エッグボックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社エッグボックス
Egg Box COPORATION
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 VIVACE
本社所在地 日本の旗 日本
474-0053
愛知県大府市柊山町1-98
リソラ大府ショッピングテラス
本店所在地 456-0027
愛知県名古屋市熱田区旗屋1-6-10
設立 1980年12月
(株式会社大王振興)
業種 サービス業
法人番号 5120001124970
事業内容 アミューズメント施設運営
代表者 破産管財人 井上裕介[1]
資本金 3億3990万円
従業員数 19名
決算期 3月31日
テンプレートを表示

株式会社エッグボックス(Egg Box COPORATION)は、かつてアミューズメント施設を手がけていた日本の企業。

概要[編集]

1980年12月に神戸市で設立。近畿地方を中心に「VIVACE(ビバーチ)」の屋号でショッピングセンターやロードサイドを中心にアミューズメント施設を展開し、若年層を中心に人気を集めた[2]。また、日本アミューズメント産業協会にも加盟していた。1985年に株式会社セガ・エンタープライゼス(後のセガゲームス)と資本提携。

1996年3月に、同じセガグループであるトムス・エンタテインメントの完全子会社となったが、2006年4月に経営陣によるマネジメント・バイアウトにより、セガサミーグループを離脱[3]。その後は愛知県山口県にも出店し、2009年3月期の売上は約16億4000万円をマークした[2]

しかし、オンラインゲームスマートフォンゲームの台頭により業績が悪化。2018年3月期の売上は約7億3000万円にまで落ち込み[2][4]、2018年3月決算においても1億1072万円の最終赤字を計上した[5]

年商に匹敵する借入負担もあり、今後の経営は困難として、2019年1月7日に全5店舗を閉鎖して事業停止。事後処理を弁護士に一任[2][4]。同年2月8日に名古屋地方裁判所から破産手続開始決定を受けた[1]

最後まで営業していた5店舗の内、2店舗は同業者が引き継ぎ、大府店の跡地はは2019年7月にバンダイナムコアミューズメントが「ナムコあそびパーク大府店」として再オープンした他、松江店の跡地も同年8月にアミパラが、「アミパラ松江店」として再オープンした。

沿革[編集]

事業停止時点で運営していた店舗[編集]

バンダイナムコアミューズメントの店舗となった店舗
アミパラの店舗となった店舗
  • VIVACE松江店 - 島根県松江市 - 2019年8月に「アミパラ松江店」として開業。
その他の店舗

脚注[編集]

  • エッグボックス - 企業公式サイト(2018年8月30日時点でのウェイバックマシンのキャッシュ)
  • VIVACE - 運営店舗公式サイト(2019年1月9日時点でのウェイバックマシンのキャッシュ)