エストレラ姫路

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エストレラ姫路(―ひめじ、Estrela Himeji)は、兵庫県姫路市を本拠地とするサッカーのクラブチーム。

エストレラ姫路
原語表記 エストレラ姫路
愛称 エスト
クラブカラー     
    
創設年 2000年
所属リーグ 兵庫県社会人サッカーリーグ
所属ディビジョン II部
ホームタウン 兵庫県姫路市
ホームスタジアム エストパーク
運営法人 NPO法人スポーツクラブエストレラ
代表者 樽本直記
監督 樽本直記
公式サイト 公式サイト
■テンプレート(■ノート)サッカークラブPJ
NPO法人スポーツクラブエストレラ
NPO Sports Club Estrela
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
コード 2140005014459
専門分野 スポーツ
設立日 2001年11月1日
代表者 理事長 樽本直記
活動地域 兵庫県姫路市
主な事業 社会教育/まちづくり/学術・文化・芸術・スポーツ/子どもの健全育成
郵便番号 670-0086
事務所 兵庫県姫路市田寺六丁目11-30 2F
関係する組織 エストレラ津田サッカークラブ/エストレラ白鳥サッカークラブ
テンプレートを表示

沿革[編集]

  • 2000年4月 - クラブ設立。
  • 2006年 - 津田サッカークラブ及び白鳥FCと提携に合意。事実上社会人チームを頂点としたピラミッド型組織を形成することになる。
  • 2007年 - U-18チームがクラブにとって初の全国規模の大会となるJユースサハラカップに出場。
    優勝候補であったヴェルディユースを相手に開始直後に先制点を挙げる波乱を演出するが、初戦敗退となった。
  • 2010年 - ジュニアユース(U-15)チームがadidas CUP 2010 日本クラブユースサッカー選手権(U-15)大会に初出場[1][2]。決勝トーナメント進出を果たしベスト16に[3]
  • 2012年 - 将来的なJFL昇格を目指し、運営法人の樽本直記理事長が代表を務める「エストレラ津田サッカークラブ」の社会人チームを移管する形でトップチーム(社会人)を設立。監督にエストレラ1期生の高田博元が就任。しかし、この年のシーズンは兵庫県社会人サッカーリーグI部を10位で終了。前身のエストレラ津田サッカークラブ時代を通じて1989年に兵庫県社会人サッカーリーグに参入以来、クラブ史上初のII部降格が決定。
  • 2013年 - 初参戦となった兵庫県社会人サッカーリーグII部を優勝し一年でI部復帰。
  • 2017年 - 高田博元に代わり、新監督にエストレラフットボール部門センター長兼理事長の樽本直記が就任。兵庫県社会人サッカーリーグI部を9位で終了。

所属選手・スタッフ[編集]

2017年

スタッフ[編集]

役職 名前 前職 備考
監督 日本の旗 樽本直記 エストレラフットボール部門センター長兼理事長
コーチ 日本の旗 太田晃一 パナソニックエナジー洲本サッカー部 選手兼コーチ
コーチ 日本の旗 橋本浩介 エストレラ津田サッカークラブ 選手兼コーチ
トレーナー 日本の旗 毛利圭亮
マネージャー 日本の旗 永井奏子

選手[編集]

Pos No. 選手名 前所属 備考
GK 1 日本の旗 宇治錬 エストレラ姫路FCU-18
12 日本の旗 大島成人 姫路市役所サッカー部
21 日本の旗 溝口和義 エストレラ津田SC
DF 2 日本の旗 中島寛貴 エストレラ津田SCサテライト
3 日本の旗 西坂侑也 甲南大サッカー部
4 日本の旗 末吉厚進 日触姫路サッカー部
6 日本の旗 澤野友輔 BIWAKO S.C HIRA
13 日本の旗 太田晃一 パナソニックエナジー洲本サッカー部
14 日本の旗 下田賢史郎 エストレラ姫路FCU-18
18 日本の旗 上岡隆世 エストレラ津田SC
22 日本の旗 対馬広一 新庄FC
MF 5 日本の旗 田中真 エストレラ津田サッカークラブ
7 日本の旗 名定琢望 神院大サッカー部
8 日本の旗 藤川彩毅 エストレラ津田SC
10 日本の旗 岸根嵩文 エストレラ姫路FCU-18
16 日本の旗 一井淑人 流経大サッカー部
24 日本の旗 三木孝将 姫路獨協大学体育会サッカー部
25 日本の旗 吉田修平 中京大学FC
26 日本の旗 水谷諒 バンディオンセ加古川
FW 9 日本の旗 竹内宏樹 日本触媒姫路サッカー部
11 日本の旗 下田優作 エストレラ姫路FCU-18
20 日本の旗 橋本浩介 エストレラ津田SC
23 日本の旗 野田将 関大サッカー部

戦績[編集]

ユース(U-18)[編集]

Jリーグユース選手権大会[編集]

  • 通算出場:1回
  • 最高成績:初戦敗退(第15回大会、2007年)
年月日 時期 会場 スコア 対戦相手 観客
15 2007年12月9日 1回戦 ヴェルディG 1-2● 東京ヴェルディ1969ユース 220人

ジュニアユース(U-15)[編集]

日本クラブユースサッカー選手権大会[編集]

  • 通算出場:1回
  • 最高成績:ベスト16 (第25回大会、2010年)
年月日 時期 会場 スコア 対戦相手 観客
25 2010年8月15日 1次ラウンド Jヴィレッジ Pitch1 ○2-1 鹿島アントラーズノルテジュニアユース 200人
2010年8月16日 Jヴィレッジ Pitch4 0-2● サンフレッチェ広島ジュニアユース 200人
2010年8月17日 Jヴィレッジ Pitch7 △1-1 ブレイズ熊本 100人
2010年8月19日 ラウンド16 Jヴィレッジ Pitch2 1-5● 清水エスパルスジュニアユース 100人

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]