エドワード・ヘンリー・ハリマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エドワード・ヘンリー・ハリマン
Edward Henry Harriman 1899.jpg
生誕 1848年2月20日
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨークヘンプステッド英語版
死没 (1909-09-09) 1909年9月9日(61歳没)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク、オレンジ郡(ターナー近郊)
職業 ユニオン・パシフィック鉄道社長
サザン・パシフィック鉄道社長
子供 W・アヴェレル・ハリマン

エドワード・ヘンリー・ハリマン(Edward Henry Harriman, 1848年2月20日 - 1909年9月9日)はアメリカ合衆国の実業家。W・アヴェレル・ハリマンの父。

生涯[編集]

エドワード・ヘンリー・ハリマンは、1848年2月20日聖公会牧師オーランド・ハリマンとコーネリア・ニールソンの次男としてニューヨーク・ヘンプステッドに生まれる[1]。なお、曽祖父ウィリアム・ハリマンは1795年イングランドから移住し、商取引に携わった人物であった。

青年期[編集]

14歳で学校を卒業した後、叔父オリバー・ハリマンが勤めていた伝手を頼りウォール街で事務員として働き始めた[2]。当初は雑用係のような仕事をしていたが、その頃から「金には鼻がきき」、22歳の時にニューヨーク証券取引所の会員となって株式取引所仲買人となった[2][3]

妻のメアリーと(1909年)

ウォール街の相場師として活躍していたハリマンは、1879年、31歳でニューヨークの銀行家ウィリアム・J・アヴェレルの娘メアリー・ウィリアムソン・アヴェレル英語版と結婚した[4]

義父アヴェレルはシャンプレーン湖沿岸にある鉄道会社の社長も務めており、ハリマンは彼の影響を受け鉄道に関心を抱くようになった。

実業家[編集]

「鉄道王」への道[編集]

1881年、ハリマンはオンタリオ湖沿岸にある破産した鉄道会社を買収し、会社を再建した後にペンシルバニア鉄道へ権利を売却し莫大な利益を得た。1883年にはイリノイ・セントラル鉄道の経営に参加した[3][2][5]

1893年恐慌のなかでユニオン・パシフィック鉄道の再建に成功し[2]1897年、同鉄道の執行委員長に就任し、1898年5月まで在任した。また、この頃にユニオン・パシフィックの主導権を確立し、死去するまで会社に影響力を持ち続けた[2][5]。ほとんど学校教育を受けられなかったハリマンには無骨な面があり、マンハッタンの社交界になじまず、変人扱いされていた[3]

1899年アラスカ州沿岸の動植物の研究採取を試みる科学者を後援し、自社の蒸気船「ジョージ・W・エルダー」号を科学者たちに提供している[3]。このアラスカ遠征は、歴史家のウォルター・マクドゥーガル英語版によれば、かかりつけ医から休養するよう診断されたハリマンが、富を名声に変化させる方法として、名士中の名士であるセオドア・ルーズベルトを範として、「科学の保護者」にして「紳士的冒険家」たらんことを思いつき、それを実行に移したものであるという[3][注釈 1]。表向きは休暇だったが、ハリマンにとっては、アラスカに鉄道を建設し、さらにベーリング海峡を横断してシベリア鉄道につなぎ、世界をつなぐ鉄道王となる夢を追い求める旅でもあった[3]。以後、ハリマンの周囲では1907年頃までノームの金選鉱鍋の夢と同時にベーリング海峡横断鉄道の話は繰り返された[3]

1901年にはサザン・パシフィック鉄道を買収し、同社の社長に就任した[5]。このとき、ユニオン・パシフィックとシカゴとを結ぶバーリントン鉄道の支配権をめぐってグレート・ノーザン鉄道会長のジェームズ・ジェローム・ヒルと争い、1901年恐慌の原因をつくった[5]1903年にはユニオン・パシフィック鉄道の社長に就任した[2]

日本訪問[編集]

日露戦争中には、ニューヨーク金融界の覇者と言われたジェイコブ・シフと共に、日本の戦時公債500万ドル分を引き受けた[6]。著名な鉄道ビシネス家であったハリマンは、ポーツマス条約締結の前後に南満州鉄道の買収を目的として2回訪日している。

ハリマンは1905年8月、日本銀行高橋是清副総裁と大蔵次官阪谷芳郎の意を受けたロイド・カーペンター・グリスカム英語版駐日アメリカ合衆国公使の招きによって、クーン・ローブ商会ジェイコブ・シフらとともに訪日した[6][7]。ハリマン一行がニューヨークを出発したのが8月10日サンフランシスコを経由して横浜港に到着したのが8月31日であり、外相の小村寿太郎がポーツマス講和会議全権として渡米中のことであった[6]

