エバートン・ノゲイラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エバートン・ノゲイラ Football pictogram.svg
名前
愛称 エベ
ラテン文字 Everton Nogueira
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1959-12-12) 1959年12月12日(59歳)
出身地 プラドポリス
身長 176cm
体重 71kg
選手情報
ポジション MF
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1976-1979 ブラジルの旗 ロンドリーナEC 30 (7)
1980-1983 ブラジルの旗 サンパウロFC 53 (18)
1983-1984 ブラジルの旗 グアラニFC
1984-1987 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ 68 (33)
1987-1988 ブラジルの旗 SCコリンチャンス
1988-1989 ポルトガルの旗 FCポルト 10 (2)
1989-1990 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
1990-1994 日本の旗 日産自動車/横浜マリノス 61 (17)
1994 日本の旗 京都パープルサンガ 14 (2)
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

エバートン・ノゲイラEverton Nogueira1959年12月12日 - )は、ブラジル出身の元サッカー選手。選手時代のポジションはMF。登録名はエバートン。「エベ」の愛称で呼ばれた。

ボランチまたは攻撃的MFとして活躍。疲れを知らない豊富な運動量と強烈なミドルシュートが特徴の選手であった。

経歴[編集]

1976年、ブラジルのロンドリーナECでデビューし、ポルトガルのFCポルトなどに在籍した[1]

1990年、サンパウロFCでともにプレーした経験があるオスカー監督を慕って日産自動車サッカー部に加入した[2]。1991年に監督が清水秀彦に代わった後も主力選手として活躍し、1992年・1993年の天皇杯連覇などに貢献した。

また1993年5月のJリーグ開幕戦、ヴェルディ川崎(現在の東京ヴェルディ)戦では貴重な同点ゴールを決めた。1994年には外国人枠の関係で出場機会が減り京都パープルサンガ(現在の京都サンガF.C.)へ移籍。サッカーでは珍しい背番号0[3] を付けてプレーしていたがそのシーズン限りで現役引退をした。

その後はブラジルに帰国し、カンピオナート・ブラジレイロ(ブラジル全国選手権)1部クラブであるアトレチコ・ミネイロの育成部門の責任者としてサッカーに携わっている[4]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯/ナビスコ杯 天皇杯 期間通算
1990-91 日産 27 JSL1部 19 4 4 2
1991-92 日産 7 JSL1部 19 8 2 2
1992 横浜M - J - 9 7 5 4 14 11
1993 横浜M - J 21 5 4 2 0 0 25 7
1994 横浜M - J 1 0 0 0 - 1 0
1994 京都 0 旧JFL 14 2 - 0 0 14 2
通算 日本 J 22 5 13 11 5 4 40 18
日本 JSL1部 38 12 6 4
日本 旧JFL 14 2 - 0 0 14 2
総通算 74 19 19 15

その他の公式戦

脚注[編集]

  1. ^ Everton”. footballzz.com. 2016年2月17日閲覧。
  2. ^ Sports Graphic Number、文藝春秋、1992年12月20日号、62-63頁
  3. ^ 当時ジャパンフットボールリーグは固定番号制だった。鳥栖フューチャーズ時代の青嶋文明0を付けていた。近年は背番号000の使用は認められていない。
  4. ^ 2010年4月には日本のサッカー番組「Foot!」の取材を受け、アデマール・ペレイラ・マリーニョとの対談が放送された