エジン旗桃来空港

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エジン旗桃来空港
IATA: EJN - ICAO: ZBEN
概要
所在地 中華人民共和国の旗 中国 内モンゴル自治区エジン旗
種類 民用
開港 2013年12月17日
標高 935 m
座標 北緯42度0分56秒 東経101度0分2秒 / 北緯42.01556度 東経101.00056度 / 42.01556; 101.00056座標: 北緯42度0分56秒 東経101度0分2秒 / 北緯42.01556度 東経101.00056度 / 42.01556; 101.00056
地図
EJNの位置(中華人民共和国内)
EJN
EJN
EJNの位置(内モンゴル自治区内)
EJN
EJN
滑走路
方向 長さ (m) 表面
2,000 ?
リスト
空港の一覧
テンプレートを表示

エジン旗桃来空港(エジンき とうらいくうこう、中国語: 额济纳旗桃来机场)((IATA: EJNICAO: ZBEN))は、中華人民共和国内モンゴル自治区エジン旗の地方空港[1][2]

2020年の時点での計画上の利用客は8万人とされており、現在進められているおもな建設により、空港飛行区等級中国語版3Cとなっており、滑走路は2000メートル、ターミナル施設は480平方メートルで、2機の駐機場、航空管制施設、給油施設、公共施設が設けられる。2013年12月17日午後2時、アルシャー左旗バヤンホト空港から離陸した新舟60は、エジン旗桃来空港に飛来し、正式に航行した。これによりエジン旗の航空、鉄道、道路の立体交通体系がひと通り作り上げられた[3]

この空港の建設は、アルシャー左旗バヤンホト空港(中国語表記:阿拉善左旗巴彦浩特机场)、アルシャー右旗バダンジリン空港英語版(中国語表記:阿拉善右旗巴丹吉林机场)の建設と一体の事業として2012年8月に着工され、総額3億8950万人民元を投じ、2013年12月17日に3空港が揃って開港した[1]

就航路線[編集]

2018年春の就航路線[4][5]

航空会社就航地
中華人民共和国の旗 幸福航空(JR) アルシャー左旗西安

脚注[編集]

  1. ^ a b 中国首个通勤航空试点项目通航” (Chinese). Xinhua (2013年12月17日). 2014年1月27日閲覧。
  2. ^ 额济纳旗桃来机场正式通航” (Chinese). Ejin Banner (2013年12月18日). 2014年1月27日閲覧。
  3. ^ 额济纳旗桃来机场正式通航_爱游旅行网”. www.asustrip.com. 2017年11月8日閲覧。
  4. ^ 桃来机场航班时刻信息”. ctrip.com. 2018年4月5日閲覧。
  5. ^ かつては、奥凱航空も就航していた。:额济纳旗攻略 外部交通”. 马蜂窝. 2018年4月5日閲覧。

関連項目[編集]