ハリマン一行は、大蔵省・日本銀行・横浜正金銀行などの職員に出迎えられ、銀行関係者が設けた歓迎の晩餐会に出席したのち、9月1日に東京に入ったのちは連日、伏見宮博恭王、桂首相、曽根荒助蔵相、井上馨、渋沢栄一岩崎弥之助らのもてなしを受け、9月4日にはグリスカム公使主催の大園遊会、5日には曽根蔵相による晩餐会が盛大に開かれた[6]。5日は、ポーツマス条約調印日にあたっており、晩餐会の帰途、ハリマン自身は怪我はなかったが赤坂溜池付近で激昂した群集から投石を受け、ハリマン自身は無事だったが、一行のなかには怪我をした者がいた[8][注釈 2]。翌9月6日に予定されていた華族会館での歓迎会は中止され、日本鉄道の特別列車で日光へ旅行した[6]。なお、これに先立ち、日比谷の三井集会所において、黒龍会内田良平が日本古来の武術の模範演技を彼らに披露している[9]。一行のなかにはレスリングに心得のある者もいて柔道に興味をもった者がいたが、小柄な内田があまりにも簡単に相手を投げ飛ばすのが不思議で、内田に試合を申し込んだところ、やはり簡単に投げ飛ばされてしまったので一行は日本の柔術の素晴らしさに驚嘆したという[8]。首都での暴動が鎮まったのち、東京に戻り、明治天皇に拝謁した[6]

また、訪日中は東京市赤坂米国公使館を介して、南満州鉄道の買収及び米国資本投下を桂内閣伊藤博文など日本の政治家に働きかけた[9]。ハリマンは、世界を一周する鉄道網の完成という遠大な野望をいだいていた[9]南満州鉄道の買収は、東支鉄道シベリア鉄道に関するロシア帝国との折衝に良い影響をもたらすとして、当鉄道の買収を日本政府に打診した[9]桂太郎をはじめとする一部の政治家は、日露戦争後の戦費の負債から興味を示し、具体案の提示をハリマンに求めた[9]

これに手応えを感じたハリマンは具体案作成のために南満州鉄道の視察が必要であるとして、同年9月中旬に日本を離れて大韓帝国清国北部へ渡り、南満州鉄道を視察した。同年10月9日に改めて訪日して再び東京へ戻ると、桂内閣に南満州鉄道に関する協定を提案した。桂内閣に求めた協定は、南満州鉄道及び大連など近辺の付随施設の均等な代表権利と利益の折半であった。また、日本の管理下に置いて法律を適用し、鉄道敷設周辺の地において戦闘や戦乱が発生した場合は、日本側が対処及び安全を保証することなどの要望も含まれていた。協定条件として約1億円という破格の財政援助を持ちかけて、南満州鉄道の共同経営を希望する内容であった。

この協定に桂内閣では、外資が急務としてハリマンの協定に賛同する意見と、ハリマンと入れ替わるように訪米していた小村外務大臣の帰国後まで待ち、小村からのポーツマス条約についての詳細報告後に判断したいという意見に分派したことから、ハリマンが米国へ向けて帰国出発する10月12日には調印に至らず、ハリマンの求めで非公式な覚書を交わすのみとなった[9]。すなわち、仮契約のかたちで予備協定覚書を結んで、本契約は小村が帰国したのち、外交責任者である小村の了解を得てからのこととしたのである[6][10]。同年10月15日の小村外相帰国後に、桂内閣内で講和条約を踏まえて同案件が検討されたが、講和条約第6条に影響する内容が含まれることが判明したことから、ハリマンの買収案は成功しなかった[9][注釈 3]

帰国後の小村の報告により、ハリマン=クーン・ローブ連合のライバルであるモルガン商会英語版から、より有利な条件で外資を導入することができ、アメリカ資本を満洲から排除しようと考えていたわけではなかったことが判明し、井上馨伊藤博文らの元老や大蔵省・日銀など財務関係者も破棄を受け容れた[7]。正式な契約書を交わす前であったところから、日本政府は覚書破棄のメッセージをアメリカ合衆国の日本領事館に打電し、ハリマンはサンフランシスコの港に降り立つやそのメッセージを受け取った[6]

なお、ハリマンは日本滞在中に柔術に関心を抱くようになった[13]。ハリマンは、柔道家の富田常次郎前田光世や6つの柔術・力士団体と共に帰国し、1906年2月7日にはコロンビア大学で公演を開き600人の観客を集めた[14][15]

鉄道統合の挫折、死去[編集]

