デランシー・ストリート/エセックス・ストリート駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
デランシー・ストリート/エセックス・ストリート駅
Delancey Street/Essex Street
NYCS-bull-trans-F.svg NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-M.svg NYCS-bull-trans-Z.svg
ニューヨーク市地下鉄乗換駅
Essex-Delancey Streets Stairs SE.JPG
デランシー・ストリート - エセックス・ストリート交差点の南東角にある階段
駅情報
住所 Delancey Street & Essex Street
New York, NY 10002
マンハッタン区
地区 ロウアー・イースト・サイド
ディビジョン BディビジョンBMT/IND
路線 IND6番街線
BMTナッソー・ストリート線
運行系統       F Stops all times (終日)
      J Stops all times (終日)
      M Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      Z Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時・混雑方向)
接続 バスによる輸送 ニューヨーク市バス: M9, M14A, B39
構造 地下駅
駅階数 2層
その他の情報
開業日 1948年7月1日(70年前) (1948-07-01
利用状況
乗客数 (2015)複合駅全体で8,226,975[1]増加 4%
順位 46位(422駅中)

デランシー・ストリート/エセックス・ストリート駅(Delancey Street/Essex Street)はニューヨーク市地下鉄の複合駅であり、BMTナッソー・ストリート線IND6番街線が駅舎を共有している。マンハッタンロウアー・イースト・サイドにあるウィリアムズバーグ橋西側のデランシ-・ストリート - エセックス・ストリート交差点に設けられている。

以下の運行系統が乗り入れている。

線路部分は2階建になっており、上層がBMTナッソー・ストリート線(エセックス・ストリート駅)、下層がIND6番街線(デランシ-・ストリート駅)になっている。IND6番街線ホームの上にメザニンが設けられ、両線の間で乗り換える乗客をさばいている。INDBMTとは元々別会社だったため、1948年7月1日[要出典]まで改札内連絡通路は設けられていなかった。終日営業の出入口がデランシー・ストリートの北側とエセックス・ストリートの両側に設けられている。

駅構造[編集]

G 地上階 出入口
B1 北改札 改札、出入口
相対式ホーム、右側ドアが開く
西行線[註 1] NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-Z.svg ブロード・ストリート駅行き
NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-Z.svg 次の停車駅:バワリー駅
NYCS-bull-trans-M.svg 平日:フォレスト・ヒルズ-71番街駅行き
NYCS-bull-trans-M.svg 次の停車駅:ブロードウェイ-ラファイエット・ストリート駅
中央線[註 1] NYCS-bull-trans-J.svg 平日・深夜帯:ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅行き →
NYCS-bull-trans-M.svg 週末:メトロポリタン・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-Z.svg 夕ラッシュ:ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅行き →
NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-M.svg NYCS-bull-trans-Z.svg 次の停車駅:マーシー・アベニュー駅
島式ホーム、中央線は右側、東行線は左側ドアが開く
東行線[註 1] NYCS-bull-trans-J.svg 週末:ジャマイカ・センター-パーソンズ/アーチャー駅行き →
NYCS-bull-trans-M.svg 平日:メトロポリタン・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-M.svg 次の停車駅:マーシー・アベニュー駅 →
路面電車
路盤
非常口、ロウラインの計画あり
B2 南改札 改札、出入口
B3 相対式ホーム、右側ドアが開く
北行線 NYCS-bull-trans-F.svg ジャマイカ-179丁目駅行き
NYCS-bull-trans-F.svg 次の停車駅:2番街駅
南行線 NYCS-bull-trans-F.svg コニー・アイランド-スティルウェル・アベニュー駅行き →
NYCS-bull-trans-F.svg 次の停車駅:イースト・ブロードウェイ駅
相対式ホーム、右側ドアが開く

出入口[編集]

場所
デランシー・ストリート - エセックス・ストリート交差点 北西角 1
デランシー・ストリート - エセックス・ストリート交差点 南西角 1
デランシー・ストリート - エセックス・ストリート交差点 北東角 2(1つは出場専用HEET自動改札機
デランシー・ストリート - エセックス・ストリート交差点 南東角 2(1つは出場専用HEET自動改札機
デランシー・ストリート - ノーフォーク・ストリート交差点 北西角 1
デランシー・ストリート - ノーフォーク・ストリート交差点 北東角 1

BMTナッソー・ストリート線[編集]

