エフライム・モーシェ・リリエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エフライム・モーシェ・リリエン
Ephraim Moses Lilien
Lilien.jpg
生誕 1874年5月23日
ウクライナ,ドロホブィチ
死没 1925年7月18日
ドイツ,Badenweiler

エフライム・モーシェ・リリエン(Ephraim Moses Lilien、ヘブライ語: אפרים משה ליליין‎、1874年5月23日1925年7月18日)はドイツなどで活動したユダヤ人画家、イラストレーターである。アール・ヌーヴォーのスタイルのイラストレーションやポスターを描いた。シオニズム運動に参加し、1903年にエルサレムに設立されたベツァルエル美術デザイン学院の設立にかかわり、創立直後に短期間教えた。

略歴[編集]

現在のウクライナドロホブィチに生まれた[1]。当時ドロホブィチはオーストリア=ハンガリー帝国の領土であった。父親は木工職人で[2]、裕福な親戚の支援で1889年から1893年の間、クラクフの美術学校でポーランドの画家、ヤン・マテイコに学んだ[3]。美術学校で賞を得てウィーンに留学するが資金不足で1894年にはミュンヘンに移り、数年後にはミュンヘンの雑誌「Jugend」や「Süddeutscher Postillon」のイラストレーターとして働くようになった。1899年にはベルリンに移り、商業デザイナーとして評価されるようになった。

シオニズム運動に参加し、1906年から1918年の間に何度かパレスチナを訪れた[4]。シオニスト会議にも参加し、1905年の第7回シオニスト会議では、彫刻家のボリス・シャッツとともに、ベツァルエル美術デザイン学院の創設のための委員会のメンバーに選ばれ、シャッツとともにエルサレムを訪れた[1]。1907年に30人の学生と学院が開港された後、短期間学院で教えた。

第一次世界大戦がはじまると、40歳を超えていたが、オーストリア=ハンガリー帝国軍に志願し、トルコ方面や中東に派遣され、戦争の情景を描いた。ウィーンに帰還した後、オーストリア政府やトルコ政府から功労章を授与された。

1923年にニューヨークで個展を開いた。1924年に病気になり、1925年から南ドイツの保養地バーデンヴァイラーで療養したが、そこで死去した。

作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Werner, Alfred; Radjai-Ordoubadi, Jihan (2007). "Lilien, Ephraim Moses." Encyclopaedia Judaica. 2nd ed. Detroit: Macmillan Reference USA. Vol. 13, p. 14. Retrieved via Gale Virtual Reference Library database, 18 May 2018. Also available online via Encyclopedia.com.
  2. ^ Reinhard Bein: Sie lebten in Braunschweig. S. 462.
  3. ^ Reinhard Bein: Zeitzeugen aus Stein. S. 99 (zitiert aus einem Brief Liliens von 1901).
  4. ^ On Ephraim Moses Lilien Archived 2007-03-14 at the Wayback Machine.

参考文献[編集]

  • Oz Almog et Gerhard Milchram, E.M. Lilien: Jugendstil, Erotik, Zionismus, exposition du musée juif de la ville de Vienne, Mandelbaum, Vienne, 1998 (ISBN 3854760175 et 978-3854760177)
  • Lothar Brieger, E. M. Lilien - Eine künstlerische Entwicklung um die Jahrhundertwende, Benjamin Harz, Berlin, 1922.
  • Haim Finkelstein (université Ben Gourion du Néguev), « Lilien and Zionism » in Assaph: Studies in Art History, vol. 3, 1998, p. 195-216.
  • Alfred Gold, « E.M. Lilien » in Martin Buber, Jüdische Künstler, Jüdischer Verlag, Berlin, 1903, p. 73-104.
  • M. S. Levussove, The New Art of An Ancient People. The Work of Ephraim Mose Lilien, B. W. Huebsch, New York, 1906 ; réédition : Nabu Press, 16 août 2010 (ISBN 1177240718 et 978-1177240710)