エディ・コスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エディ・コスタ
出生名 Eddie Costa
生誕 1930年8月14日
出身地 アメリカ合衆国の旗 ペンシルベニア州アトラス
死没 1962年7月28日
ジャンル ビバップ
職業 ピアニストヴァイブ奏者
担当楽器 ピアノヴィブラフォン
レーベル ヴァーヴ・レコード
著名使用楽器
ピアノヴィブラフォン

エディ・コスタEddie Costa, 1930年8月14日 - 1962年7月28日)はアメリカ合衆国ジャズピアニストならびにヴァイブ奏者。タル・ファーロウの演奏パートナーとしてしばしば言及される。ペンシルベニア州ノーサンバーランド郡アトラス(マウント・カーメル近郊)の出身 [1]

1957年に、フィル・ウッズアート・ファーマー、テディ・コティック、ポール・モチアンとの五重奏で初録音を行う。この最初のアルバム『エディ・コスタ・クインテット』は、《時さえ忘れて》や、デイヴ・ブルーベック作曲の今なお斬新な《イン・ユア・オウン・スウィート・ウェイ》の解釈で名高い。後者では、ウッズがピアノを担当し、コスタのヴァイブとファーマーの弱音器つきトランペットを際立たせている。2枚目のアルバム『ガイズ・アンド・ドールズ・ライク・ヴァイブズ』はビル・エヴァンスとの共演で録音された(現在ではCD化にあたって『ビル・エヴァンス・アンド・エディ・コスタ』に改名されている)。1962年7月下旬にニューヨーク州のウェストサイド・ハイウェイにおいて自動車事故のために夭折した。

註釈[編集]

  1. ^ Allmusic