エドゥアルト・フォン・マルテンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Eduard von Martens, c. 1901

エドゥアルト・フォン・マルテンス(Carl Eduard von Martens 、1831年4月18日 - 1904年8月14日)はドイツの海洋生物を専門とする動物学者である.[1]

略歴[編集]

シュトゥットガルトで生まれた。父親は法律家で、博物学のコレクターとしても知られる、ゲオルク・マティアス・フォン・マルテンス(Georg Matthias von Martens)である。テュービンゲン大学で医学を学び、1855年に卒業し、ベルリン大学教授のヨハネス・ペーター・ミュラーのノルウエーの海洋探検の助手を務めた[2]。ベルリン動物学博物館の職員となり、没するまで動物学博物館で働いた。貝類、無脊椎動物の学芸員を務めた。1860年にプロイセン政府によるThetis号の極東海洋調査航海に参加し、その後15ヶ月間にわたる東南アジアの海域での生物調査を行った[3]。この調査の記録は1878年から、Die Prussian Expedition nach Ost-Asien, Zoologyとして発表された。

200に及ぶ科学論文を執筆し、155の新しい属と約1800の新種の軟体動物の記載を行った。1872年にロストック大学から名誉博士号を受け、1899年にプロイセン政府から、「枢密顧問官」の称号を与えられた。1899年にロンドン・リンネ協会の会員となった。

アコヤガイPinctada fucata martensii)など多くの種の学名に献名されている。

著作[編集]

著作リストはドイツ語版wikipediaを参照

参考文献[編集]

  1. ^ Alan R. Kabat & Kenneth J. Boss (1997). Karl Eduard von Martens (1831-1904). His Life and Works. Harvard University Press. 
  2. ^ Albert Günther (1904). “Carl Eduard von Martens”. Proceedings of the Linnean Society of London 117: 43–45. http://www.biodiversitylibrary.org/item/35159#page/225/mode/1up. 
  3. ^ W. Kobelt (1905). “Zwei Nachrufe [Two obituaries]” (German). Nachrichtsblatt der Deutschen Malakozoologischen Gesellschaft 37: 1–10. http://archive.org/stream/nachrichtsblattd3738190516deut#page/n17/mode/2up.