エネルギー省 (タイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
タイ王国の旗 タイの行政機関
エネルギー省
กระทรวงพลังงาน
Seal of the Ministry of Energy of Thailand.svg
役職
長官 スパッタナポン・パンミーシャーウ
概要
所在地 タイ王国 バンコク都 チャトゥチャック区 ビババディランシット通り 555/2
設置 2002年 10月3日
ウェブサイト
energy.go.th
テンプレートを表示

エネルギー省 (タイ語:กระทรวงพลังงาน英語:Ministry of Energy)は、タイ王国政府のの一つ。2002年に設置。

概要[編集]

その名のとおり、国家のエネルギー政策を担当している。内閣の閣僚であるエネルギー大臣が省の長となる。

歴史[編集]

省の前身は、1992年に設置された首相府直属の機関、国家エネルギー政策委員会(NEPC)の事務局としての機能を担うために作られたエネルギー政策企画事務局(EPPO)である。当時はさらに国家エネルギー政策委員会の審議を補佐するエネルギー行政委員会(CEPA)とエネルギー保全を担当するエネルギー保全振興基金(ENCON Fund)が置かれていた[1]

エネルギー政策企画事務局では国家のエネルギー行政全般について監督していたが、この事務局以外にもエネルギー行政に関わる部署が各省に散在し、政策連携に問題を生じていた。

そのため、2001年11月2日タクシン政権により関連行政部署を取りまとめてエネルギー庁に格上げされた。また2002年1月9日に閣議によりさらに省への格上げすることが決定。2002年10月3日に2002年省庁改組法に基づきエネルギー省が設置された。この際にエネルギー政策企画事務局はエネルギー省の一部局として統合されたが、国家エネルギー政策委員会、エネルギー行政委員会、エネルギー保全振興基金の3機関の事務局としての機能は維持された[2]

所在地[編集]

バンコク パトゥムワン区 ローンムアン地区 ラーマ1世通り 17 (17 ถนนพระรามที่ 1 แขวงรองเมือง เขตปทุมวัน กรุงเทพฯ 10330

部局[編集]

事務[編集]

  • 大臣官房
  • 次官事務局

内部部局[編集]

  • エネルギー政策企画事務局 (สำนักงานนโยบายและแผนพลังงาน)(EPPO)
  • 天然燃料局 (กรมเชื้อเพลิงธรรมชาติ
  • 代替エネルギー開発・エネルギー保全局 (กรมพัฒนาพลังงานทดแทนและอนุรักษ์พลังงาน
  • エネルギー事業局 (กรมธุรกิจพลังงาน

省関連の公社[編集]

  • タイ発電公社(การไฟฟ้าฝ่ายผลิตแห่งประเทศไทย)(EGAT)
  • タイ石油公社(PTT)
  • バーンヂャーク石油公社(บริษัท บางจากปิโตรเลียม จำกัด (มหาชน))(The Bangchak Petroleum Public Co., Ltd)

省関連の公共機関[編集]

  • エネルギー基金機構(สถาบันบริหารกองทุนพลังงาน (องค์การมหาชน))(EFAI)

脚注[編集]

  1. ^ http://www.eppo.go.th/doc/doc-manage.html Energy Policy and Planning Office, Ministry of Energy "Energy Sector Management in Thailand"
  2. ^ http://www.eppo.go.th/doc/doc-manage.html Energy Policy and Planning Office, Ministry of Energy "Energy Sector Management in Thailand"

関連事項[編集]