エス・ピー・エス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 エス・ピー・エス
SPS Co.,Ltd.
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 SPS
本社所在地 日本の旗 日本
960-8151
福島県福島市太平寺字過吹24-1
設立 1982年3月
業種 その他製品
法人番号 3380001000223
事業内容 家庭用ゲームソフトの企画・開発の受託
オリジナル企画開発
アーケードゲームから家庭用ゲームへの移植など
代表者 代表取締役社長 今野智久
資本金 1,000万円
従業員数 4名
外部リンク http://www.sps.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エス・ピー・エスは、福島県福島市に本社を置く主に家庭用ゲームソフトの企画開発移植販売オンラインゲームサーバの運営をしている日本の企業である。

前身は、今野板金工業所の一部門であり、雑誌の投稿プログラムを通じ、シャープから、アプリケーション作成の依頼を受けるようになった。マイコンハウスSPSの名称を使っていた時期もある。社名は、資本としての関係はないものの、シャープに多くの仕事を貰った縁から、シャープ・プログラム・サービスを由来としている。キャリーラボとパートナー関係にあり、相互に自社製品の流通を行うなどしていた。

国産パーソナルコンピュータ黎明期より、ソフトウェアのリリースを行い、代表作である将棋ゲーム『棋太平』は多くの機種に移植され、ぐるっぺではbeep音のみで、時分割による三重和音の実現、そのフロッピー版では単一パッケージならびに同一メディアでPC-8800シリーズMZ-2000/2200X1に対応した形でリリースしている。

オリジナルソフトウェアのリリースが主であったが、80年代後半より、アーケードゲームの移植をはじめ、X68000の初代機の同梱ソフトである『グラディウス』は、その移植の出来に自信を覗かせる発言があったことでも知られる。その後、シャープからリリースされた各社ゲームの移植作品、カプコンコナミが販売元になった一部移植作品等、X68000への移植を多く行い、自社ブランドでも他社作品の移植を多く手がけるようになった。その質については、作品毎に賛否が分かれるものも、オリジナルではなく移植されたものを参考に作られたと思われるものも存在する。

ゲーム以外では、MS-DOSのシステム部分がバンドルできなくなった後に、その代替システムとしてPC-9800シリーズ用のアプリケーションで利用されたOS「MEG-DOS」の開発企業として知られる。

2005年12月1日付けで、ネットビレッジ株式会社と業務の提携を行い、事実上開発業務はNVソフトへは移管する形となっている。2010年9月5日にWebページは大きくリニューアルされ、2007年より新体制になった旨が記されており、主にWebサーバの運用、運営などにシフトした内容に変更された。

沿革[編集]