エニックスお家騒動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

エニックスお家騒動(エニックスおいえそうどう)は、2001年エニックスのコミック部門で編集者の独立や漫画家の離脱を巡って発生した一連の係争の通称。

概要[編集]

2001年6月、株式会社エニックス(→スクウェア・エニックス、現・スクウェア・エニックス・ホールディングス)のコミック部門創設者である出版事業部長・保坂嘉弘や、同社刊『月刊少年ガンガン』の第2代編集長・飯田義弘を始めとする、主に本誌・姉妹誌での編集長・副編集長経験者である一部編集部員が独立し、株式会社マッグガーデンを設立した。その際に、当時のエニックス主力専属作家の多くを引き抜き、マッグガーデンに移籍させた。

なお、同時期に同社刊『月刊Gファンタジー』編集長・杉野庸介が、一賽舎(後にスタジオDNAと合併、現在の一迅社)を設立している。この件についても、一連の騒動に含める場合がある。

騒動の経過[編集]

1990年代後半、『月刊少年ガンガン』とその周辺雑誌で「エニックス系」と呼ばれる作品が人気を出している中、現状を良しとしない編集者が台頭し、創刊当時の少年漫画中心の雑誌への回帰を図るようになる。その結果、「TWIN SIGNAL」「刻の大地」の『月刊Gファンタジー』への移籍、大量のゲーム紹介ページの投入、今までとは異なるタイプの新連載を次々と打ち出したりするなど、路線変更を行い始める。

しかし、読者からは総じて不評で、編集部内でも反発・対立が発生したことから、2001年6月、保坂嘉弘エニックスを退社しマッグガーデンを設立。旗艦雑誌となる『月刊コミックブレイド』創刊の準備に入った。その後、飯田義弘を始めとする「エニックス系」の立役者だった編集者が相次いで退社し、エニックス系列の雑誌では『月刊少年ガンガン』の「まもって守護月天!」、「魔探偵ロキ」、「新撰組異聞PEACE MAKER」、「スターオーシャン セカンドストーリー」、『月刊ガンガンWING』の「ワールドエンド・フェアリーテイル」、「パンゲア」、「ジンキ」、『月刊ステンシル』の「AQUA」など、中途半端な連載打ち切りが続いた。

特に移籍者の多くが集中していた『月刊ガンガンWING』では連載作品のおよそ8割が連載を打ち切られ、また、移籍作品のほとんどが主力作品だったため、雑誌の存続が危ぶまれた。また、『月刊ステンシル』は雑誌の中心であった人気漫画家ばかり引き抜かれ、その後持ち直すことができず休刊してしまう。なお、「まもって守護月天!」連載中断後、当作品と交互に隔号連載されていた「東京アンダーグラウンド」が急遽、毎号連載にペースアップされた。

『月刊コミックブレイド』の創刊に際しては『月刊少年ガンガン』や『月刊ガンガンWING』等にて連載中だった作品の続編掲載を謳う宣伝も存在したため、エニックス側は「マッグガーデンの行為は編集者のコネクションを利用した不当な引き抜き行為である」と主張。10月に『ブレイド』の発行やマッグガーデンと、同社が引き抜いた作家の契約差し止めを主な内容とする仮処分東京地方裁判所に申請した。『ブレイド』は翌2002年2月に創刊された。

その後、2002年3月に以下の条件で両者間の和解が成立した。

  • エニックスはマッグガーデンの業務に干渉しないこと
  • マッグガーデンの非常勤取締役2名の指名権をエニックスが得ること
  • エニックスはマッグガーデンの発行済み株式の50%を譲り受けること
  • エニックスの雑誌で連載されていた作品に「企画・プロデュース エニックス」と記載すること
  • マッグガーデンが株式上場・店頭登録するまで前記の作品の小売価格の1割をエニックスが得ること

上記の和解条件は、マッグガーデンが2003年9月22日マザーズ市場へ株式上場したことに伴い、終了した。発行済み株式の半数を取得したエニックスは市場を通じて手持ち株の売却を進め、上位株主から姿を消している。

その後、マッグガーデンは2006年より業務提携したProduction I.Gと統合持株会社IGポートを設立。2007年12月1日より同社の株式交換での傘下となり、2007年11月27日にマザーズから上場廃止になっている[1][2]

