エドワード・ムーア (第5代ドロゲダ伯爵)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

第5代ドロヘダ伯爵エドワード・ムーア英語: Edward Moore, 5th Earl of Drogheda PC (Ire)1701年1758年10月28日)は、アイルランド王国の貴族、政治家。

生涯[編集]

ムーア子爵チャールズ・ムーア(1676年12月1日洗礼 – 1714年5月21日、第3代ドロヘダ伯爵ヘンリー・ハミルトン=ムーアの息子)とジェーン・ロフタス(Jane Loftus、1713年没、第3代ロフタス子爵アーサー・ロフタスの娘)の次男として、1701年に生まれた[1]

1725年から1727年までダンリーア選挙区英語版の代表としてアイルランド庶民院議員を務めた後、1727年5月29日に兄ヘンリー英語版が死去したためドロヘダ伯爵の爵位を継承、同年11月28日にアイルランド貴族院議員に正式に就任した[1]

1748年5月27日にアイルランド枢密院英語版の枢密顧問官に任命された[1]。また、ミース州総督を務めた[1]

1758年10月28日、船でイングランドからダブリンに戻る途中、息子エドワード・ロフタスとともに嵐に遭い、海難死した[1]。息子チャールズ英語版が爵位を継承した[1]

家族[編集]

1727年、サラ・ポンソンビー(Sarah Ponsonby、1711年3月27日洗礼 – 1736年1月19日 ダブリン初代ベスバラ伯爵ブラバゾン・ポンソンビー英語版の娘)と結婚[1]、4男をもうけた[2]

  • ヘンリー(1728年5月1日 – 1752年8月 トゥールーズ) - 生涯未婚
  • チャールズ英語版(1730年 – 1822年) - 第6代ドロヘダ伯爵、後に初代ドロヘダ侯爵に叙爵。子供あり
  • ポンソンビー(1736年頃 – 1819年8月9日) - 1768年11月、エリザベス・ムーア(Elizabeth Moore初代マウント・ケッシェル子爵スティーブン・ムーアの娘)と結婚。1781年4月3日、キャサリン・トレンチ(Catherine Trench、1810年没、フレデリック・トレンチの娘)と再婚、子供あり。曽孫に第9代ドロへダ伯爵ポンソンビー・ウィリアム・ムーアがいる
  • エドワード・ロフタス(1736年12月29日 – 1758年10月28日) - 父とともに溺死

1737年9月30日、ブリジット・サウスウェル(Bridget Southwell、ウィリアム・サウスウェルの娘)と再婚[1]、2男1女をもうけた[2]

  • ウィリアム(1742年12月11日 – 1762年)
  • ロバート(1743年12月12日 – 1831年9月17日) - マーガレット・スティーブンソン(Margaret Stephenson、ジェームズ・スティーブンソンの娘)と結婚、子供あり。1799年12月13日、マリア・ジョセファ・フォルキナー(Maria Josepha Falkiner、1846年9月23日没、ダニエル・フォルキナーの娘)と再婚、子供なし
  • サラ - ウィリアム・ポール(William Pole)と結婚

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, Herbert Arthur, eds. (1916). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Dacre to Dysart) (in English). 4 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. pp. 464–465.
  2. ^ a b "Drogheda, Earl of (I, 1661)". Cracroft's Peerage (in English). 20 August 2003. Retrieved 31 August 2019.
アイルランド議会
先代:
ウィリアム・アストン
リチャード・テニソン
庶民院議員(ダンリーア選挙区英語版選出)
1725年 – 1727年
同職:ウィリアム・アストン
次代:
フランシス・ノース
リチャード・テニソン
アイルランドの爵位
先代:
ヘンリー・ムーア英語版
ドロへダ伯爵
1727年 – 1758年
次代:
チャールズ・ムーア英語版