エディ・エドワーズ (プロレスラー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エディ・エドワーズ
Eddie Edwards at Smash 2015.jpg
プロフィール
リングネーム エディ・エドワーズ
ニックネーム ダイ・ハード
クラッシャー
青い目のノア戦士
身長 183cm
体重 97kg
誕生日 (1983-12-30) 1983年12月30日(36歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
マサチューセッツ州ボストン
所属 インパクト・レスリング
トレーナー キラー・コワルスキー
小川良成
本田多聞
小橋建太
秋山準
田上明
三沢光晴
デビュー 2002年
テンプレートを表示

エディ・エドワーズEddie Edwards1983年12月30日 - )は、アメリカ合衆国の男性プロレスラーである。マサチューセッツ州ボストン出身。

ダイ・ハードDie Hard[1]のニックネームで知られる。

来歴[編集]

2002年に米国でプロデビュー。プロレスリングZERO-ONEに海外選手として参戦を経て、2005年5月にノアの練習生となる。9月にノアマットで再デビューした。その後、故郷である米国に活動拠点を置くためにノアとの所属契約をフリー参戦契約に変更。2006年4月にノアに再び参戦。同年11月には、ノアでの初勝利をあげた。

2006年12月22日にはアメリカのROHに登場。

2007年にはテッド・デビアス・ジュニアとのタッグで、ノアのグローバル・ハードコア・クラウン無差別級選手権に挑戦した。

2008年6月21日に行われたノアのイギリス大会に参戦し、ブライアン・ダニエルソンと組み、GHCジュニアヘビー級タッグ王者KENTA&石森太二組に挑戦、敗北。さらに7月の日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦では、リッキー・マルビンと組んで出場するが、優勝戦線に絡めずに終わる。11月28日に新潟市体育館大会でGHCジュニアヘビー級王者のKENTAに挑戦し敗北した。

2009年4月、デイビー・リチャーズとのタッグチーム、アメリカン・ウルブズを結成してROHタッグ王者となる。7月にノアで行われた日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦では、前年同様のマルビンとのタッグで出場し、Bブロックを2位通過したが、決勝トーナメントで青木篤志&飯伏幸太組に敗れ、決勝戦進出ならずベスト4止まりとなった。

2010年6月、ROHで新設されたROH世界TV王座の初代王者となる。同年10月、ノアの第4回日テレ杯争奪ジュニアヘビー級タッグリーグ戦に新しいパートナーロデリック・ストロングとタッグを組んで出場。決勝戦ではKENTA&青木篤志組に敗れたものの素晴らしい活躍を見せた。

2011年1月、鈴木鼓太郎の保持するGHCジュニアヘビー級王座に挑戦、惜敗した。

2012年4月、ノアのグローバル・タッグ・リーグ戦2012にコルト"BOOM BOOM"カバナと組んで、ROH代表コンビとして出場[2]

2014年1月、デイビー・リチャーズと共にTNAと契約して入団。ジ・ウルブスThe Wolves)のタッグ名で活動を開始。
TNAと提携を結んでいるWRESTLE-1へデイビー・リチャーズと共に参戦を果たす。

2017年3月、プロレスリング・ノアに再び参戦。8月26日に後楽園ホールで行われたGHCヘビー級選手権試合では三沢光晴のタイガードライバー、小橋健太の逆水平チョップ、田上明のダイナミックボム、秋山準のブルーサンダー、鉄柵越えのダイブ、エプロンでのデンジャラスなスープレックスなど、古のノアを髣髴させる試合運びであり、最終的に4の字式エメラルド・フロウジョンで勝利。記録は25分41秒に片エビ固め。29代王者となる。生きていればおそらく外国人初のGHCヘビー級王者になってたであろうかけがえのない先輩であるバイソン・スミスの分まで戦い、その上で収めた勝利であった。試合後、挑戦表明してきた丸藤正道にお辞儀と握手で敬意を表しながら受諾した[3]

得意技[編集]

ダイビングフット・スタンプ

フィニッシュ・ホールド[編集]

ダイ・ハード
相手の足を4の字にクロスさせてのフィッシャーマン・バスター。
技名をワカラナイ・バスター、フィギュア・フォー・ブレーンバスターと使っていた時期がある。
ダイ・ハード・フロウジョン
ダイ・ハードとエメラルド・フロウジョンの複合技。
ボストン・ニー・パーティー
ランニング・ニー・バット
自身が相手に向い助走して相手の顔面や胸板にニー・バットを決める。カウンターで相手に決めるタイプと延髄に決めるバリエーションもある。
シャイニング・ウィザード
相手が座っている状態でスライディングで撃ち抜くバージョンも使用する。
タイガー・ドライバー
リバースフルネルソンの体勢から相手を持ち上げ、一旦手を離して相手を空中で回転させ、同時に自らも開脚ジャンプし、尻餅をつくように着地して相手を背中から叩きつける。
派生技も多く、トップロープの上からの雪崩式で見舞うタイガー・ドライバー2001、エプロンから場外に叩きつけ断崖式タイガー・ドライバー等がある。

打撃技[編集]

エルボー
ローリング・エルボー
エルボー・スタンプ
クローズライン
バックハンド・チョップ
逆水平チョップで主に打撃の応酬時に使用。切れ味鋭く、衝撃音もすさまじい。マシンガンチョップも使用。
ドロップキック
スーパーキック
延髄斬り
ダブル・フット・スタンプ
ダイビング・ダブル・フット・スタンプ
シャイニング・ウィザード

投げ技[編集]

スープレックス
スーパープレックス
パワーボム
ブルー・サンダー
相手の背後に回り込んで背中の方から相手の脇に頭を潜り込んで相手の体を肩の高さまで持ち上げて180度水平旋回させて自身の両足のへ叩きつける。
チン・チェッカー
コーナーに乗せた相手をおんぶするようにした状態から、相手の顎を自らの頭頂部に固定、さらに足と首を掴んで逃げられないようにしてから尻餅をついてダメージを与える。
バックパック・スタナーとも呼ぶ。
DDT
通常、エプロンサイドで放つバージョン等を使用。
フランケンシュタイナー

関節技[編集]

アキレスロック
ボストン
シングル・ボストンクラブ
フィギュア・フォー・レッグロック

飛び技[編集]

ライオンサルト
トペ・スイシーダ

フォール技[編集]

スクールボーイ
バックスライド
スモール・パッケージホールド
ジャックナイフホールド

タイトル歴[編集]

2CWタッグ王座
インパクト・レスリング
ROH
w / デイビー・リチャーズ
プロレスリング・ノア
w / ロデリック・ストロング

脚注[編集]

  1. ^ ノア参戦時、リングコールで「"ダイ・ハード"エディ・エドワーズ」とコールされることが多い。
  2. ^ エディー・エドワーズ選手&コルト・カバナ選手からのコメント|プロレスリング・ノア公式サイト2012年3月30日閲覧
  3. ^ 週刊プロレス2017年9月13日号pp.23-27.