エフエムひこねコミュニティ放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エフエムひこねコミュニティ放送株式会社[1]
愛称 FMひこね
コールサイン JOZZ7AW[1]-FM
周波数/送信出力 78.2[2][1] MHz/10[1] W
本社・所在地
〒522-0062
設立日 2002年平成14年)6月20日[1]
開局日 2002年(平成14年)9月29日[2]
演奏所 同上
送信所 清崎町荒神山山頂[1]
中継局 なし
放送区域 彦根市、豊郷町、甲良町、多賀町の各一部
公式サイト http://www.fmhikone.jp/
KBS滋賀・FMひこねが入るOBPビル(滋賀県彦根市)

エフエムひこねコミュニティ放送株式会社は、滋賀県彦根市犬上郡豊郷町甲良町及び多賀町の各一部地域を放送区域として超短波放送FM放送)をする特定地上基幹放送事業者である。 エフエムひこねの愛称でコミュニティ放送をしている。

概要[編集]

滋賀県初のコミュニティ放送局である。 地域密着型のコミュニティ放送局として、リスナーとの交流会が年に1、2回行われている[要出典]

放送エリアは、彦根市・長浜市・豊郷町・甲良町・多賀町・愛知川町能登川町五個荘町の約6万世帯、18万人[1]。カーラジオでは上記周辺の湖東・湖北地域で受信可能としている[1]。また、彦根市・豊郷町・甲良町・多賀町とは防災協定も結んでいる[3]

かつては、自社製作番組以外の時間帯に、『大西貴文のTHE NITE』等ミュージックバード製作の番組を放送していた[要出典]

沿革[編集]

  • 2001年平成13年)
    • 3月17日 - 第1回スタッフ会議を実施。協力を申し出たメンバー10名のうち6名が集まり(4名は仕事などのため欠席)、事業方針や開局スケジュール等について意見交換がなされ、FM彦根設立の活動をスタートした[要出典]
    • 4月28日 - 「設立準備委員会」を設ける[要出典]
  • 2002年(平成14年)
    • 1月4日 - FMひこねコミュニティ放送設立準備委員会の代表が近畿総合通信局で放送免許申請を行い、同局はこれを受理した。これを受けて同日午後3時過ぎ、彦根市役所広報課を通じて報道発表を行った[要出典]
    • 5月 - スタジオが完成[4]
    • 6月20日 - エフエムひこねコミュニティ放送株式会社設立[1]
    • 7月22日 - 放送局(現・特定地上基幹放送局)の予備免許取得[5]
    • 9月18日 - 放送局(現・特定地上基幹放送局)の本免許取得し、サービス放送開始[6]
    • 9月29日 - 放送開始[2]
  • 2006年(平成18年)
    • 3月13日 - 公式サイトの改定作業が始まる。従来から作業を行っていた技術担当者が抜けたため、素人ばかりでの作業となった[要出典]
    • 3月31日早朝 - 公式サイトを大幅に改定。同日の昼間、元オウミボールで「ふぁん倶楽部カード」を聴取者に配布した[要出典]
    • 7月19日 -『君とSpeak!夜はsark!DX』が、FMマザーシップ和歌山県湯浅町)と2局ネットになる[要出典]
  • 2009年(平成21年)
  • 2010年(平成22年)4月2日 -『らじおケイちゃんねる』が、、HARBOR STATION)・Radio Sweetと3局同時ネットになる[要出典]
  • 2013年(平成25年)4月10日 - 同じ彦根市内に演奏所を構えていたKBS滋賀が、OBPビルに移転。3階を事務所として使用し、スタジオは2階にあるエフエムひこねのスタジオを使用する[要出典]

主な番組[編集]

自社制作番組[編集]

  • Heartful Morning (月・火曜 7:30〜8:58、木曜 7:30〜7:58 DJ:すみかわあつこ) - ニュース天気予報交通情報などの情報番組。
  • ゆうやけホッとタイム (水・木曜 17:00〜17:59、火曜 17:00〜18:59 DJ:服部良夢、村田圭輔(火曜)、岡田健太郎(木曜))
  • 商店街アワー (月曜 12:00〜12:15、再放送 19:30〜19:45)
  • 彦根で頑張る若手経営者アワー (火・水曜 15:30〜15:50、再放送 19:00〜19:20)
  • GBC (金曜 13:15〜13:30、再放送 13:30〜13:45)
  • なうい洋一のコミカル症候群 (日曜 12:00〜12:58)
  • なうい洋一のコミカル症候群+ (日曜 14:00〜14:58)

終了した番組[編集]

  • 2005.11〜唄屋の庵
  • IT's オートランドワールド
  • 君とSPEAK!夜はSPARK!DX
  • エフエムビバーチェ (土曜 11:00〜12:29 DJ:ケイ) - ビバシティ彦根から公開生放送。

その他[編集]

  • かつて 四番町スクエア、アルプラザ彦根にサテライトスタジオを設置していたが、現在は全て閉鎖されている。
  • ベリカードは、レター形式で発行する。
  • 職場体験の受け入れも行っている。
  • 空き缶のプルトップ回収事業を行い、過去に2台の車椅子を寄贈したほか、引き続き回収運動を展開している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j エフエムひこね COMPANY”. エフエムひこねコミュニティ放送株式会社. 2016年8月24日閲覧。
  2. ^ a b c “「FMひこね」開局 湖東・湖北で受信可能 78.2メガヘルツ”. 京都新聞 朝刊 (京都新聞社): p. 3. (2002年9月30日) 
  3. ^ FMひこねコミュニティ放送Internet Archiveのアーカイブ:2015年6月11日収集)
  4. ^ “今秋の開局向け準備着々 エフエムひこねコミュニティ放送 情報発信の拠点は既に完成”. 中日新聞 朝刊 滋賀版 (中日新聞社): p. [要ページ番号]. (2002年5月31日) 
  5. ^ “エフエムひこね予備免許を取得 9月末に開局へ”. 産経新聞 朝刊 滋賀版 (産経新聞社): p. [要ページ番号]. (2002年7月25日) 
  6. ^ “サービス放送開始 本免許を交付 近畿総合通信局 「エフエムひこねコミュニティ放送」”. 中日新聞 朝刊 滋賀版 (中日新聞社): p. [要ページ番号]. (2002年9月19日) 
  7. ^ “活動打ち切り 近江コミュニティFMネット放送”. 京都新聞 朝刊 (京都新聞社): p. 24. (2009年4月3日) 

関連項目[編集]

  • B-WAVE - 上記の通り2009年1月から3月まで、同局の経営支援を目的とした「近江コミュニティFMネットワーク」を結成し、一部番組をネットしていた。2009年6月11日に閉局。