一方、エニックスとマッグガーデンが係争していた同時期に、『月刊Gファンタジー』編集長であった杉野庸介が、峰倉かずや遠藤海成高河ゆんら同誌看板・主力作家陣を連れて独立し、スタジオDNAの支援を受けて一賽舎(現在の一迅社)を設立、同社より『コミックZERO-SUM』を創刊した。こちらは『月刊Gファンタジー』が元々、エニックスの漫画部門の中で傍流扱いで、引き抜いた作家もあくまで杉野の担当作家だけであったことと、スタジオDNAが初期『月刊少年ガンガン』や『月刊少年ギャグ王』の外注編プロだったことから、対マッグガーデンのような敵対には至らず、移籍作品の再刊行に一定の時限制限をかける程度に留まった。

マッグガーデンの『月刊コミックブレイド』は、創刊から2010年頃までは、エニックスからの移籍組が主力を担っていたが、その後、ウェブコミック配信サイトMAGCOMI(マグコミ)』へ再編されたこともあり、作家、編集者がKADOKAWAなどの他社へ流出。現在では黒乃奈々絵天野こずえなど数名が残っているだけである。

一方、一迅社の『コミックZERO-SUM』は執筆ペースこそ落ちているが、峰倉かずや高河ゆんのダブルエース体制を長く堅持している。また、一賽舎との合流で月刊漫画誌編集のノウハウを得たスタジオDNA側は、2005年12月に少年漫画誌『月刊ComicREX』を創刊。こちらには「突撃!パッパラ隊」の松沢夏樹など、初期『月刊少年ガンガン』『月刊少年ギャグ王』で接点のあった作家が合流している。

移籍[編集]

マッグガーデン[編集]

月刊コミックブレイドへの主な移籍作品[編集]

作者 エニックス マッグガーデン 備考
天野こずえ AQUA
(ステンシル)
ARIA
木下さくら 魔探偵ロキ
(ガンガン)
魔探偵ロキRAGNAROK
木下さくら
東山和子
tactics
(Gファンタジー)
-
箱田真紀 ワールドエンドフェアリーテイル
(WING)
ワールドエンドフェアリーテイルアフター
桜野みねね まもって守護月天!
(ガンガン)
まもって守護月天!〜再逢〜
常習盗賊改め方 ひなぎく見参!
(WING)
ひなぎく見参!一本桜花町編
黒乃奈々絵 新撰組異聞PEACE MAKER
(ガンガン)
PEACE MAKER鐵
浅野りん パンゲア
(WING)
パンゲア・エゼル
綱島志朗 ジンキ
(WING)
ジンキ・エクステンド JINKI-真説-コミック電撃大王
KADOKAWA)で移籍連載。
久保聡美 陽炎ノスタルジア
(WING)
陽炎ノスタルジア〜新章〜
戸土野正内郎 悪魔狩り〜冠翼の聖天使篇〜
(WING)
悪魔狩り〜寂滅の聖頌歌篇〜
松葉博 心に星の輝きを
(ステンシル)
もっと☆心に星の輝きを

一賽舎[編集]

全てGファンタジー。

コミックZERO-SUMへの主な移籍作品[編集]

作者 エニックス 一賽舎
峰倉かずや 最遊記
(Gファンタジー)
最遊記RELOAD
遠藤海成 破天荒遊戯
(Gファンタジー)
高河ゆん BELOVED
(Gファンタジーにて第1話のみ掲載)
LOVELESS


エニックスに残留した主な漫画家[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ 株主・投資家の皆様へ”. IR情報. マッグガーデン. 2016年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年10月8日閲覧。
  2. ^ “平成20年5月期 中間決算短信” (PDF) (プレスリリース), IGポート, (2008年1月15日), http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?cat=tdnet&sid=561904 2016年10月8日閲覧。 
  3. ^ 唯一の参加。お家騒動後に『少年ガンガン』と『ブレイド』の両方で連載を持った唯一の漫画家。

参考文献[編集]

  • 「上場申請のための有価証券報告書」株式会社マッグガーデン、2003年

関連項目[編集]

その他、エニックス、スクウェア・エニックス関連の問題