エドワード・ピッカリング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エドワード・ピッカリング
Edward Pickering
Edward Charles Pickering.jpg
生誕 1846年6月19日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,ボストン
死没 1919年2月3日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国,ケンブリッジ (マサチューセッツ州)
研究分野 天文学
主な業績 恒星の分類、分光連星の発見
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

エドワード・ピッカリング Edward Charles Pickering1846年6月19日 - 1919年2月3日)は、アメリカ合衆国天文学者である[1]。天文学者・ウィリアム・ヘンリー・ピッカリングの兄である。

略歴[編集]

ボストンで生まれた[2]ボストン・ラテン・スクールで学んだ後、科学に転じ、ハーバード大学で学んだ。マサチューセッツ工科大学で物理学を教えた後[3]、1877年から1919年に死去するまでハーバード大学天文台の台長を務めた。分光装置のついた望遠鏡を使って天体を撮影することによって、複数の恒星のスペクトルを同時に撮影する技術を開発し、多くの天体のデータを集めて多くの重要な発見を行なった[4]計算手や写真データの解析要員として女性を多く雇用し、それらの女性の中にはアニー・ジャンプ・キャノンヘンリエッタ・リービットアントニア・モーリウィリアミーナ・フレミングといった、後に天文学上の業績を挙げることになる女性も多く含まれていた[5]

ウィリアミーナ・フレミング、アニー・ジャンプ・キャノンとともにハーバード分類と呼ばれる恒星のスペクトル分類法を開発した。

ヘルマン・カール・フォーゲルとともに、ピッカリングは最初の分光連星を発見した。

1907年王立協会の外国人会員に選出された。


賞・叙勲等[編集]

[編集]

命名[編集]

ピッカリング兄弟の名を記念している。

  • 小惑星:(784) Pickeringia 
  • 月のクレータ
  • 火星のクレータ

参考文献[編集]

  1. ^ “PICKERING, Edward Charles”. The International Who's Who in the World: 856. (1912). https://books.google.com/books?id=I-wRAAAAYAAJ&pg=PA856. 
  2. ^ Biographical Index of Former Fellows of the Royal Society of Edinburgh 1783–2002. The Royal Society of Edinburgh. (July 2006). ISBN 0-902-198-84-X. https://www.royalsoced.org.uk/cms/files/fellows/biographical_index/fells_indexp2.pdf 
  3. ^ Daintith, John. (1999) A Dictionary of Scientists. Oxford: Oxford University Press.
  4. ^ Bunch, Bryan H. and Hellemans, Alexander (2004) The History of Science and Technology: A Browser's Guide to the Great Discoveries, Inventions, and the People Who Made Them, from the Dawn of Time to Today. Boston: Houghton Mifflin.
  5. ^ The 19th century women who catalogued the cosmos, Michelle Starr, Cnet News, March 7, 2016