戦術も一新。その影響で、背番号をエースストライカーナンバーの9から41に変更させられ、1試合も出番がないままシーズン途中で退団した。

引退後はカレカオーナーを務めるカンピーナスFCの会長に就任。同クラブの株式はカレカが65%、エジマールが35%保有している。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

年度 チーム 背番号 リーグ リーグ戦 天皇杯 地域決勝
1994年 B仙台 9 東北 - - 5試合4得点
1995年 B仙台 9 JFL 27試合14得点 5試合2得点 -
1996年 B仙台 41 JFL 0試合0得点 0試合0得点 -

代表歴[編集]

オリンピックブラジル代表
ブラジル代表 1988
  • 代表通算:6試合出場 3得点