エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はアントゥネス第二姓(父方の)はコインブラです。
エドゥ Football pictogram.svg
Edu Coimbra.JPG
名前
本名 エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ
Eduardo Antunes Coimbra
ラテン文字 EDU
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1947-02-05) 1947年2月5日(74歳)
出身地 リオデジャネイロ
選手情報
ポジション MF / FW
代表歴
1967-1974 ブラジルの旗 ブラジル 2 (0)
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エドゥ (Edu) こと、エドゥアルド・アントゥネス・コインブラ(Eduardo Antunes Coimbra, 1947年2月5日 - )はブラジル出身のサッカー選手指導者

同国出身の伝説的選手、ジーコの実兄。

経歴・人物[編集]

選手としては得点力の高い攻撃的MFとしてプレー[1]、1969年度のトルネイオ・ロベルト・ゴメス・ペドローザ得点王を獲得、同年には南米最優秀選手賞を受賞した。1967年にブラジル代表に選出されたが、ペレやロベルト・リベリーノという名手が居たことにより、最終選考で1970年のワールドカップメンバーから外れた[1]。1974年のワールドカップは大会直前の負傷で大会出場を逃した[1]フラメンゴでは僅かな期間であったが、ジーコともプレーした。1981年に現役を引退した。

監督としては1983-84年にかけてブラジル代表監督を務めた。1986年メキシコW杯イラクを初の本大会出場に導いた。1989年には監督として三浦知良を中心選手の一人として起用しコリチーバFCパラナ州選手権優勝に導いた[2][3]

日本でも鹿島アントラーズの監督を務めるなどの他。、ジーコが率いた日本代表のアシスタントを務めた。また後に世界最高の右サイドバックと呼ばれることになるジョルジーニョユースチームを辞めさせられそうになり、サッカー界を去ろうとしていたところを、トップチームにスカウトして開花させたという逸話を持つ等、選手の潜在能力を見抜く目は特に高い評価を受けており、ジーコが「兄貴の若手の才能、将来性を見抜く力は異常だ」と述べるほどである。[要出典]

兄弟は6人で、長女以外は全員サッカー選手(末っ子がジーコ)。"サッカーダンス"と呼ばれる、ダンスをしながら柔軟な体やリズム感覚・ボール感覚・ステップワークなどを養う基礎トレーニング方法の考案者である。[要出典]

指導歴[編集]

※ 特筆なき限り、役職は監督

タイトル[編集]

選手時代[編集]

アメリカFC
  • タッサ・グアナバラ:1回(1974)
CRヴァスコ・ダ・ガマ
ブラジル代表
  • コパ・リオブランコ:1回(1967)
個人
  • トルネイオ・ロベルト・ゴメス・ペドロサ得点王:1回(1969)

指導者時代[編集]

アメリカFC
コリチーバFC
ボタフォゴFR

出典[編集]

  1. ^ a b c カズ、ジーコ…鹿島初のブラジル人監督が語る日本の思い出 ”. sportiva. 2021年2月26日閲覧。
  2. ^ カズ、ジーコ…鹿島初のブラジル人監督が語る日本の思い出 ページ2”. sportiva. 2021年2月26日閲覧。
  3. ^ 三浦知良『蹴音―三浦知良伝説の言葉』ぴあ、2006年 p.254-255

関連項目[編集]