エドガー・メイヤー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エドガー・メイヤー
生誕 (1960-11-24) 1960年11月24日(59歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
テネシー州オークリッジ
ジャンル クラシック
ブルーグラス
プログレッシブ・ブルーグラス
ジャズ
ワールド・ミュージック
職業 ミュージシャン
作曲家
担当楽器 ダブルベース
ピアノ
ギター
バンジョー
バイオイリン
マンドリン
ドブロ
レーベル Sony
Deutsche Grammophon
Sugar Hill
共同作業者 ニッケル・クリーク, Strength in Numbers, ベラ・フレック
公式サイト edgarmeyer.com

エドガー・メイヤー(Edgar Meyer, 1960年11月24日 - )は、アメリカのベーシスト、マルチ演奏者、作曲家。彼のスタイルには、クラシック、ブルーグラス、ニューグラス、ジャズが含まれる。メイヤーはナッシュビルでセッション・ミュージシャンとして活動しており、様々なチャンバーバンドのメンバーとして活動し、作曲や編曲も行っている。彼の共演者は、さまざまなジャンルにわたる。例えば、ジョシュア・ベルヒラリー・ハーンヨーヨー・マジェリー・ダグラスベラ・フレックザキール・フセインサム・ブッシュジェームス・テイラークリス・シーリマイク・マーシャル、マーク・オコナー、アリソン・クラウス、マーク・チャピン・カーペンター、ガイ・クラーク、ニッケル・クリークなどである。

メイヤーは、テルライド・ブルーグラス・フェスでスーパーバンド"House Band"のメンバーとして毎年演奏。このバンドは、メイヤーのほか、サム・ブッシュベラ・フレックジェリー・ダグラス、スチュアート・ダンカンがメンバー。

略歴[編集]

メイヤーはオーク・リッジ (テネシー州)で育つ。ダブルベースの演奏を、地元の公立学校でストリングオーケストラの授業を受け持っていた父親から学ぶ。メイヤーはのちに、インディアナ大学に進学し、スチュアート・サンキーとともに学ぶ。。[1]

メイヤーは、卓越した技術によって、ヴィルトゥオーソを獲得したことで知られる。彼より以前のベーシスト、ゲーリー・カーやマーク・ベルナットの後に続き、バッハの無伴奏チェロ組曲などに向けた、作曲も行う。

メイヤーはダブルベース協奏曲、弦楽五重奏、ベースとチェロの二重奏、1999年のヒラリー・ハーンに向けたバイオリン協奏曲などの作曲も行っている。

2000年、メイヤーは数年に一度、目立った功績を果たしたクラシック奏者に送られるアベリー・フィッシャー・プライズに輝く。2002年には、マッカーサー・フェローを受賞。メイヤーはヨーヨー・マやマーク・オコナーと"Appalachia Waltz"をリリースし、U.S.ポップチャートで16週にわたりトップにいすわる。メイヤーは再びヨーヨー・マ、マーク・オコナーと共に"Appa;achian Journey"をリリースし、グラミー賞でベスト・クラシカル・クロスオーバー・アルバムを受賞。[2]

2006年に、Sony Classicalからセルフタイトルアルバムをリリース。このアルバムでは全てを彼が演奏している。基本は、ピアノとダブルベースだが、ギター、バンジョーヴィオラ・ダ・ガンバマンドリンドブロも演奏する。

メイヤーはヴァンダービルト大学カーティス音楽学校において、ダブルベースの臨時准教授を務める。[3] また、アスペン音楽祭の芸術部門のメンバーも務めている。[4]

ディスコグラフィー[編集]

メイヤーとダブルベース
ソロ活動
  • Unfolding (1986)
  • Dreams of Flight (1987)
  • Work in Progress (1990)
  • Bach: Unaccompanied Cello Suites Performed on Double Bass (2000)
  • Meyer and Bottesini Concertos (2002)
  • Edgar Meyer (2006)
ジェリー・ダグラス、ルス・バレンバーグ
  • Skip, Hop, and Wobble (1993)
ベラ・フレックマイク・マーシャル
  • Uncommon Ritual (1997)
ヨーヨー・マ、マーク・オコナー
  • Appalachia Waltz (1996)
  • Appalachian Journey (2000)
    • Won Grammy Award for Best Classical Crossover Album
ジョシュア・ベル
  • Short Trip Home (1999)
    • Grammy nominated
デビッド・グリスマン
  • Dawg Duos (1999)
ベラ・フレック
ベラ・フレックザキール・フセイン
  • The Melody of Rhythm – Triple Concerto & Music for Trio (2009)
クリス・シーリ
  • Edgar Meyer and Chris Thile (2008)
  • Bass & Mandolin (2014)
エマニュエル・アックスパメラ・フランク、レベッカ・ヤング、ヨーヨー・マ
  • Schubert: Quintet, Op. 114 "The Trout" (1996)
ヨーヨー・マ、スチュアート・ダンカン、クリス・シーリ
  • The Goat Rodeo Sessions (2011)
    • Won the Grammy Award for Best Folk Album and the Grammy Award for Best Engineered Album, Non-Classical
ヒラリー・ハーン
  • Violin Concerto - with Saint Paul Chamber Orchestra (2000)

脚注[編集]

  1. ^ [1] [dead link]
  2. ^ Edgar Meyer Biography”. Boosey & Hawkes, Inc.. 2008年8月11日閲覧。
  3. ^ Blair Faculty”. Vanderbilt.edu. 2015年2月13日閲覧。
  4. ^ Edgar Meyer Aspen's musical superhero”. www.aspentimes.com. 2015年3月12日閲覧。