エセックス・ストリート駅
Essex Street
NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-M.svg NYCS-bull-trans-Z.svg
ニューヨーク市地下鉄
Essex Street BMT 9198.JPG
西行ホーム
駅情報
ディビジョン BディビジョンBMT
路線 BMTナッソー・ストリート線
運行系統       J Stops all times (終日)
      M Stops all times except late nights (深夜帯以外)
      Z Stops rush hours in peak direction only (ラッシュ時・混雑方向)
ホーム数 島式ホーム 1面
対面乗り換え(東行のみ)
相対式ホーム 1面
線路数 3線
その他の情報
開業日 1908年9月16日(110年前) (1908-09-16[2]
旧駅名/名称 デランシー・ストリート駅
Delancey Street
次の停車駅
北側の隣駅 マーシー・アベニュー駅: J Stops all times Z Stops rush hours in peak direction only
ブロードウェイ-ラファイエット・ストリート駅: M Stops weekdays only
南側の隣駅 バワリー駅: J Stops all times Z Stops rush hours in peak direction only
マーシー・アベニュー駅: M Stops all times except late nights

BMTナッソー・ストリート線エセックス・ストリート駅(Essex Street)は島式ホームおよび相対式ホームを各1面と3線を有する地下駅である。1913年まではデランシー・ストリート直下に位置しながらデランシー・ストリート駅と呼ばれていた。相対式ホームにウィリアムズバーグ橋方面から来る列車が停車し、他の2線は島式ホームを使用する。中央の線路は以前は混雑方向用急行線だったが、現在は平日および深夜のウィリアムズバーグ橋経由南行J・Z系統と週末のM系統区間列車が使用している。

2004年の構内配線見直しで、旧北行緩行線は営業運転から外された。それ以降、この北行緩行線は2010年まで臨時にチェンバーズ・ストリート駅からの転線に使われただけである。1976年から2010年までの間は、当駅からブロードウェイ-ラファイエット・ストリート駅までのクリスティー・ストリート連絡線を走行する定期列車はなかった。2010年6月に、M系統IND6番街線経由でフォレスト・ヒルズ-71番街駅方面へ経路が変更された際に、平日に限り使用を再開した。2014年には週末のM系統が当駅まで延長され、中央線で折り返す。それ以外の時間帯は、J・Z系統が中央線を使用する。

ギャラリー[編集]

IND6番街線[編集]

デランシー・ストリート駅
Delancey Street
NYCS-bull-trans-F.svg
ニューヨーク市地下鉄
Delancey Street F- Uptown Platform.jpg
駅情報
ディビジョン BディビジョンIND
路線 IND6番街線
運行系統       F Stops all times (終日)
ホーム数 相対式ホーム 2面
線路数 2線
その他の情報
開業日 1936年1月1日(83年前) (1936-01-01
次の停車駅
北側の隣駅 2番街駅: F Stops all times
南側の隣駅 イースト・ブロードウェイ駅: F Stops all times

IND6番街線デランシー・ストリート駅(Delancey Street)は相対式ホーム2面2線の駅である。デランシー・ストリート南側に時間営業の改札があり、通りに出る階段が2本設けられている。IND6番街線の上を直交しているBMTナッソー・ストリート線との間は、ホーム上連絡通路を介して繋がっている。以前は駅北側のリビングトン・ストリートと南側のブルーム・ストリートにも改札があり、それぞれに6本ずつ階段があって通りに出ることができたが、現在はすべて撤去されている。リビングトン・ストリート - エセックス・ストリート交差点 南東角の階段だけは残っているが、物置として使われている。この階段はエセックス・ストリート市場の建屋裏にあるのですぐ見つけることができる。ホーム壁面には黒で縁取りされた紫のタイル帯が施されている。駅名標は開業当時のもののレプリカが取り付けられている。最近の駅構内修繕工事の慣例からは外れているが、ホームの柱には1本おきに大きな "D" の銘板が取り付けられている。

2004年に2つのアートワークが設置された。どちらもMing Fayが制作したもので、ダウンタウン側にShad Crossingが、アップタウン側にDelancey Orchardが、それぞれ設置された。

ギャラリー[編集]


脚注[編集]

[ヘルプ]

備考[編集]

  1. ^ a b c NYCS-bull-trans-J.svg NYCS-bull-trans-Z.svg 系統 とNYCS-bull-trans-M.svg 系統は進行方向は同じでも路線案内上の方向は逆になる。

出典[編集]

  1. ^ Facts and Figures: Annual Subway Ridership”. Metropolitan Transportation Authority. 2016年4月19日閲覧。
  2. ^ New York Times, Mayor Runs a Train Over New Bridge, September 17, 1908, page 16

Subway station:

Trolley terminal: