エフレン・ナバーロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エフレン・ナバーロ
Efren Navarro
ティフアナ・ブルズ
Efren Navarro on September 18, 2011.jpg
エンゼルス時代
(2011年9月18日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡リンウッド
生年月日 (1986-05-14) 1986年5月14日(34歳)
身長
体重
183 cm
95 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手左翼手
プロ入り 2007年 MLBドラフト50巡目
初出場 MLB / 2011年9月2日
NPB / 2018年6月29日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム メキシコの旗 メキシコ
WBC 2013年2017年
プレミア12 2019年

エフレン・ナバーロEfren Navarro , 1986年5月14日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡リンウッド出身のプロ野球選手内野手外野手)。左投左打。メキシカンリーグティフアナ・ブルズ所属。

経歴[編集]

プロ入りとエンゼルス時代[編集]

2007年のMLBドラフト会議50巡目(全体1450位)でロサンゼルス・エンゼルスから指名を受けたことを機に入団した。この年は、傘下のルーキー級2球団でプレー。パイオニアリーグオレム・オウルズ英語版でプロデビューを果たした後に、アリゾナリーグ・エンゼルスでシーズンを終えた。

2011年、9月2日の対ミネソタ・ツインズ戦を皮切りに、MLB公式戦8試合に出場した。

2012年、シーズンを通じて、AAA級ソルトレイク・ビーズに所属した。

2013年、開幕前の3月に開かれた第3回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)メキシコ代表として出場[1]。6番(または7番)打者として3試合に出場すると、打率.444(9打数4安打)、1打点を記録した[2]。9月には、2年振りにMLBへ昇格。公式戦4試合に出場した。

2014年、開幕をAAA級ソルトレイクで迎え、昇格と降格が2度あったが、7月12日に3度目の昇格をしてからは左の代打としてメジャー定着。7月18日のシアトル・マリナーズ戦では延長16回に初のサヨナラ安打[3]、7月26日のデトロイト・タイガース戦ではジャスティン・バーランダーからメジャー初本塁打を放った。最終的に自己最多の64試合に出場して打率.245・1本塁打・14打点の成績を残した。

2015年、7月29日、デビッド・デヘスースデビッド・マーフィートレードによる加入に伴い、DFAとなった[4]。31日にAAA級ソルトレイクへ配属された。その後、9月2日にロースター拡大に伴ってメジャー昇格した。最終的には54試合でプレーし、前年を上回る打率.253をマークした。守備では一塁手を守った試合数29が最多で、DRS +4・無失策と高い守備力を発揮。他には左翼手15試合、右翼手2試合を守り、どちらでも無失策、左翼手ではDRS +2を記録し、外野守備の安定度もアピールした。

2016年、1月19日にアル・アルバカーキの加入に伴い、戦力外となった[5]

マリナーズ傘下時代[編集]

2016年1月26日に、金銭トレードでボルチモア・オリオールズへ移籍した[6][7]。2月25日にヨバニ・ガヤルドの加入に伴ってDFAとなった[8]。2月28日に40人枠を外れる形でAAA級ノーフォーク・タイズへ降格し、同日FAとなった[9]

2016年3月2日にシアトル・マリナーズとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに合流した[10]。3月11日に第4回WBC予選のメキシコ代表に選出されたことが発表され[11]、2大会連続2度目の選出を果たした。同大会ではメキシコ代表は本戦出場を決めている。開幕後は傘下のAAA級タコマ・レイニアーズでプレー。6月29日に自由契約となった[9]

カージナルス傘下時代[編集]

2016年7月5日にメキシカンリーグティフアナ・ブルズと契約するが、1試合に出場しただけで退団。直後の7月7日にセントルイス・カージナルスとマイナー契約を結び、傘下のAAA級メンフィス・レッドバーズへ配属された。この年はAAA級タコマ時代も含めて2球団合計で128試合に出場して打率.275・7本塁打・48打点の成績を残した。オフの10月18日に「侍ジャパン 野球オランダ代表 野球メキシコ代表 強化試合」のメキシコ代表に選出された[12]。11月7日にFAとなった[9]

タイガース時代[編集]

2017年1月10日にタイガースとマイナー契約を結び、同年のスプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[13]。シーズンでは開幕から8月末まで傘下のAAA級トレド・マッドヘンズでプレーし、9月1日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[9]。この年メジャーでは23試合に出場して打率.230・2本塁打・2打点の成績を残した。オフの11月3日に40人枠を外れる形でAAA級トレドへ配属された[9]後、7日にFAとなった[14]

カブス時代[編集]

2018年1月31日にシカゴ・カブスとマイナー契約を結び、スプリングトレーニングに招待選手として参加することになった[9]。開幕は傘下のAAA級アイオワ・カブスで迎え、4月10日にメジャー契約を結んでアクティブ・ロースター入りした[15]。しかし、5月26日にクリス・ジメネスのメジャー契約に伴ってDFAとなり[16]、29日に再びマイナー契約となってAAA級アイオワへ配属された[9]。AAAでは出場48試合で打率.310、4本塁打、29打点の成績を残していた[17]

阪神時代[編集]

阪神時代(2019年5月25日、ナゴヤ球場にて)

2018年6月15日に、NPB阪神タイガースと同年シーズン終了までの契約で合意したことや、ナバーロの保有権がカブスから阪神へ譲渡されたことが発表された[18]。この年に阪神が4番打者候補として獲得したウィリン・ロサリオ内野手の打撃不振を踏まえた契約で、推定年俸は3,300万円で、背番号は99[19]。入団後は、ウエスタン・リーグ公式戦3試合の出場[20]を経て、6月29日の対東京ヤクルトスワローズ戦(明治神宮野球場)9回裏に代打で一軍公式戦にデビュー。右越適時打で初安打と初打点を記録した[21][22]。以降の試合には、一塁手としての起用を中心に、左翼手や代打などでも出場[23]。9月には、月間打率.353を記録した[24]。レギュラーシーズン通算では、一軍公式戦66試合に出場。34試合で一塁、21試合で外野を守りながら、打率.276、3本塁打、25打点という成績を残した。シーズン終了後の11月13日に、翌2019年も阪神へ残留することを発表[25]

2019年、開幕戦となった3月29日の対ヤクルト戦(京セラドーム大阪)に「6番・一塁手」としてスタメン出場[26]。NPB他球団を経ず阪神にシーズン途中入団した外国人野手がそのまま残留し、翌年の一軍公式戦に出場するのは1961年マイク・ソロムコ以来58年振りの出来事[24]。しかし、故障により出遅れていた新加入のジェフリー・マルテの実戦復帰に伴って、4月29日に出場選手登録を抹消された[27][28]。抹消後はウエスタン・リーグ公式戦51試合に出場したが、打率.187、1本塁打、19打点と振るわず、外国人枠との兼ね合いもあってシーズン中の一軍復帰はならなかった。最終的に、一軍では15試合の出場で、打率.209、0本塁打、2打点に終わり、全日程終了前の9月28日に帰国した[29]。オフシーズンには第2回プレミア12に出場するメキシコ代表に選出され[30][31][32]アメリカとの3位決定戦(同17日)でサヨナラ適時打を放つなど、中心打者としてメキシコの3位入賞及び東京五輪出場決定に貢献した[33]。その後、阪神への残留には至ることなく12月2日付でNPBから自由契約選手として公示[34]

ブルズ時代[編集]

2020年2月10日(現地時間)、メキシカンリーグのティフアナ・ブルズとの契約が発表された[35]

選手としての特徴・人物[編集]

左打の中距離打者で[36]、ラインドライブの打球で外野の間を抜くシュアな打撃が持ち味[37]。左投手を苦にせず[38]、2018年はAAAで対左打率.400を記録した[37]

守備面では、一塁手の守備力が高く評価されている一方で[37][39]、左翼や右翼の守備経験も持つ[40]

エンゼルスに入団した2007年のドラフトでは、全指名選手1453人中1450人目(50巡目)での指名を受けてプロ入り。「ここからメジャー昇格を果たしたのは奇跡に近い」とも評される[41]

阪神に2015年まで6年間在籍していたマット・マートンとは、2017年シーズンにAAAトレドでチームメイトになった縁で親交がある。阪神への入団に際しては、「日本を楽しみながらアジャストしていけば、しっかりとやっていける」とのアドバイスを受けた[42]

2015年から北海道日本ハムファイターズ千葉ロッテマリーンズに所属するブランドン・レアードとは、野球メキシコ代表でのチームメイトに当たる。2017年のWBCでは、代表チームのクリーンアップを任されたレアードを上回る成績を残した。阪神入団の直後に日本ハムと対戦する直前には、日本野球への適性の高さについて、当時日本ハムに在籍していたレアードから太鼓判を押されていた[2]