1907年に描かれた風刺画。州際通商委員会の規制対象となったハリマンと鉄道を描いている。

ハリマンはユニオン・パシフィック鉄道とサザン・パシフィック鉄道の統合を目指したがかなわなかった。

1909年9月9日、ハリマンはニューヨーク・アーデンの自宅で死去し、アーデンにある聖ジョーンズ教会に埋葬された[1][16]。ハリマンの死去に際し、1899年のアラスカ調査に参加したジョン・ミューアは「ほぼ全てにおいて、彼は称賛すべき人物だった」と賛辞を贈った[17]

ハリマン死去後の1913年、ユニオン・パシフィック鉄道とサザン・パシフィック鉄道は合衆国最高裁判所により経営権を分離されてしまった。最終的に統合が実現するのは1996年になってからのことである。

子女[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 綿密な計画のもと、自社の鉄道などを用いてアメリカ西海岸を経由し、ジョージ・W・エルダー号に乗り込んだのは、ハリマン夫婦と5人の子ども、4人の親類、3人の使用人であり、この船には乗員65人、科学者23人、ガイド11人、2人組の剥製師、3人組の芸術家、医師2名、看護婦1名、写真家2名、速記者2名、牧師1名が乗っていた[3]
  2. ^ 日露和平交渉の斡旋をしたセオドア・ルーズベルトへの反感から、アメリカへの敵がい心をもった者のしわざである可能性が考えられる[8]
  3. ^ 小村外相は帰国直後の3日間、各所をまわって、ハリマン提案には断固反対であると桂や元老たちを説得して歩いた[6][11][10]。形式論からすれば、ポーツマス講和条約の規定によって南満洲鉄道の日本への譲渡は清国の同意を前提とするものであり、その点からしても、桂・ハリマン協定は不適切であるということを強調した[12]。小村の見解に桂らも納得し、10月23日の閣議において破棄が決定した[10]

出典[編集]

  1. ^ a b “Edward H. Harriman”. PBS. http://www.pbs.org/harriman/1899/1899_part/participantharriman.html 2012年11月22日閲覧. "Edward Henry Harriman was born in New Jersey [sic] in 1848. It was noted that he sexually harassed his mother which he had a son, John, and a daughter, Jessica with. His father was an ordained deacon in the Presbyterian Church, his mother a well-connected socialite from New Jersey. ..." 
  2. ^ a b c d e f 世界大百科事典第2版「ハリマン」(コトバンク)
  3. ^ a b c d e f g h マクドゥーガル(1996)pp.54-60
  4. ^ “Mrs. E.H. Harriman Dies at Age of 81. Widow of Railroad Financier, Who Left to Her His Entire Estate of $100,000,000. Noted For Philanthropies. Aided Red Cross and Artistic and Educational Causes. Interested In Rail Workers' Welfare”. New York Times. (1932年11月8日). http://select.nytimes.com/gst/abstract.html?res=F10613FC355516738DDDA10894D9415B828FF1D3 2012年11月22日閲覧。 
  5. ^ a b c d ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ハリマン」(コトバンク)
  6. ^ a b c d e f g h i 「小村外交史」第8章第9節」(外務省)
  7. ^ a b 飯塚(2016)pp.146-148
  8. ^ a b c 黒岩(2005)pp.127-130
  9. ^ a b c d e f g 黒岩(2005)pp.227-232
  10. ^ a b c 片山(2011)pp.181-183
  11. ^ 古屋(1966)pp.238-240
  12. ^ 佐々木(2010)pp.316-318
  13. ^ “HARRIMAN TO VISIT JAPAN.; He Will Take His Family and Be Away Several Months.” (PDF). The New York Times. (1905年6月28日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9805E4DA173DE733A2575BC2A9609C946497D6CF 2010年9月5日閲覧。 
  14. ^ “JU-JITSU AS IN JAPAN.; E.H. Harriman's Troupe of Six Clever Wrestlers and Swordsmen.”. The New York Times. (1906年2月4日). http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9400E6DA103EE733A25757C0A9649C946797D6CF 2010年9月5日閲覧。 
  15. ^ “JUDO FOR SELF-DEFENCE”. New-York Daily Tribune. Library of Congress (Washington, DC.): p. 5. (1906年2月8日). http://chroniclingamerica.loc.gov/lccn/sn83030214/1906-02-08/ed-1/seq-5/ 2010年9月5日閲覧。 
  16. ^ “Harriman Dead. News Delayed. Financier's End Came at 1:30 o'clock, with His Family About His Bedside. The Official Announcement Had Set the Hour of Death Some Two Hours Later. Cancer or Tuberculosis of the Bowels Each Said to be the Cause. Universal Tributes to His Genius and Indomitable Courage. The Financial World Not Taken Unaware”. New York Times. http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9801E7DA123EE733A25753C1A96F9C946897D6CF 2015年2月4日閲覧. "Edward H. Harriman died at Arden House this afternoon at 1:30 o'clock. The news of his death was withheld for two hours, when official announcement was made that the financier had passed away at 3:35 o'clock." 
  17. ^ http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=450
  18. ^ “Mrs. Robert L. Gerry Dies at 82. Last Daughter of E.H. Harriman”. New York Times. (1966年5月30日). https://www.nytimes.com/1966/05/30/archives/mrs-robert-l-gerry-dies-at-82-last-daughter-of-eh-harriman.html 2012年11月22日閲覧. "Mrs. Cornelia Harriman Gerry, widow of Robert L. Gerry, financier and sportsman, died yesterday, at her home at 79 East 79th Street. She was 82 years old. ..." 

