エドゥアルト・フォン・トル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エドゥアルト・グスタフ・フォン・トル
ザーリャ号
ザーリャ号の隊員

エドゥアルト・グスタフ・フォン・トル(Eduard Gustav von Toll、ロシア語表記;Эдуард Васильевич Толль、1858年3月14日 - 1902年)はバルト・ドイツ人探検家である。

略歴[編集]

現在のエストニアタリンの貴族の家に生まれた。10歳で父親が没した。1872年に家族はタルトゥ(ドルパット)に移った。1877年にタルトゥ大学に入学し、鉱物学を学ぶが2ヶ月で退校し、翌年、医学部に移った。1880年から動物学を学ぶことにした。最初の探検は、北アフリカの海岸を旅し、アルジェリアバレアレス諸島の動植物や地質を研究し、タルトゥに戻り、1882年に動物学の学位を得た。

トルの活動は地質学者、探検家のフリードリッヒ・カール・シュミットサンクトペテルブルク科学アカデミーの仕事で、イルクーツクで科学調査を行っていたアレクサンダー・フォン・ブンゲに注目され、ブンゲの探検に加わることになった。1885年からノヴォシビルスク諸島ヤナ川流域を調査し、多くの化石標本を収集した。この探検の間に、1810年頃、探検家のヤコフ・サンニコフマトヴェイ・ゲデンシュトロムが目撃したというサンニコフ島(後に存在しないことが判明する)の話に強い興味を持つことになった。1893年からヤクート地域の地理学的探検を率い2年間にわたり、4,200 kmの水路を含む25,000 kmを踏破し、地図を作成し、この業績からサンクトペテルブルク科学アカデミーのニコライ・プルジェヴァリスキー銀メダル(N.M. Przhevalsky Large Silver Medal)を受賞した。

1900年からトルはサンクトペテルブルク科学アカデミーのザーリャ号による北極海探検を率いた。目的のひとつはサンニコフ島を探索することであった。タイミル半島コテリヌイ島近海で越冬するとともに、水路学、地理学、地質学的な調査を行った。より北方を目指したが船は厳しい氷海に阻まれて進めなかったが、1901年9月からベネット島での調査を行った。その後ベリコフスキー島を調査した後、1902年6月に、トルら3人の隊員はソリでベネット島に渡った。隊員の回収のための船はベネット島に近づけなかったので、打ち合わせにより船はティクシに戻り、11月にソリでベネット島を出発したトルらを待ったがトルたちは行方不明となった。1903年に大規模な救援隊がベネット島を捜索をおこなったが、生存者も死体も発見できなかった。

没後、ノヴァヤゼムリャの山の名前などに、トルの業績を記念してトルの名前が付けられた。

関連項目[編集]

参考文献[編集]