エピガウルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
エピガウルス(ケラトガウルス)

化石年代: 15 - 5百万年前

Skeleton of Epigaulus hatcheri.jpg
Ceratogaulus hatcheri の骨格標本。国立科学博物館の展示。
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネズミ目 Rodentia
亜目 : リス亜目 Sciuromorpha
上科 : ヤマビーバー上科 Aplodontoidea
: ミラガウルス科 Mylagaulidae
: ケラトガウルス属

Ceratogaulus Matthew, 1902

学名
Ceratogaulus
英名
Honed gopher

Ceratogaulus rhinocerus
Ceratogaulus anecdotus
Ceratogaulus minor
Ceratogaulus hatcheri

エピガウルスEpigaulus)は、漸新世から更新世にかけて生息し絶滅した草食性の齧歯類ミラガウルス科のである。属名としてはケラトガウルスCeratogaulus)が正しく、Epigaulusシノニムである。英名"Honed gopher"(角のあるジリス)の通り、鼻から2本の大きな角を生やしていた。エピガウルスは今までに知られている角のある哺乳類の中で最も小さく、また唯一角のある齧歯類であると共に、(化石種であるアルマジロ類ペルテフィルスを除けば)唯一角を持つ穿孔性の(地下に潜る)哺乳類でもある。彼らは今日では北アメリカグレートプレーンズとして知られる場所に原住していた。

角の役割についての推測は多数あり、穴掘り(角の位置と方向から否定されている)、性的誇示、戦闘・捕食者からの防御などが挙げられている。角が性的二形ではなかったため、防御の役割が有力である。