エティエンヌ・バリバール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エティエンヌ・バリバール

エティエンヌ・バリバールÉtienne Balibar, 1942年4月23日-)は、フランス思想家哲学者

ヨンヌ県アヴァロン出身。フランス高等師範学校卒業。ルイ・アルチュセールの教え子。女優ジャンヌ・バリバールは娘で、彼女の元夫は俳優のマチュー・アマルリック津田塾大学教授・同大学総合政策学部長の萱野稔人は、パリ第10大学における教え子。

邦訳著書[編集]

単著[編集]

  • 水嶋一憲訳『スピノザと政治』(水声社, 2011年)
  • 堅田研一=澤里岳史訳『真理の場所/真理の名前』(法政大学出版局, 2008年)
  • 松葉祥一=亀井大輔訳『ヨーロッパ市民とは誰か――境界・国家・民衆』(平凡社, 2008年)
  • 大中一彌訳『ヨーロッパ、アメリカ、戦争――ヨーロッパの媒介について』(平凡社, 2006年)
  • 松葉洋一訳『市民権の哲学――民主主義における文化と政治』(青土社, 2000年)
  • 杉山吉弘訳『マルクスの哲学』(法政大学出版局, 1995年)
  • 福井和美編訳『ルイ・アルチュセール――終わりなき切断のために』(藤原書店, 1994年)
  • 『史的唯物論研究』(新評論, 1979年)
  • 加藤晴久訳『プロレタリア独裁とはなにか』(新評論, 1978年)

共著[編集]