エターナリー (チャールズ・チャップリンの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

エターナリー」(Eternally)は、チャールズ・チャップリン監督・主演による1952年公開の映画『ライムライト』の主題歌。チャップリンの自作曲で、作詞はジェフリー・パーソンズ英語版ジョン・ターナー英語版。第45回アカデミー作曲賞を受賞した。「テリーのテーマ」(Terry's Theme )の別称もある。チャップリンはニューヨーク・シティ・バレエ団のスターのアンドレ・エグレフスキーメリッサ・ヘイドンにこの曲がバレエに合うかを相談したところ、2人は曲に惚れ込んで、映画でのバレエの振り付けや出演に加わった[1]1975年にチャップリンがナイトに叙された時にも流された[2]

カバーをした主なアーティスト[編集]

ほか

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大野裕之 『チャップリン再入門』 日本放送出版協会2005年4月10日ISBN 4-14-088141-0。 p.166
  2. ^ おんがく日めくり 4月16日 - YAMAHA株式会社