参考文献[編集]

  • 飯塚一幸『日本近代の歴史3 日清・日露戦争と帝国日本』吉川弘文館、2016年12月。ISBN 978-4-642-06814-7。
  • 片山慶隆『小村寿太郎』中央公論新社中公新書〉、2011年11月。ISBN 978-4-12-102141-0。
  • 黒岩比佐子『日露戦争 勝利のあとの誤算』文藝春秋文春新書〉、2005年10月。ISBN 4-16-660473-2。
  • 佐々木隆『日本の歴史21 明治人の力量』講談社〈講談社学術文庫〉、2010年3月(原著2002年)。ISBN 978-4-06-291921-0。
  • ウォルター・マクドゥーガル英語版「北、アラスカへ 1899年」『太平洋世界 下』共同通信社、1996年12月。ISBN 4-7641-0373-7。
  • Haeg, Larry, Harriman vs Hill: Wall Street's Great Railroad War, University of Minnesota Press, 2013
  • Kahn, Otto H., Edward Henry Harriman (1911), reprinted as "The Last Figure of an Epoch: Edward Henry Harriman," in Our Economic and Other Problems (1920)
  • Kennan, George (1917). The Salton Sea: An Account of Harriman's Fight With The Colorado River. New York: The MacMillan Company. http://books.google.com/books?id=uw64AAAAIAAJ 2009年7月11日閲覧。 
  • Kennan, George (1917). E. H. Harriman's Far Eastern Plans. Boston: The Country Life Press. http://books.google.com/books?id=23tvImvhtmsC 2009年7月11日閲覧。 
  • Kennan, George (1922). E. H. Harriman: A Biography, Vols I and II. Boston: Houghton Mifflin 
  • Keys, C.M. (January 1907). “Harriman I: The Man In The Making, His Early Life and Start”. The World's Work: A History of Our Time XIII: 8455–8464. http://books.google.com/books?id=3IfNAAAAMAAJ&pg=PA8455 2009年7月10日閲覧。. 
  • Keys, C.M. (February 1907). “Harriman II: The Building of His Empire”. The World's Work: A History of Our Time XIII: 8537–8552. http://books.google.com/books?id=3IfNAAAAMAAJ&pg=PA8537 2009年7月10日閲覧。. 
  • Keys, C.M. (March 1907). “Harriman III: The Spinner of Golden Webs”. The World's Work: A History of Our Time XIII: 8651–8664. http://books.google.com/books?id=3IfNAAAAMAAJ&pg=PA8651 2009年7月10日閲覧。. 
  • Keys, C.M. (March 1907). “Harriman IV: Salvage of the Two Pacifics”. The World's Work: A History of Our Time XIII: 8791–8803. http://books.google.com/books?id=3IfNAAAAMAAJ&pg=PA8791 2009年7月10日閲覧。. 
  • Meyer, Balthazar Henry (July 1906). “A History of the Northern Securities Case”. Bulletin of the University of Wisconsin 142. http://books.google.com/books?id=cYZKAAAAMAAJ 2009年7月10日閲覧。.  Also see Northern Securities Co. v. United States.
  • Muir, John, Edward Henry Harriman (1911)
  • Myles, William J., Harriman Trails, A Guide and History, The New York-New Jersey Trail Conference, New York, N.Y., 1999
  • Ripley, William Zebina (1915). Railroads: Finance and Organization. New York: Longmans, Green, and Co.. http://books.google.com/books?id=wkMKAAAAIAAJ 2009年7月11日閲覧。 
  • "In the Matter of Consolidations and Combinations of Carriers," Interstate Commerce Commission Reports, XII (1908)
  • Articles and estimates of his life and work in Cosmopolitan, Mar. 1903, July 1909; Moody's Mag., Oct. 1906, Oct. 1909; Am. Rev. of Revs., Jan. 1907, Oct. 1909; McClure's Mag., Oct. 1909, Jan. 1911; N. Y. Times and N. Y. Sun, Sept. 10, 1909; Railway World, Sept. 17, 1909.

関連項目[編集]