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2011 LAA 8 12 10 1 2 1 0 0 3 0 0 0 1 0 1 0 0 1 1 .200 .273 .300 .573
2013 4 6 4 0 1 0 0 0 1 1 1 0 0 0 2 0 0 1 0 .250 .500 .250 .750
2014 64 174 159 17 39 10 1 1 54 14 1 3 2 0 13 2 0 27 0 .245 .302 .340 .642
2015 54 88 83 9 21 4 0 0 25 5 0 2 0 0 5 1 0 16 5 .253 .295 .301 .597
2017 DET 23 69 61 9 14 1 1 2 23 2 0 1 0 0 8 1 0 21 1 .230 .319 .377 .696
2018 CHC 4 6 6 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .167 .167 .167 .333
阪神 66 225 203 18 56 11 0 3 76 25 0 0 0 1 20 0 1 55 5 .276 .342 .374 .717
2019 15 45 43 1 9 2 0 0 11 2 0 0 0 0 2 0 0 9 2 .209 .244 .256 .500
MLB:6年 157 355 323 36 78 16 2 3 107 22 2 6 3 0 29 4 0 70 7 .241 .304 .331 .635
NPB:2年 81 270 246 19 65 13 0 3 87 27 0 0 0 1 22 0 1 64 7 .264 .326 .354 .680
  • 2019年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]



一塁(1B) 左翼(LF) 右翼(RF) 外野
















































2011 LAA 8 41 0 0 2 1.000 - - -
2013 2 7 2 0 2 1.000 - - -
2014 28 124 8 1 10 .992 23 41 1 1 0 .977 6 11 1 0 0 1.000 -
2015 29 113 5 0 7 1.000 15 20 1 0 0 1.000 3 2 0 0 0 1.000 -
2017 DET 20 114 8 0 12 1.000 - - -
2018 阪神 34 254 29 2 21 .993 - - 21 34 0 2 0 .944
2019 11 96 5 0 11 1.000 - - -
MLB 89 407 23 1 34 .998 38 61 2 1 0 .984 9 13 1 0 0 1.000 -
NPB 45 350 34 2 32 .995 - - 21 34 0 2 0 .944
  • 2019年度シーズン終了時

記録[編集]

NPB初記録

背番号[編集]

  • 19 (2011年、2014年 - 2015年途中)
  • 68 (2013年、2013年WBC
  • 39 (2015年途中 - 同年終了)
  • 74 (2017年)
  • 50 (2018年 - 同年途中)
  • 99 (2018年途中 - 2019年)

登場曲[編集]

  • 「Legend」 - The Score (2018年)
  • 「Body」 - Loud Luxury (2019年)

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2013 Tournament Roster” (英語). The official site of World Baseball Classic. 2015年2月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  2. ^ a b 虎獲得目前ナバーロに極上評価 WBCメキシコ代表盟友、日本ハム・レアードが太鼓判 デイリースポーツ 2018年6月12日
  3. ^ MLB.com Gameday SEA vs. LAA - 07/18/2014” (英語). MLB.com (2014年7月18日). 2016年1月27日閲覧。
  4. ^ Ruben Palacios (2015年7月29日). (英語)CBS Sports FANTASY (CBS Interactive). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/angels-option-of-daniel-robertson-dfa-1b-efren-navarro/+2016年1月27日閲覧。 
  5. ^ Alden Gonzalez (2016年1月19日). “Angels officially ink reliever Alburquerque” (英語). MLB.com. 2016年1月27日閲覧。
  6. ^ Brittany Ghiroli (2016年1月26日). “O's add Navarro for depth; designate Hoes” (英語). MLB.com. 2016年1月27日閲覧。
  7. ^ Alden Gonzalez (2016年1月26日). “Navarro traded to O's for cash considerations” (英語). MLB.com. 2016年1月27日閲覧。
  8. ^ “Orioles' Efren Navarro: Designated for assignment”. CBS Sports FANTASY. RotoWire Staff (CBS Interactive). (2016年2月25日). http://www.cbssports.com/fantasy/baseball/news/orioles-efren-navarro-designated-for-assignment/ 2016年2月26日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f g MLB公式プロフィール参照。2018年5月30日閲覧。
  10. ^ Ryan Divish (2016年3月2日). “Mariners add first baseman/left fielder Efren Navarro on a minor league contract” (英語). The Seattle Times. http://www.seattletimes.com/sports/mariners/mariners-add-first-baseman-efren-navarro-on-a-minor-league-contract/ 2016年3月3日閲覧。 
  11. ^ “Managers, rosters and game schedules announced for the Mexicali and Panama City WBC Qualifiers” (英語) (プレスリリース), MLB.com, (2016年3月11日), http://m.mlb.com/news/article/167057772 2016年6月1日閲覧。 
  12. ^ 侍ジャパン強化試合に出場する メキシコ代表、オランダ代表選手が決定”. 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト (2016年10月18日). 2016年10月11日閲覧。
  13. ^ Jason Beck (2017年1月10日). “Tigers sign Minors contracts with 22 players / Achter, Mujica among those to get Spring Training invites” (英語). MLB.com. 2017年1月11日閲覧。
  14. ^ Matt Eddy (2017年11月7日). “Minor League Free Agents 2017” (英語). Baseball America. 2017年11月13日閲覧。
  15. ^ Jeff Todd (2018年4月10日). “Cubs Select Contract Of Efren Navarro” (英語). mlbtraderumors.com. 2018年4月20日閲覧。
  16. ^ Matthew Martell (2018年5月26日). “Cubs add Gimenez, send down Caratini” (英語). MLB.com. 2018年5月29日閲覧。
  17. ^ 阪神・ナバーロ決定 契約合意、近日中来日、29日にもデビュー(1) SANSPO.COM 2018年6月16日
  18. ^ 外国人選手との契約合意について 球団ニュース|ニュース|阪神タイガース公式サイト 2018年6月15日
  19. ^ 阪神助っ人ナバーロ背番99、マートンからもエール 日刊スポーツ 2018年6月17日
  20. ^ 阪神ナバーロ 29日1軍デビューへ 2軍戦3戦連続安打 スポニチアネックス 2018年6月29日
  21. ^ 阪神・ナバーロ、衝撃代打タイムリーデビュー!救世主が荒れ試合に降臨 SANSPO.COM 2018年6月30日
  22. ^ a b c ヤクルト-阪神(6月29日):試合結果:プロ野球:野球”. スポーツ報知 (2018年6月29日). 2018年6月30日閲覧。
  23. ^ 阪神・ナバーロ 残留を希望「絶対に帰ってきたい」 東スポWeb 2018年10月16日
  24. ^ a b ナバーロが挑む 58年ぶり阪神途中入団外国人記録 日刊スポーツ 2018年12月29日
  25. ^ 阪神 ナバーロと契約へ メキシコ代表公式ツイッターが発表 Sponichi Annex 2018年11月14日
  26. ^ “阪神ナバーロ退団へ 開幕スタメンも大半2軍暮らし”. 日刊スポーツ. (2019年9月19日). https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909280001249.html 2020年11月28日閲覧。 
  27. ^ 【29日の公示】DeNAが6選手入れ替え 阪神はマルテを登録 Sponichi Annex 2019年4月29日
  28. ^ 虎の若手4番育成命題も大物助っ人欲しい…難しい 日刊スポーツ 2019年4月12日
  29. ^ 阪神のナバーロが帰国=プロ野球 時事通信社 2019年9月28日
  30. ^ 「プレミア12」メキシコ代表28人が発表 巨人ビヤヌエバ、阪神ナバーロも選出 FullCount 2019年10月8日
  31. ^ メキシコ、投打かみ合い1次R全勝 ナバーロが2安打2打点の活躍 Sponichi Annex 2019年11月7日
  32. ^ 侍ジャパン首位浮上!/プレミア12写真ライブ詳細 日刊スポーツ 2019年11月13日
  33. ^ メキシコ 米国にサヨナラ勝ちで五輪初出切符 10回、阪神ナバーロが決めた Sponichi Annex 2019年11月17日
  34. ^ 2019年度自由契約選手NPB日本野球機構
  35. ^ 元阪神ナバーロ、メキシカンリーグ・ティファナ入り 球団公式サイト伝える Full-count 2020年2月11日
  36. ^ 阪神・ナバーロ決定 契約合意、近日中来日、29日にもデビュー(3) SANSPO.COM 2018年6月16日
  37. ^ a b c 阪神獲得秒読みナバーロは「必ず成功する」 元虎助っ人ウィルソンが太鼓判 デイリースポーツ 2018年6月11日
  38. ^ 阪神、新外国人ナバーロ獲得 左打者ながら左投手を苦にせず SANSPO.COM 2018年6月15日
  39. ^ 阪神・ナバーロ、残留決定 球団幹部「大筋合意に至りました」 SANSPO.COM 2018年11月14日
  40. ^ 阪神がナバーロ獲得発表 今季3Aで3割1分、4発 日刊スポーツ 2018年6月15日
  41. ^ ナバーロ二刀流だった!阪神獲得秒読みの新助っ人は米球界最底辺からはい上がったド根性男(3) SANSPO.COM 2018年6月12日
  42. ^ 阪神ナバーロが入団会見 親交あるマートンから助言 東スポweb 2018年6月17日

関連項目[編集]