エフエムせとうち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
特定非営利活動法人エフエムせとうち
コールサイン JOZZ0BS-FM
周波数/送信出力 76.8 MHz/20 W
本社・所在地
〒890-0002
演奏所 本社と同じ
送信所 瀬戸内町大字阿木名苅法354
中継局 与路島(5W)、篠川(1W)
放送区域 瀬戸内町の一部
公式サイト http://fmsetouchi.amamin.jp/

特定非営利活動法人エフエムせとうちは、鹿児島県大島郡瀬戸内町の一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 エフエムせとうちそのままの愛称でコミュニティ放送をしていた。

概要[編集]

24時間放送をしており、自社制作番組のほか、MBCラジオあまみエフエムエフエムうけんの番組で構成される。

自社制作番組は、原則として1日1本(再放送を除く。)で、1本当たり約30分弱の時間である。一部を除き、あまみエフエム、エフエムうけん、エフエムたつごうでも放送されており、あまみエフエムのSimulRadioにてエフエムせとうちの番組も聴取できた。

演奏所・送信所[編集]

演奏所 : 瀬戸内町古仁屋船津23

送信所は、離島を含めた町内の3箇所に設置されている。

親局

  • エフエムせとうち : 瀬戸内町大字阿木名苅法354 (20W)

中継局

  • エフエムせとうちよろしま : 瀬戸内町大字与路前川1617-1(与路島、5W)
  • エフエムせとうちしのかわ : 瀬戸内町大字阿室釜小宮477-2 (1W)

放送区域は瀬戸内町全てに至らないが、平成22年国勢調査時の瀬戸内町の全世帯は放送区域内にある。

沿革[編集]

2011年(平成23年)

2012年(平成24年)

  • 4月23日 特定地上基幹放送局の免許取得[1]
  • 4月25日 開局

2021年(令和3年)

  • 2月28日 この日をもって放送を休止する。広報せとうち令和3年2月号に、「放送設備を移転させるため」の理由で放送休止が予告されており[2]、翌3月号には「移転工事のスケジュール調整及び新法人の電波の許認可に一定の時間を要するため」として休止期間が延びるとアナウンスされている[3]

また、2021年3月5日現在、総務省の電波利用ホームページにて情報がヒットしなくなり、廃局扱いとなっている。

新法人による新局は2021年4月に放送を開始する予定と報道されている[4]

脚注[編集]

  1. ^ 取得日は無線局等情報検索(総務省電波利用ホームページ(国立国会図書館のアーカイブ:2014年6月1日収集))による。
  2. ^ [1] 広報せとうち令和3年2月号
  3. ^ [2] 広報せとうち令和3年3月号
  4. ^ コミュニティーFM新設へ 瀬戸内町 南海日日新聞 2021年3月13日