エステルハージ・モーリツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エステルハージ・モーリツ

ガランタ及びフラクノーハンガリー語版伯爵エステルハージ・モーリツハンガリー語: Galántai és fraknói gróf Esterházy Móric, ドイツ語: Moritz Esterházy, 1881年4月27日 - 1960年6月28日)は、ハンガリー貴族政治家

ハンガリーの名門貴族、エステルハージ家の一族として生まれ、1905年にはオーストリア=ハンガリー帝国におけるハンガリー王国の上院議員となっている。第一次世界大戦には義勇兵として従軍している。1917年にはティサ・イシュトヴァーンが解任された後の首相を一時的に務めた(エステルハージ内閣ハンガリー語版)。直後の第三次シャーンドル内閣ハンガリー語版では5ヶ月間無任所大臣を務めている。その後1931年にキリスト教経済社会主義党ハンガリー語版から立候補し、1939年からは国家キリスト教党に移っている。パンツァーファウスト作戦矢十字党政府が成立すると、ドイツ軍に逮捕され、マウトハウゼン強制収容所に収監された。戦後はハンガリーに戻ったが、1956年にはオーストリアに移住している。1960年、ウィーンにて亡くなった。

関連項目[編集]


先代:
ティサ・イシュトヴァーン
ハンガリー王国首相
1917年6月15日 - 8月20日
次代:
ヴェケルレ・シャーンドル