エドウィン・ビンガム・コープランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エドウィン・ビンガム・コープランド

エドウィン・ビンガム・コープランド(Edwin Bingham Copeland、1873年9月30日 - 1964年3月16日)はアメリカ合衆国の植物学者、農学者である。

略歴[編集]

ウィスコンシン州モンロー郡に生まれた。父は動物学者のハーバート・エドソン・コープランド。スタンフォード大学ハレ大学で学んだ。1903年にフィリピンに初めてわたった。1909年にフィリピンのロスバニョスにフィリピン農業大学(後のフィリピン大学ロスバニョス校)を設立し、1909年から1917年の間、学長と植物生理学の教授をつとめた。

オキナタケ科のアオゾメヒカゲタケ属の学名、Copelandia に献名されている。

著作[編集]

  • Copeland, E. B. "What is a plant?" 1927 Science 65:388-390

参考文献[編集]