エパフラス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

エパフラス(英語:Epaphras)は、新約聖書に登場する人物である。エパフラスはエパフロデトの省略形であるが、ピリピのエパフロデトとは別人であると思われる。

コロサイ出身でパウロの同労者である。パウロの指導のもとで、リュコス渓谷の町々に伝道して、コロサイ、ヒエラポリス、ラオデキヤの教会を建設した。

その後、ローマで獄中にあったパウロを訪ねて指示を求めた。しばらくの間、パウロと共に獄中にあり、パウロから信頼を受けた。このことがきっかけになり、パウロはコロサイ人への手紙を執筆することになった。

参考文献[編集]