エストニア空軍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エストニア空軍
Eesti Õhuvägi
エストニア空軍紋章
エストニア空軍紋章
創設 1918年1991年
国籍  エストニア
軍種 空軍
上級部隊 エストニア国防軍
主な戦歴 エストニア独立戦争英語版
識別
国籍マーク Roundel of Estonia.svg

エストニア空軍(エストニアくうぐん、エストニア語:Eesti Õhuvägi)はエストニアにおける空軍組織。現在のエストニア空軍は1991年に再設立されたものであり、作戦機は有していない。

概要[編集]

第一次世界大戦後にエストニアが独立すると、それに伴い、空軍も設立された。最初の空軍の設立は1918年11月21日のことである。1930年代には130機の航空機を有していた。その後、ソ連による併合時期やナチス・ドイツに占領されていた時期には空軍を有しておらず、それぞれの国家の部隊がエストニアに駐留、あるいはそれぞれの国家によってエストニア人部隊が編成された。

1991年にソ連より独立すると、12月16日にエストニア空軍も再設立された。装備としては東欧・旧ソ連製のものを継承している。2004年にエストニアは北大西洋条約機構(NATO)に加盟したこともあり、作戦体系を西側のものに変更する必要が生じている。なお、2007年現在、エストニア空軍は練習機軽攻撃機COIN機を兼ねる)と連絡機ヘリコプターのみを有しており、本格的な作戦機は保有していない。そのため、領空警備をNATOに依存している(北大西洋条約機構によるバルト三国の領空警備)。

装備[編集]

航空機[編集]

名称 画像 製造国 種別 現用数 備考
L-39C Estonian Air Force (10) Aero L-39C Albatros.jpg チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア 練習機 2機[1]
M28英語版 Bryza-1R 9925.jpg ポーランドの旗 ポーランド 輸送機 ※調達予定数2機[2]
ロビンソン R44 ES-HRG Robinson R44 Raven I No 1917 City Hall Tallinn 2 August 2013.JPG アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 哨戒/練習ヘリコプター 4機[1] 2機はFLIR装備型[3]

レーダー[編集]

名称 画像 製造国 種別 現用数 備考
AN/TPS-77 RAAF AN-FPS-117 radar in 2007.jpg アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 パッシブ・フェーズドアレイ 1基 ケーラヴェレ英語版に設置[4][5]
VERA-E英語版  チェコ パッシブレーダー英語版
グランドマスター 403英語版 Ground Master 403 (KEVA2010) Kokonaisturvallisuus 2015 01.JPG フランスの旗 フランス アクティブ・フェーズドアレイ 2基
GCA-2020 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 精密進入レーダー英語版 1基 アマリ空軍基地英語版に設置[6]

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b World Air Forces 2018”. Flightglobal Insight (2018年). 2018年1月14日閲覧。
  2. ^ Estonia to replace Soviet-era An-2 aircraft”. janes.com (2015年). 2015年1月4日閲覧。
  3. ^ Archived copy”. 2018年12月16日閲覧。
  4. ^ NATO silmamunad Eestimaa kohal” (エストニア語). www.tehnikamaailm.ee. 2018年1月22日閲覧。
  5. ^ Mobiilsed radarid aitavad ennetada üllatusi” (エストニア語). www.postimees.ee. 2018年1月22日閲覧。
  6. ^ Kaitseministeeriumi majandusaasta aruanne” (エストニア語). www.kmin.ee. 2018年1月31日閲覧。

関連項目[編集]