エディス・タトリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
エディス・タトリ
Edis Tatli at Weigh-in.jpg
基本情報
本名 エディス・タトリ
階級 ライト級
身長 175cm
国籍 フィンランドの旗 フィンランド
誕生日 1987年8月13日(27歳)
出身地 コソボの旗 コソボプリズレン
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 24
勝ち 23
KO勝ち 7
敗け 1
テンプレートを表示

エディス・タトリEdis Tatli、男性、1987年8月13日 - )は、フィンランドプロボクサーコソボプリズレン出身。プロモーターはP3・ボクシング・オイ所属。技巧派選手。

来歴[編集]

2007年10月22日、ヘルシンキヘルシンキ・オリンピックスタジアムでムハンマド・アリ・シェリフと対戦し、3-0(39-37、40-37、40-37)の判定勝ちを収めデビュー戦を白星で飾った。

2008年8月30日、タンペレでイディオサン・マトスと対戦し、3-0(60-54、60-54、60-56)の判定勝ちを収めた。

2009年12月12日、エスポーでニコライ・ヤセンコと対戦し、初回40秒TKO勝ちを収めた。

2010年11月27日、ヘルシンキハートウォールアリーナでアサン・ユセイノフと対戦し、ユセイノフの6回終了時棄権により勝利を収めた。

2011年12月3日、ヘルシンキハートウォールアリーナでパスカル・ディ・シルビオと対戦し、3-0(100-90、100-92、98-93)の判定勝ちを収めた。

2012年3月31日、タンペレでサルフォ・タイソンと対戦し、初回1分35秒TKO勝ちを収めた。

2012年12月8日、エスポーでパオロ・ガッサーニとEBUヨーロッパ連合ライト級王座決定戦を行い、初回1分26秒TKO勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年3月9日、エスポーWBAインターコンチネンタルライト級王者フェリックス・ローラと対戦し、3-0(117-110、116-112、119-111)の判定勝ちを収め王座獲得に成功した。

2013年12月7日、元IBF世界スーパーフェザー級王者でWBA世界フェザー級10位のムゾンケ・ファナと対戦し、3-0(118-110、118-110、117-111)の判定勝ちを収めWBAインターコンチネンタルライト級王座の初防衛に成功した。

2014年5月9日、ヘルシンキヘルシンキ・ウルヘイル・タロでアントニオ・デ・ビティスと対戦し、8回1秒TKO勝ちを収めWBAインターコンチネンタルライト級王座の2度目の防衛に成功した。

2014年9月20日、ヘルシンキハートウォールアリーナWBA世界ライト級王者リカルド・アブリルと対戦し、0-2(114-114、112-116、111-117)の判定負けを喫し王座獲得に失敗した[1]。フィンランドでフィンランド人の世界戦(外国人の世界戦は何度か行われている)が行われるのは1962年8月12日にヘルシンキ・オリンピックスタジアムでオッリ・マキがデビー・ムーアに挑戦して以来であった。

2015年1月24日、ヘルシンキでオレグス・ビルカンズと対戦し、初回40秒TKO勝ちを収め再起に成功した。

獲得タイトル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ アブリルがフィンランドで防衛、ナルバエスV11 Boxing News(ボクシングニュース) 2014年9月21日