エブリー男爵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
エブリー男爵
Coronet of a British Baron.svg
Arms of the Baron Ebury

紋章記述

Arms of the Barons Ebury pre 1999
Arms: Azure, a Garb Or, a Mullet for difference. Crest: A Talbot statant Or. Supporters: On either side a Talbot reguardant Or, collared Azure, and charged on the shoulder with a Mullet Azure, for difference.
創設時期 1857年9月15日
創設者 ヴィクトリア
貴族 連合王国貴族
初代 初代男爵ロバート・グローヴナー英語版
現所有者 第8代ウィルトン伯爵フランシス・グローヴナー英語版
推定相続人 グレイ・ド・ウィルトン子爵ジュリアン・グローヴナ
相続資格 初代男爵の嫡出直系男子
現況 存続
紋章標語 VIRTUS NON STEMMA
(Virtue, not ancestry)
1999年以降、ウィルトン伯爵の従属爵位。

エブリー男爵(英:Baron Ebury)は、イギリスの貴族男爵連合王国貴族爵位。1999年以降は、ウィルトン伯爵の従属爵位の一つとなっている。

歴史[編集]

初代男爵ロバート・グローヴナー

バニティ・フェア誌掲載のカリカチュアApe作。

枢密顧問官王室会計長官英語版を歴任したホイッグ党の政治家ロバート・グローヴナー(1801–1893)は、1857年9月15日連合王国貴族としてミドルセックス州エブリー・マナーのエブリー男爵(Baron Ebury, of Ebury Manor in the County of Middlesex)に叙された。[1][2][3]

なお、初代男爵は初代ウェストミンスター侯爵リチャード・グローヴナー英語版の三男にあたっており、長兄は父よりウェストミンスター侯爵位を、次兄は母方の祖父からウィルトン伯爵位を承継している。[3]

2代男爵ロバート(1834-1918)ウェストミンスター選挙区選出の庶民院議員を務めて、自由党の政治家として活動した。[4]

そのひ孫にあたる5代男爵ロバート(1914-1957)ネヴィル・チェンバレン内閣下で侍従たる議員英語版を務めた。[5]

その子である6代男爵フランシス(1934-)は第7代ウィルトン伯爵シーモア・エジャートン(1921–1999)の死去に伴って、1999年にウィルトン伯爵及びその従属爵位を相続した。そのため、エブリー男爵は同伯爵位の従属爵位となっている。[3](以降の歴史はウィルトン伯爵を参照。)

エブリー男爵(1857)[編集]

  • 初代エブリー男爵ロバート・グローヴナー英語版 (1801–1893)
  • 第2代エブリー男爵ロバート・ウェルズリー・グローヴナー英語版 (1834-1918)
  • 第3代エブリー男爵ロバート・ヴィクター・グローヴナー(1868–1921)
  • 第4代エブリー男爵フランシス・エジャートン・グローヴナー(1883-1932)
  • 第5代エブリー男爵ロバート・エジャートン・グローヴナー英語版 (1914-1957)
  • 第6代エブリー男爵(第8代ウィルトン伯爵)フランシス・エジャートン・グローヴナー英語版 (1934-)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ No.18753”. The Gazette 3 December 1830. 2019年12月6日閲覧。
  2. ^ No.22039”. The Gazette 11 September 1857. 2019年12月6日閲覧。
  3. ^ a b c Ebury, Baron (UK, 1857)”. Cracroft's Peerage. 2019年12月6日閲覧。
  4. ^ Debrett's peerage, and titles of courtesy”. London, Dean,(1921),p=330. 2019年12月6日閲覧。
  5. ^ No.34648”. The Gazette 25 July 1939. 2019年12月6日閲覧。