エフエム萩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社エフエム萩
愛称 FM NANAKO
コールサイン JOZZ8AB-FM
周波数/送信出力 77.5 MHz/20 W
本社・所在地
〒758-0041
山口県萩市大字江向451番地
設立日 1996年6月7日
開局日 1996年8月8日
送信所 田床山
放送区域 萩市のうち旧萩市内
公式サイト http://www.haginet.ne.jp/users/nanako775/
株式会社エフエム萩
FM HAGI Corporation.
種類 株式会社
略称 NANAKO
本社所在地 758-0041
山口県萩市江向451番地
設立 1996年(平成8年)6月7日
業種 情報・通信業
法人番号 1250001008000
事業内容 ラジオ放送事業
資本金 6,500万円
主要株主 萩市萩学園萩ケーブルネットワーク、ライン実業、萩商工会議所、協和建設工業、山口銀行、井上商店、西京銀行萩信用金庫
外部リンク http://www.haginet.ne.jp/users/nanako775/
特記事項:山口県内で最初に、全国で40番目に開局した。
テンプレートを表示

エフエム萩(エフエムはぎ)は、山口県萩市を放送エリアとするコミュニティFM局。ステーションネームはFM NANAKO(エフエム・ナナコ)。

概要[編集]

1996年8月8日に、エフエムふくやま(レディオBINGO・広島県福山市)と同日に、中国地方最初のコミュニティFM局として開局した。

自社制作番組とJ-WAVEの番組を中心に編成しており、24時間編成である(かつては毎日6:00起点、24:00放送終了という体制)。

地元のケーブルテレビ局である萩ケーブルネットワーク(Hcn) → 萩テレビと関係が深く(ただし資本関係は強くない)、通信センター(Hcn旧社屋)の中にFM NANAKOのスタジオがあり、自社製作番組の製作を委託している。
また、ケーブルテレビを通じて配信もしているため、地上波で受信が出来なくても、ケーブルを介して受信できる。

放送番組[編集]

J-WAVE配信の一部の放送には番組飛び乗り・飛び降りがあり、フェードイン・フェードアウトさせる。また、オープニング後とクロージング前は必ず飛び乗り・飛び降りが発生していた。 なお、2008年11月からはJ-WAVEの完全サイマルにより24時間放送を開始した[1]

また各コミュニティFMからの番組購入も増えている。

(以降の参考は下記番組表に基づく)

  • 自社制作番組(ワイド番組)(ワイド番組の「モーニング」「イブニング」は当初は英語表記)
    • 平日09:00 - 10:00 モーニング775・・・開始当初は09:00 - 10:00、2017年9月までは08:00 - 10:00の放送、2017年10月から2018年10月は08:00 - 11:00の放送。
    • 平日14:00 - 16:50 アフタヌーン775・・・開始当初は12:00 - 12:50の放送。その後11:00 - 12:50に拡大したが、朝ワイド拡大の煽りで2017年9月でいったん終了。2018年11月の改編で約3時間のワイド番組として放送再開。
  • 自社制作番組(その他の番組、ショートプログラム)
    • 情報ウェーブ萩・・・平日08:50、12:50、16:50からそれぞれ10分間放送の萩市政だより
    • 音楽番組(775オリジナルサウンド)
    • 月曜17:00 - 17:30 夢色気流(2018年10月まで月曜19:00 - 19:30)
    • 金曜10:00 - 10:30 気軽にクラシック<再放送:金曜17:00 - 17:30>
    • 第3金曜22:00 - 23:00 洋楽倶楽部<再放送:第4木曜日22:00 - 23:00>
    • 土曜13:00 - 13:30 岩澤居待 happy-go-lucky(一部コミュニティFMへネット)
    • 土曜17:00 - 18:00 モアイの気楽に行こう!(開局当初から続く番組)
  • 放送終了した番組
    • 775モーニング・サウンド・セレクション(オリジナルサウンドとは別種の音楽番組)
    • ワーク・ガイド・スクランブル→Update Scramble
    • 775deボナペティ!
    • 萩国際大学キャンパス通信
    • めざせアニソンマスター
    • おはなしのラジオはじまるよ
    • イブニング775・・・開始当初は17:00 - 18:00までの放送。2017年9月までは17:00 - 19:00の放送。2017年10月から2018年10月は16:00 - 18:50の放送であったが、11月の改編で終了し、昼ワイドに統合。
    • 775ホリデーワイド・・・開局以来土日の10:00 - 12:00に放送された。日曜の当該時間帯は『775ホリデーワイド COME COME SUNDAY』、土曜は13:05 - 14:30に『775ホリデーワイド・775 Dive To J-pops』としても放送されたが2018年11月改編で終了。
    • 週間!本庄強
    • 山崎千加代のドリームステーション




オープニング・クロージング・ジングル[編集]

(終夜放送開始以前)オープニング・クロージングは各1分間。英語によりコメントが流れていき、フェードアウト。エンディング後は無音。

ジングルは放送中にいたるところで流れる。
J-WAVE番組ネット後自社番組に移るとき、自社番組からJ-WAVE番組ネットに移るときなどに流れる。日本語バージョンが3タイプ、英語バージョンが3タイプある。

英語ヴァージョンは、局のホームページにも載っている「HAGI's number one station JOZZ8AB-FM NANAKO.」というものが入る。
日本語ヴァージョンは、「地域密着情報ナビ。エフエム萩は77.5MHzです。」というものが入る。

パーソナリティ[編集]

萩ケーブルネットワークの社員である為、HcnとNANAKOの両方に出演する例がある。

特別番組[編集]

(旧)萩市内で大きなイベントがある場合、通常番組を返上したり、J-WAVEからのサイマルネット時間を短縮するなどして特別編成を組むことがあるほか、毎年お正月は特番を放送する。

  • FM NANAKO NEWYEAR SPECIAL
1月1日。12:00〜14:00に編成される。J-WAVEでは土日にならない限り正月特番が放送されるが、この時間はネットを休む。また自社番組は休止される。12:00スタートなのは、2010年正月まで「アフタヌーン775」が12:00スタートだったためである。2011年以降は不明。
8月1日。この日は特に客数の増える「萩・日本海大花火大会」が催されるため、18:00頃〜22:00頃まで断続的に交通情報や街の様子をレポートする特番が放送される。
2010年度、8月1日は、19:30〜21:30まで交通情報と花火大会の中継をする特番、8月2日・3日は、イブニング775を1時間拡大して放送する。
2015年度、8月1日は、19:30〜21:30で会場の様子をそのままサテライト中継、2日は日曜のため18:00〜19:30で特別番組、3日は17:00〜19:00のイブニング775を内容変更した。
12月第2日曜日。この日は萩市内に交通規制が敷かれることもあり、J-WAVEの番組の切り替わりの9:00〜13:00の枠を使って交通情報や萩・ウェルネスパークからのレポート、ランナーの情報を伝える。なお、13:00を過ぎることもあり、その場合は特番を続行。「このあと1時○分からは番組の途中からですが「TOKIO HOT 100」をお楽しみください」といってからJ-WAVEに接続する。14:00を過ぎることはない。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 2008年11月 - 2018年10月の日曜深夜は25時から29時で『775オリジナルサウンド』を放送していた。2018年11月より『MUSIC HYPER MARKET』『J-WAVE MUSIC SELECTION』もネット開始。また『RADIO SAKAMOTO』の飛び降りも解消。
中国地方の放送局のステッカー