エドゥアルド・ノヴァク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア
男子アイスホッケー
オリンピック
1972 札幌 男子団体
1976 インスブルック 男子団体
アイスホッケー世界選手権
1971 スイス 団体
1975 西ドイツ 団体
1976 ポーランド 団体
1977 オーストリア 団体

エドゥアルド・ノヴァク(Eduard Novák 1946年11月27日-2010年10月21日 )はチェコスロバキア中央ボヘミア州ブシュチェフラト出身のアイスホッケー選手。ポジションはフォワード日本アイスホッケーリーグ古河電工アイスホッケー部でもプレーした。登録名はエド・ノバック[1]

経歴[編集]

クラドノ近郊のブシュチェフラトで生まれた[2]

1962年にクラドノのジュニアチームでキャリアをスタートさせた。Aチームに昇格した後、ピーセクコシツェ兵役に就いた。1967-68シーズンにクラドノに復帰、同チームで742試合に出場488得点をあげた[3]

アイスホッケーチェコスロバキア代表として札幌オリンピックで銅メダル、インスブルックオリンピックで銀メダルを獲得した。またアイスホッケー世界選手権でも1976年、1977年に金メダル、1971年、1975年に銀メダルを獲得している。チェコスロバキア代表として113試合に出場48得点をあげた[2][3]。クラドノでは1970年代にチェコスロバキアリーグで5回優勝、1977年にはヨーロッパカップも制した。1978年にはメープルリーフ・ガーデンズトロント・メープルリーフスとのエキシビションに出場している[2]

1979年にゴットヴァルドフに移籍、翌1980年にはオーストリアクラーゲンフルトへ移籍、1982年にはフランティシェク・カベルレ(古河電工での登録名はフランタ・カベルレ[1])と共に日本の古河電工でプレー、西ドイツデュースブルクで現役生活を終えた[3]

現役引退後チェコに戻り、かつて所属したクラドノを始めとする様々なレベルで指導をするとともに、親友のフランティセク・カベルレとホッケースクールを開いた。そこからはヤロミール・ヤーガーが羽ばたいた[2]

2009年にチェコアイスホッケー殿堂入りを果たした[3]。2010年10月21日、心臓発作のため63歳で亡くなった[2][3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『第36回日本アイスホッケーリーグ観戦ガイド』228頁 日本アイスホッケー連盟 2001年
  2. ^ a b c d e Joe Pelletier. “Eduard Novak”. internationalhockeylegends.blogspot.jp. 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ a b c d e Hockey Camp Kaberle Novak”. hrajemehokej.cz. 2012年5月27日閲覧。