エディ・ダニエルズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エディ・ダニエルズ
Eddie Daniels
Eddie Daniels.jpg
ジャズ・クラリネットを演奏するエディ・ダニエルズ(2007年9月14日、ニューヘイブンでのコンサート)
基本情報
生誕 (1941-10-19) 1941年10月19日(77歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
担当楽器 クラリネット、テナー・サックス

エディ・ダニエルズ(Eddie Daniels、1941年10月19日 - )は、アメリカニューヨーク出身のリード楽器演奏家。主にジャズのクラリネット・プレイヤーとして知られるが、アルトおよびテナー・サクソフォーンも演奏する。

略歴[編集]

ダニエルズはルーマニアからの移民である母親から、ニューヨークのユダヤ人一家の一員として生まれ、ブルックリンのブライトンビーチ近くで育てられた。ティーンエイジャーの頃にレコードを聴いて、フランク・シナトラのような歌手の伴奏をする演奏家に心を打たれ、ジャズに興味を持つようになった。初めて触れた楽器はアルト・サクソフォーンで、15歳でニューポート・ジャズフェスティバルの青少年コンテスト部門に出演した。また、カレッジ入校の頃にはクラリネットも演奏するようになっていた。

その後、サド・ジョーンズとの協演など、様々なバンドや小グループあるいはオーケストラの演奏旅行や録音に参加し、幾度となくテレビにも出演したが、1980年代以降、40歳を過ぎてからは主にクラリネットに傾注し、1989年にはロジャー・ケラウェイ英語版編曲による『Memos from Paradise』の演奏でグラミー賞を獲得した。

2000年代には、ゴードン・グッドウィン英語版率いるビッグ・ファット・バンド英語版の1枚目のアルバム『Swingin' for the Fences』(2001年)にゲスト・プレイヤーとして参加、2枚目のアルバム『XXL』(2003年)でグッドウィン編曲によるモーツァルト交響曲第40番で、3枚目のアルバム『The Phat Pack』(2006年)においては「"Under The Wire"」でフィーチュアされソロをとった。

2009年、スイス人作曲家でサクソフォーン奏者のダニエル・シュナイダーによって、ダニエルズのために『クラリネットとオーケストラのための協奏曲 ”MATRIX 21”』が作曲、献呈された。この作品はローザンヌ室内管弦楽団の委嘱によるもので、2010年1月に芸術監督クリスティアン・ツァハリアスの指揮により世界初演された。アメリカでは2010年7月18日、クレステッド・ビュッテ音楽祭(the Crested Butte Music Festival)において音楽監督イェンス・ゲオルク・バッハマンの指揮で初演された。

ディスコグラフィ[編集]

協演者としてはサド・ジョーンズのほか、ゲイリー・バートンマルグリュー・ミラー英語版ローランド・ハナ英語版リチャード・デイヴィス英語版らが挙げられる。日本人ミュージシャンでは日野皓正菊地雅章らとのレコーディングがあり、1991年にはブルーノート東京に来演している。

参考文献[編集]

  • 『ジャズ管楽器 : バリトン・サックス/ソプラノ・サックス/クラリネット/フルート/トロンボーン他』 ジャズ批評編集部編、松坂〈ジャズ批評ブックス〉、2002年、72-73頁。ISBN 4-915557-12-X。
  • 岩浪洋三 『モダンジャズの名演・名盤』 立風書房、1995年、195-197頁。ISBN 4651820239。