エディ・オフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エディ・オフォード
Eddie Offord
出生名 Eddie Offord
出身地 イングランドの旗 イングランド
ジャンル プログレッシブ・ロック
ロック
職業 プロデューサー / エンジニア
活動期間 1970年 -
共同作業者 エマーソン・レイク・アンド・パーマー
イエス

エディ・オフォードEddie Offord)は、イギリス出身の音楽プロデューサーレコーディング・エンジニアである。イエスエマーソン・レイク・アンド・パーマーなどのプログレッシブ・ロックを1970年代初頭から主に手がけてきた。

来歴[編集]

大学では薬学を専攻していたが、エンジニアの道に転じた。ロンドンの「Advision Studios」などでキャリアをスタートさせ、パット・アーノルド、テイスト、テリー・リードなども手がけているが、レコード原盤制作で最も有名な実績は、全盛期のエマーソン・レイク・アンド・パーマーイエスの両グループで共同プロデュースとエンジニアリングを務めたことなどがある。

エディ・オフォードの技能で目立つのは、磁気テープの編集作業において卓越したアイデアと技術を有している部分で、テープ編集によって楽曲の構成を再構築するだけではなく、マルチトラック・テープに記録された別テイクのパートをマルチトラック・テープ間を超越させた移動を含む編集など、レコーディング・スタジオ機材を楽器同様、自由自在に扱う面などがある。特にそのテープ編集技術はイエスの一連作品で著しい業績を上げていて、その技術自体が、アルバム『こわれもの』、『危機』、『海洋地形学の物語』に収録されている長尺曲を制作する手段のひとつとして、イエスの音楽性に影響を与えた部分が多く、エディが6人目のイエスと称された所以である。

1999年、エディはミュージック・ビジネスから引退。その理由について、イエスのファンサイトにてエディのインタビューが掲載されている[1]。その中の彼の言葉では、「音楽はもはや私の人生の中では大きな部分を占めていない」といったことが語られている。なお、エディは現在、南カリフォルニアで暮らしている。

エピソード[編集]

エマーソン・レイク・アンド・パーマーのアルバム『タルカス』に収録されている曲「アー・ユー・レディ・エディ (Are You Ready Eddy?)」はエディを題材にした曲である。

関連作品[編集]

アーティスト名 作品名 原題 発売年 担当
エマーソン・レイク・アンド・パーマー エマーソン・レイク・アンド・パーマー Emerson, Lake & Palmer 1970 エンジニア
タルカス Tarkus 1971
展覧会の絵 Pictures at an Exhibition 1971
トリロジー Trilogy 1972
イエス 時間と言葉 Time and a Word 1970 エンジニア
イエス・サード・アルバム The Yes Album 1971 プロデュース、エンジニア
こわれもの Fragile 1971 プロデュース、エンジニア
危機 Close to the Edge 1972 プロデュース、エンジニア
イエスソングス Yessongs 1973 プロデュース、エンジニア
海洋地形学の物語 Tales from Topographic Oceans 1973 プロデュース、エンジニア
リレイヤー Relayer 1974 プロデュース、エンジニア
ドラマ Drama 1980 共同プロデュース
結晶 Union 1991 共同プロデュース
リヴォン・ヘルム & RCOオールスターズ リヴォン・ヘルム & RCOオールスターズ Levon Helm & RCO All Stars 1977 エンジニア
テイスト オン・ザ・ボード On the Boards 1970 エンジニア
ロリー・ギャラガー ロリー・ギャラガー Rory Gallagher 1971 エンジニア
スティーヴ・ハウ ビギニングス Beginnings 1975 共同プロデュース
デヴィッド・サンシャス True Stories True Stories 1978 共同プロデュース、エンジニア
Just As I Thought Just As I Thought 1979
ザ・ドレッグス インダストリー・スタンダード Industry Standard 1982 共同プロデュース
パラス ザ・センティネル The Sentinel 1984
311 ミュージック Music 1993
グラスルーツ Grassroots 1994
ナショナル・ヘッド・バンド アルバート 1 Albert 1 1971

その他には、T.Lavitz (元・The Dregs) のソロ・アルバムや、アメリカのプログレ・バンド Art in America のアルバムにおいてもプロデューサーとしてクレジットされている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 「Notes From the Edge - Conversation with Eddy Offord [NFTE #234]」にて公開