エヌ・シィ・ティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社エヌ・シィ・ティ
NCT CO.,LTD.
本社の建物外観
本社の建物外観
種類 株式会社
市場情報 非上場
略称 NCT
本社所在地 日本の旗 日本
940-0032
新潟県長岡市干場1丁目7-9
設立 1986年(昭和61年)12月15日
業種 情報・通信業
法人番号 3110001022995
事業内容 ケーブルテレビ事業、インターネット事業 他
代表者 代表取締役社長 今泉道雄
資本金 4億円
売上高 29億8800万円
総資産 47億2835万4000円(2019年03月31日時点)[1]
従業員数 95名(2019年12月時点)
主要株主 株式会社CCJ
長岡市
三条市
小千谷市
外部リンク http://www.nct9.co.jp/
テンプレートを表示

株式会社エヌ・シィ・ティ(NCT)は、新潟県長岡市三条市小千谷市の3市の資本が入る第三セクターケーブルテレビ局である。

概要[編集]

設立当初の名称は「長岡ケーブルテレビ」であったが、三条センターの開局に伴う放送エリア拡大を機に、略称であった現社名に変更した。

テレビ放送事業のほかに、2000年にはケーブルテレビ網を利用したインターネット接続サービスを開始し、2015年からはNCT光サービスを開始した。また、2015年度からは格安携帯電話(MVNO)の事業[1]も行っている。

2007年平成19年)10月1日に同社は上越地方で事業を展開するJCV上越ケーブルビジョンと三重県のシー・ティー・ワイとの3社間で経営統合を行い、民間資本は共同持ち株会社の株式会社CCJのみとなる。

新潟県中越地域を中心にサービスエリアを拡大しており、長岡地域での開局を皮切りに2002年には三条市第1期エリアを開局。その後、長岡市の旧市町村を中心にサービスエリアを拡大。2017年には見附地域、2018年には小千谷地域、2019年には燕地域を新たなサービスエリアとして開局した。

沿革[編集]

  • 1986年12月:株式会社長岡ケーブルテレビとして設立
  • 1988年 8月:長岡市学校町1-9-20に放送センターを開設
  • 1989年 4月:長岡市第1期エリア放送開始
  • 2000年 8月:インターネット商用サービス開始
  • 2001年 2月:長岡市と災害時応援協定を締結
  • 2001年10月:株式会社エヌ・シィ・ティに社名変更、BSデジタル放送を開始
  • 2002年 1月:三条市第1期エリア開局
  • 2004年 8月:エリア内全域でCSデジタル放送サービスを開始
  • 2004年 8月:7.13水害における全仮説住宅にケーブルテレビ施設を完備
  • 2004年11月:新潟県中越地震における全仮説住宅にケーブルテレビ施設を完備
  • 2006年 4月:
    • 三条市と災害時応援協定を締結
    • エリア内全域で地上デジタル放送サービスを開始
  • 2007年10月:持株会社 株式会社CCJ(コミュニティ・ケーブル・ジャパン)設立
  • 2011年 6月:本社移転(長岡市干場1-7-9) NCT情報ステーションを愛称に展開
  • 2015年10月:NCT光サービス(コラボモデル)開始
  • 2016年 4月:NCTショップ(リバーサイド千秋内) オープン
  • 2017年 1月:NCT光サービス開始
  • 2017年 6月:見附地域開局
  • 2018年10月:小千谷地域開局
  • 2019年 3月:燕地域開局

会社所在地[編集]

  • 本社:新潟県長岡市干場1丁目7-9
  • 三条センター:新潟県三条市一ノ門2丁目11-22
  • NCTショップ:新潟県 長岡市千秋2丁目278 リバーサイド千秋 2F
  • NCTショップ(県央アキバ店):新潟県三条市興野1-16-18(電器のアキバ内)

サービスエリア[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]